○うるま市石油コンビナート等災害防止法施行細則

令和3年2月1日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、石油コンビナート等災害防止法(昭和50年法律第84号。以下「法」という。)及び石油コンビナート等における特定防災施設等及び防災組織等に関する省令(昭和51年自治省令第17号。以下「省令」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(異常現象の通報場所)

第2条 法第23条第1項の規定により特定事業所における出火、石油等の漏えいその他の異常な現象の発生について市長が定める通報場所は、沖縄県消防指令センターとする。

(立入検査証)

第3条 法第40条第2項に規定する身分を証する証明書は、うるま市消防職員の立入検査証に関する規則(平成25年うるま市規則第39号)第2条に規定する立入検査証によるものとする。

(沖縄県知事への報告)

第4条 市長は、法第41条第1項の規定により沖縄県知事へ報告するときは、同項に規定する届出の受理等をした日の翌月の末日までに行うものとする。

(高圧ガスに関する措置要請の処理)

第5条 市長は、法第41条第3項の規定により、災害の発生又は拡大を防止するため、沖縄県知事に対し必要な措置を講ずべきことを要請するときは、消防長から意見を徴して行うものとする。

(届出書等の部数)

第6条 法及び省令の規定により市長に提出する届出書等の部数は、2部とする。

(書類の経由)

第7条 法及び省令の規定により市長に提出する書類は、消防長を経由しなければならない。

(補則)

第8条 この規則の施行について必要な事項は、消防長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までになされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

うるま市石油コンビナート等災害防止法施行細則

令和3年2月1日 規則第1号

(令和3年2月1日施行)