○うるま市産後ケア事業実施要綱

平成31年4月22日

告示第109号

(目的)

第1条 この告示は、出産後、家族等から十分に支援が得られない等、特に支援を必要とする母子に対し、母体の回復、育児指導等の支援を行う事業(以下「産後ケア事業」という。)を実施することで、母親の負担感の軽減を図り、安心して育児に取り組める環境を整えることを目的とする。

(実施医療機関等)

第2条 この事業の実施主体は、うるま市とする。ただし、市長は、事業の全部又は一部を適切な事業運営が確保できると認めた医療機関等に委託することができる。

(対象者)

第3条 この事業の利用対象者は、うるま市に住所を有し、家族等から十分な支援を受けられない産後4月未満の母親及び乳児であって、次の各号のいずれかに該当するもの(医療入院を必要な者、感染性疾患にり患している者は除く。)とする。

(1) 産後に心身の不調があり、保健指導を必要とするもの

(2) 育児に対する不安があり、保健指導を必要とするもの

(3) その他産後の経過に応じた休養、栄養管理等日常の生活面について保健指導を必要とするもの

(サービスの種類)

第4条 この事業のサービス種類は、母子を医療機関等に宿泊させる宿泊型、日帰りで施設を利用する日帰り型、居宅を訪問する訪問型とする。

(サービスの内容)

第5条 この事業により提供するサービスの内容は、次に掲げるものとする。

(1) 産婦の身体的ケア(保健指導及び栄養指導)

(2) 産婦の心理的ケア

(3) 適切な授乳が実施できるためのケア(簡単な乳房ケアを含む。)

(4) 授乳、沐浴等の育児に関する助言及び指導

(5) 乳児の発育及び発達のチェック

(6) その他必要とされる保健指導(生活の相談、支援)

(利用日数等)

第6条 サービスを利用できる日数、回数及び時間は、次の各号に掲げるサービスの区分に応じ、当該各号に定めるとおりとする。

(1) 宿泊型 通算して4日を限度とし、入所時間は午前10時から退所日の10時とする。

(2) 日帰り型 1回の利用につき、実施時間を3時間利用又は6時間利用として、合計4回を限度とする。

(3) 訪問型 1回の利用につき、滞在時間は3時間以上とし、合計4回を限度とする。

2 前項の規定にかかわらず、市長は母子の状況により必要があると認めたときは、必要最低限の範囲内において、サービスに係る日数又は時間を超えて利用させることができる。

(利用申請)

第7条 この事業によるサービスを利用しようとする者(以下「申請者」という。)は、産後ケア事業利用申請書(様式第1号)に必要書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(利用の決定)

第8条 市長は、前条の規定による申請書の提出があったときは、速やかにその内容を審査し、利用の可否の決定を行うものとする。

2 市長は、前項に定める可否を行ったときは、産後ケア事業利用承認通知書(様式第2号)又は産後ケア事業利用不承認通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

3 市長は、第1項の規定により利用を承認した場合、産後ケア事業利用依頼書(様式第4号)に産後ケア事業利用申請書及び産後ケア事業利用承認通知書の写しを添えて、医療機関等に依頼するものとする。

(利用の変更又は中止)

第9条 利用者は、申請した事項に変更が生じた場合は、医療機関等に連絡しなければならない。

2 前項の変更のうち、日程を変更又は中止する場合、利用者は当該利用予定日の2日前の17時までに、電話又はファックス等の手段により事業者に連絡しなければならない。

3 変更の連絡を受けた医療機関等は、速やかに、産後ケア事業利用変更(中止)連絡票(様式第5号)により、うるま市子育て世代包括支援センターに連絡するものとする。

(利用者負担額)

第10条 この事業のサービスの利用者は、別表に定める区分に応じ、利用者負担額は当該事業を実施した医療機関等へ直接支払うものとする。

2 利用に際し発生する食費、寝具、光熱水費、消毒、洗濯以外の必要経費については、医療機関等が

別途実費徴収するものとする。

(実施報告)

第11条 医療機関等は、事業を実施した月の翌月の10日までに、産後ケア事業実施報告書(様式第6号)を提出するものとする。ただし、当該年度の3月分については、当該月末までに提出するものとする。

(費用)

第12条 市長は、前条の規定による委託料の請求を受けた時は、報告書の内容を審査し、適当と認めた場合は、当該請求を受けた日から30日以内に別表に定める区分に応じ、市負担額を委託料として委託した医療機関等へ支払うものとする。

(補則)

第13条 この告示に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項については、別に定める。

附 則

この告示は、平成31年4月22日から施行する。

別表(第10条関係)

○ 宿泊型


利用者負担額

市負担額

1日の利用料金

生活保護世帯

0円

30,000円

30,000円

市民税非課税世帯

0円

30,000円

30,000円

上記以外

4,000円

26,000円

30,000円

○ 日帰り型

生活保護世帯

利用時間

利用者負担額

市負担額

1日の利用料金

3時間利用

0円

10,000円

10,000円

6時間利用

0円

20,000円

20,000円

市民税非課税世帯

3時間利用

0円

10,000円

10,000円

6時間利用

0円

20,000円

20,000円

上記以外

3時間利用

500円

9,500円

10,000円

6時間利用

1,000円

19,000円

20,000円

○訪問型


利用者負担額

市負担額

1日の利用料金

生活保護世帯

0円

12,000円

12,000円

市民税非課税世帯

0円

12,000円

12,000円

上記以外

500円

11,500円

12,000円

画像

画像

画像

画像

画像

画像画像画像画像

うるま市産後ケア事業実施要綱

平成31年4月22日 告示第109号

(平成31年4月22日施行)