○宇土市提案制度規程

昭和49年6月25日

訓令第14号

(目的)

第1条 この規程は,本市の市政に関する企画又は制度並びに事務能率の改善等について創意工夫を奨励し積極的な市政に対する意欲の高揚をはかりもって市政の発展並びに業務の合理化を促進することを目的とする。

(提案要件)

第2条 提案は,創意に基づく実効性を有するもので次の各号のうちいずれかに該当するものとする。

(1) 市発展の為の施策として秀れたもので財政的にも実行可能なもの

(2) 職務能率が向上すること。

(3) 経費の節減になること。

(4) 市民サービス向上に資すること。

(5) 公益上有効であること。

(提案資格)

第3条 提案者は,宇土市に住所を有するものとする。

2 提案は2名以上の共同提案でも差しつかえない。

(提案の時期)

第4条 提案は,随時することができる。

2 市長は特定の事項に関し,特に期限を定めて提案を募集することができる。

(提案手続き)

第5条 提案しようとする者は,提案内容を詳細に記入した提案票(様式第1号の1第1号の2)を市長に提出するものとする。

(提案の受理)

第6条 提案を受理したときは,市長は提案者に対し受理通知書を交付するものとする。

(提案の審査)

第7条 提案は,すべて提案審査表(様式第2号)により提案者の氏名を秘して事務改善委員会(以下「審査会」という。)において審査する。

2 審査会は,必要に応じて関係部課の意見を聴取し,又は提案者を出席させて説明を求めることができる。

3 同一内容の提案に関する優先権は,提出日の順序による。

(提案の採否)

第8条 市長は,審査会における審査の結果に基づき次の各号のいずれかに決定するものとする。

(1) 採用 全部の採用実施を適当と認めたもの

(2) 一部採用 全部採用は適当でないがその一部は採用に値するもの

(3) 保留 直ちに採否の決定をなし得ずなお研究を要するもの

(4) 不採用 実施が不可能若しくは不適当のもの

(審査結果の通知)

第9条 市長は審査の結果について採否の理由を記し,提案者に通知しなければならない。

(表彰)

第10条 市長は採用と決定した提案は,これを公表し提案者に対し賞状及び賞金を授与する。

2 採用後その成果が著しいものに対しては,表彰することができる。

(提案に伴う諸権利)

第11条 提案に関するすべての権利は,宇土市に帰属する。

(委任事項)

第12条 この規程の実施に関して必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この訓令は,公布の日から施行する。

附 則(昭和49年訓令第18号)

この訓令は,公布の日から施行する。

附 則(昭和53年訓令第4号)

(施行期日)

1 この訓令は,昭和53年5月1日から施行する。

附 則(平成22年訓令第12号)

この訓令は,平成23年1月1日から施行する。

画像

画像

画像

宇土市提案制度規程

昭和49年6月25日 訓令第14号

(平成23年1月1日施行)