○うるま市法定外予防接種の実施に関する要綱

平成23年4月1日

告示第49―2号

(目的)

第1条 この告示は、予防接種法(昭和23年法律第68号)第5条の規定に基づく定期の予防接種以外の予防接種(以下「法定外予防接種」という。)を市が実施することにより接種の機会を確保し、もって疾病の予防と感染症のまん延を防止することを目的とする。

(法定外予防接種の対象者及び種類等)

第2条 法定外予防接種の対象者(以下「対象者」という。)は、本市の住民基本台帳に記録されている者とする。

2 法定外予防接種の種類、対象者及び回数は別表のとおりとする。

(委託)

第3条 法定外予防接種は、予防接種業務委託契約書又は予防接種実施依頼書により委託された医療機関及び公益法人等(以下「委託機関等」という。)によって行う。

(接種方法)

第4条 法定外予防接種は、第2条に規定する対象者が委託契約をした医療機関において個別に接種を受ける方法により、これを行うものとする。

2 法定外予防接種を受けようとする者は、予診票を保護者の同意を得て、指定医療機関へ提出するものとする。

3 市内に居住する者が、他の市区町村で予防接種を希望した場合は、その市区町村又はその委託機関等と委託契約若しくは依頼書により予防接種の実施を求めることができる。

(予防接種を行ってはならない場合)

第5条 委託機関等は、法定外予防接種を行うに当たっては、当該予防接種を受けようとする者について、当該疾病にかかっている者又はかかったことのある者、その他予防接種実施規則(昭和33年厚生省令第27号)第4条に規定する方法で健康状態を調べた者で、予防接種法施行規則(昭和23年厚生省令第36号)第2条各号のいずれかに該当すると認めるときは、その者に対して当該予防接種を行ってはならない。

(費用の支弁)

第6条 法定外予防接種に係る費用の全部又は一部は、市が支弁するものとする。

(事故に対する措置)

第7条 市長は、法定外予防接種を受けた者に健康被害の事故が発生した場合において、市が補償を行う必要があるときは、うるま市予防接種事故災害補償規則(平成17年うるま市規則第122号)の定めるところにより補償するものとする。

(補則)

第8条 この告示に定めるもののほか、法定外予防接種の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成23年4月1日から施行する。ただし、第4条第3項の規定については、平成23年8月1日から施行する。

附 則(平成24年3月19日告示第39号)

この告示は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月27日告示第49号)

この告示は、平成24年3月27日から施行する。

附 則(平成24年7月4日告示第113号)

この告示は、平成24年7月9日から施行する。

附 則(平成24年11月28日告示第176号)

この告示は、平成24年12月1日から施行する。

附 則(平成25年3月29日告示第60号)

(施行期日)

1 この告示は、平成25年4月1日から施行する。

(おたふく風邪ワクチン及び水痘ワクチン(水ぼうそうワクチン)の特例)

2 おたふく風邪ワクチン及び水痘ワクチン(水ぼうそうワクチン)の対象年齢については、平成25年度に限り、1歳以上3歳未満の者とする。

附 則(平成25年10月11日告示第145号)

この告示は、平成25年11月1日から施行する。

附 則(平成26年3月26日告示第51号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成26年10月1日告示第143号)

この告示は、平成26年10月1日から施行し、改正後の別表ヒブワクチンの項の規定は、平成26年4月1日から適用する。

附 則(平成26年11月25日告示第171号)

この告示は、公布の日から施行し、平成26年10月1日から適用する。

附 則(平成27年3月13日告示第28号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月13日告示第50号)

(施行期日)

1 この告示は、平成29年4月1日から施行する。

(B型肝炎ワクチンの実施期間の特例)

2 B型肝炎ワクチンの予防接種実施期間は、平成29年4月1日から平成29年7月31日までの間とする。

附 則(平成30年4月6日告示第79号)

(施行期日)

1 この告示は、平成30年4月6日から施行し、改正後のうるま市法定外予防接種の実施に関する要綱の規定は、平成30年3月23日から適用する。

(麻しん又はMR(麻しん・風しん)混合ワクチン乳児期の実施期間の特例)

2 麻しん又はMR(麻しん・風しん)混合ワクチン乳児期の予防接種実施期間は、平成30年3月23日から平成30年6月30日までの間とする。

別表(第2条関係)

予防接種の種類

対象者

接種回数

おたふく風邪ワクチン

1歳から2歳に至る日までの間にある者

1回

MR(麻しん・風しん)混合ワクチン1期

2歳からMR2期対象年齢前までの間にある者で、MR1期未接種の者

1回

MR(麻しん・風しん)混合ワクチン2期

小学1年生相当年齢から小学6年生相当年齢までの間にある者で、MR2期未接種の者

1回

麻しん又はMR(麻しん・風しん)混合ワクチン乳児期

附則第2項に規定する予防接種実施期間中に生後6月から12月未満にある者。ただし、予防接種を受ける当該日において、生後6月を満たしている者に限る。

1回

うるま市法定外予防接種の実施に関する要綱

平成23年4月1日 告示第49号の2

(平成30年4月6日施行)

体系情報
要綱集/第8編 生/第4章
沿革情報
平成23年4月1日 告示第49号の2
平成24年3月19日 告示第39号
平成24年3月27日 告示第49号
平成24年7月4日 告示第113号
平成24年11月28日 告示第176号
平成25年3月29日 告示第60号
平成25年10月11日 告示第145号
平成26年3月26日 告示第51号
平成26年10月1日 告示第143号
平成26年11月25日 告示第171号
平成27年3月13日 告示第28号
平成29年3月13日 告示第50号
平成30年4月6日 告示第79号