○宇土市長の専決処分に関する条例

平成4年3月25日

条例第18号

(趣旨)

第1条 この条例は,地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定に基づき,市長が専決処分する事項について定めるものとする。

(専決処分事項の指定)

第2条 市長において専決する事項を,次のとおり指定する。

専決処分事項

(1) 1件1,000,000円以内の法律上市の義務に属する損害賠償の額を定めること。

(2) 市営住宅に係る家賃等及び明渡し請求に関する訴えの提起,和解及び調停に関すること。

(3) 市税,国民健康保険税及び介護保険料(これらに附随する徴収金を含む。)の賦課徴収について生ずる訴えの提起及び和解に関すること。

附 則

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成10年条例第24号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成13年条例第7号)

この条例は,平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成20年条例第45号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成22年条例第22号)

この条例は,公布の日から施行する。

宇土市長の専決処分に関する条例

平成4年3月25日 条例第18号

(平成22年9月13日施行)

体系情報
第5類 務/第2章 決裁,公印
沿革情報
平成4年3月25日 条例第18号
平成10年9月3日 条例第24号
平成13年3月23日 条例第7号
平成20年12月22日 条例第45号
平成22年9月13日 条例第22号