○うるま市保育の必要量の認定及び保育所入所選考基準取扱要綱

平成28年11月4日

告示第205号

(趣旨)

第1条 この告示は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号。以下「法」という。)及びうるま市子ども・子育て支援法に基づく支給認定等に関する規則(平成26年うるま市規則第44号。以下「規則」という。)に基づき実施される保育必要量の認定、利用調整の実施について、必要な事項を定めるものとする。

(保育必要量の認定)

第2条 法第20条に基づく支給認定を受けた保護者の支給認定理由が次のいずれかに掲げる事由に該当する場合には、原則として子ども・子育て支援法施行規則(平成26年内閣府令第44号。以下「府令」という。)第4条に規定する保育短時間認定(平均200時間まで(1日当たり8時間に限る。))とする。

(1) 府令第1条第1号に該当する全ての保護者又は同号に該当する保護者のいずれか一方の就労時間が1月当たり120時間未満の場合

(2) 府令第1条第6号に該当する場合

(3) 府令第1条第9号に該当する場合

(選考方法及び選考基準)

第3条 規則第5条に規定する利用調整の選考方法及び選考基準については、次のとおりとする。

(1) 法第20条に基づく支給認定を受けた保護者が保育の利用を希望する場合には、利用を希望する法第27条に規定する特定教育・保育施設又は法第29条に規定する特定地域型保育事業者(以下「保育所等」という。)の利用定員(以下「利用定員」という。)以下のときは、当該保育所等へ入所させるものとする。

(2) 保育を希望する者の数が利用定員を超えるときは、次に掲げる方法により入所させるものとする。

 別紙うるま市保育所入所選考基準表(以下「基準表」という。)の合計点数の高い者を優先する。

 基準表の合計点数が同点の場合の選考方法は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成28年11月4日から施行し、平成27年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 この告示に規定する基準表は、平成29年度の保育所入所選考基準から適用するものとし、平成28年度の保育所入所の選考に係る基準は、別に定める基準表を適用する。

画像

うるま市保育の必要量の認定及び保育所入所選考基準取扱要綱

平成28年11月4日 告示第205号

(平成28年11月4日施行)

体系情報
要綱集/第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子福祉
沿革情報
平成28年11月4日 告示第205号