○うるま市農水産整備課嘱託員設置要綱

平成20年4月1日

訓令第26号

(趣旨)

第1条 この訓令は、農水産整備課嘱託員(以下「嘱託員」という。)の勤務条件、業務内容等について、うるま市非常勤職員規則(平成17年うるま市規則第25号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(身分)

第2条 嘱託員は、規則第2条第1項の非常勤職の職員とする。

(任用)

第3条 市長は、規則第5条第2項及び第3項の規定により、嘱託員を継続して任用することができる。

(業務)

第4条 嘱託員は、農水産整備課長等の指示に従い、次に掲げる業務に従事する。

(1) 農村地域整備状況調査等に関する業務

(2) 農業生産基盤整備の工事に関する業務

(3) 農地・農業施設の災害復旧事業に関する業務

(4) 農道・農業排水路の維持管理に関する業務

(5) 漁港の維持管理に関する業務

(6) その他農水産整備課長等が指示する業務

(報酬)

第5条 嘱託員の報酬の額は、月額13万5,000円とする。

(勤務条件)

第6条 嘱託員の勤務日は、週5日とする。

2 嘱託員の勤務時間は、1週間に30時間とする。

3 嘱託員の勤務時間は、1日6時間とし、午前9時から午後4時(午後0時から午後1時まで休憩時間)までとする。

(辞職予告)

第7条 嘱託員は、任期満了前に辞職しようとするときは、辞職しようとする日の30日前までに申し出て、任命権者の承認を得るものとする。

(補則)

第8条 この訓令に定めるもののほか、嘱託員に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

うるま市農水産整備課嘱託員設置要綱

平成20年4月1日 訓令第26号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
要綱集/第9編 産業経済/第2章 農林水産/第1節
沿革情報
平成20年4月1日 訓令第26号