○うるま市名誉市民条例施行規則

平成19年3月30日

規則第32号

(趣旨)

第1条 この規則は、うるま市名誉市民条例(平成19年うるま市条例第3号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(名誉市民選考委員会)

第2条 条例第3条で規定する名誉市民選考委員会(以下「委員会」という。)に、委員長を置く。

2 委員長は、委員の互選によって定める。

3 委員長は、会務を総理する。

4 委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、あらかじめ委員長の指名する委員がその職務を代理する。

(会議)

第3条 委員会は、委員長が招集する。

2 委員会は、委員の過半数が出席しなければ、開くことができない。

3 委員長は、委員会の議長となる。

(通知)

第4条 市長は、条例第2条の規定によりうるま市名誉市民(以下「名誉市民」という。)を決定したときは、うるま市名誉市民決定通知書(様式第1号)により、速やかにその旨を本人又は遺族に通知するものとする。

(称号を証する顕彰証及び名誉市民章)

第5条 条例第2条に基づき決定された名誉市民へ、条例第4条第1項に規定する顕彰証(様式第2号)及び名誉市民章を贈る。

2 名誉市民章は、本章(様式第3号)及び略章(様式第4号)とする。

3 名誉市民章は、本人に限りはい用する。

4 名誉市民章は、綬をもって胸部中央にはい用するものとする。ただし、略章をもってこれに代えることができるものとする。

5 名誉市民であった者の遺族は、名誉市民章を保存することができるものとする。

6 名誉市民章は、再交付しないものとする。

(公表)

第6条 条例第4条第4項に規定する名誉市民の功績の公表は、うるま市の広報紙に次に掲げる事項を掲載して行うものとする。

(1) 氏名、住所及び生年月日

(2) 略歴

(3) 顕彰すべき功績の概要

(4) 近影の顔写真

(名誉市民台帳)

第7条 市長は、条例第2条で決定された名誉市民について、その功績の概要を名誉市民台帳(様式第5号)に登録し、永久にこれを保存するものとする。

2 市長は、条例附則第2項の規定により、うるま市が引き継いだ名誉市民及び名誉町民について、その功績の概要を名誉市民台帳(様式第5号の2)に登録し、永久にこれを保存するものとする。

(補則)

第8条 この規則に定めるもののほか、名誉市民に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、平成17年4月1日から適用する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

うるま市名誉市民条例施行規則

平成19年3月30日 規則第32号

(平成19年3月30日施行)