○宇土市職員の綱紀自粛委員会設置要綱

昭和56年12月8日

訓令第7号

(設置)

第1条 宇土市職員の地方公務員として倫理意識の高揚と綱紀の保持を図るため,宇土市職員綱紀自粛委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(委員会の構成)

第2条 委員会は各部長及び各審議員並びに課長,係長等の代表並びに一般職員の代表をもって構成する。

2 前項の委員は市長が委嘱する。

3 委員会の下部組織として各課ごとに小委員会を置く。

(任期)

第3条 委員の任期は1年とする。ただし再任を妨げない。

(委員長及び副委員長)

第4条 委員会に委員長1名及び副委員長2名を置く。

2 委員長,副委員長は委員の互選によって定める。

3 委員長は会務を総理し,委員会を代表する。

4 委員長に事故あるときは副委員長がその職務を代理する。

(会議の招集)

第5条 委員会は必要に応じて委員長が招集する。

(所掌事項)

第6条 委員会は職員の綱紀の保持についてその徹底をはかるための研究,方策を検討協議する。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は,総務課において処理する。

(雑則)

第8条 この要綱に定めるもののほか,委員会に関し必要な事項は委員会が定める。

附 則

この訓令は,公布の日から施行する。

附 則(昭和63年訓令第5号)

この訓令は,公布の日から施行する。

宇土市職員の綱紀自粛委員会設置要綱

昭和56年12月8日 訓令第7号

(昭和63年7月30日施行)

体系情報
第4類 織/第2章 市長事務部局
沿革情報
昭和56年12月8日 訓令第7号
昭和63年7月30日 訓令第5号