○うるま市健康福祉センター嘱託員設置要綱

平成20年8月1日

訓令第37号

(趣旨)

第1条 この訓令は、うるま市健康福祉センター嘱託員(以下「嘱託員」という。)の勤務条件、業務内容等について、うるま市非常勤職員規則(平成17年うるま市規則第25号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(身分)

第2条 嘱託員は、規則第2条第1項の非常勤職の職員とする。

(任用)

第3条 市長は、規則第5条第2項及び第3項の規定により、嘱託員を継続して任用することができる。

(職種)

第4条 嘱託員の職種は、次のとおりとする。

(1) プール・運動指導室管理嘱託員

(2) プール・ボイラー管理嘱託員

(3) 米軍交流窓口嘱託員

(4) 施設管理嘱託員

(業務)

第5条 嘱託員は、生活福祉課長等の指示に従い、次に掲げる業務に従事する。

(1) プール・運動指導室管理嘱託員

 プール及び運動指導室の円滑な管理運営

 プール監視及び監視員の指導・管理

 水質検査の補佐

 運動機器の取扱い指導、運動プログラムの提供

 その他生活福祉課長等の指示する業務

(2) プール・ボイラー管理嘱託員

 プールボイラーの運転、保守管理

 プールの衛生管理(水質検査、床等の清掃及び更衣室の管理)

 プール監視及び監視員の指導・管理の補佐

 プール及び運動指導室の管理の補佐

 その他生活福祉課長等の指示する業務

(3) 米軍交流窓口嘱託員

 米軍交流窓口に関する業務

 うるま市内のイベント情報の外国語案内に関する業務

 施設管理嘱託員の業務の補佐

 その他生活福祉課長等の指示する業務

(4) 施設管理嘱託員

 うるま市健康福祉センターの管理運営に関する業務

 その他生活福祉課長等の指示する業務

2 前項の業務については、毎月の事務処理状況を翌月の10日までに報告し、生活福祉課長の請求があるときは、何時でも事務処理状況を報告するものとする。

(報酬)

第6条 嘱託員の報酬の月額は、次のとおりとする。

(1) プール・運動指導室管理嘱託員 月額200,000円以内

(2) プール・ボイラー管理嘱託員 月額200,000円以内

(3) 米軍交流窓口嘱託員 月額170,000円以内

(4) 施設管理嘱託員 月額170,000円以内

(勤務条件)

第7条 嘱託員の勤務日は週5日とし、週の勤務時間は30時間以内とする。

2 生活福祉課長は、業務の都合上特に必要があるときは、嘱託員の勤務日又は勤務時間を臨時的に変更することができる。その場合は、あらかじめ本人に通知するものとする。

(辞職予告)

第8条 嘱託員は、任期満了前に辞職しようとするときは、辞職しようとする日の30日前までに申し出て、任命権者の承認を得なければならない。

(補則)

第9条 この訓令に定めるもののほか、嘱託員に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、平成20年8月1日から施行する。

附 則(平成21年3月25日訓令第13号)

この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成21年9月30日訓令第42号)

この訓令は、平成21年10月1日から施行する。

附 則(平成26年3月26日訓令第23号)

この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

うるま市健康福祉センター嘱託員設置要綱

平成20年8月1日 訓令第37号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
要綱集/第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成20年8月1日 訓令第37号
平成21年3月25日 訓令第13号
平成21年9月30日 訓令第42号
平成26年3月26日 訓令第23号