○うるま市青少年指導員設置要綱

令和2年3月23日

教育委員会告示第3号

(目的)

第1条 この告示は、うるま市青少年指導員(以下「指導員」という。)の設置について、必要な事項を定めることを目的とする。

(職務)

第2条 指導員の職務は、次の各号のとおりとする。

(1) 夜間街頭指導に関すること。

(2) 環境浄化に関すること。

(3) その他青少年の健全育成に必要なこと。

(定数)

第3条 指導員の定数は、70人以内とする。

(委嘱)

第4条 指導員は、青少年の保護育成に関係のある機関及びに青少年問題に理解と識見を有する者のうちから、教育長が委嘱する。

(解任)

第5条 指導員が次の各号のいずれかに該当するときは、解任する。

(1) 前条の要件を欠くに至ったとき。

(2) 教育長が必要と認めるとき。

(任期)

第6条 指導員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

2 補欠の指導員の任期は、前任者の残任期間とする。

(身分証明書)

第7条 指導に従事する者は、教育支援センター所長が発行する身分証明書を携行しなければならない。

附 則

この告示は、令和2年4月1日から施行する。

うるま市青少年指導員設置要綱

令和2年3月23日 教育委員会告示第3号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
要綱集/第7編
沿革情報
令和2年3月23日 教育委員会告示第3号