○宇土市職員の特殊勤務手当に関する条例

昭和46年3月24日

条例第4号

(趣旨)

第1条 この条例は,地方公務員法(昭和25年法律第261号)第24条第5項,宇土市一般職の職員の給与に関する条例(平成12年条例第44号)第23条及び宇土市会計年度任用職員の給与等に関する条例(令和元年条例第12号)の規定に基づき,職員の特殊勤務手当に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 特殊勤務手当は危険,不快,不健康又は困難な勤務,その他著しく特殊な勤務で給与上特別の考慮を必要とし,かつ,その特殊性を給料で考慮することが適当でないと認められるものに対し,その勤務の特殊性に応じて支給する手当とする。

(手当の種類,手当の額及び手当を受ける者の範囲)

第3条 特殊勤務手当の種類,特殊勤務手当の額及び特殊勤務手当を受ける者の範囲は,別表のとおりとする。

2 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第28条の5第1項に規定する短時間勤務の職を占める職員の月額をもって定める特殊勤務手当の額は,前項の規定にかかわらず,同項の規定による当該手当の月額に,宇土市職員の勤務時間,休暇等に関する条例(平成7年条例第5号。以下「勤務時間条例」という。)第2条第2項の規定により定められたその者の勤務時間を同条第1項に規定する勤務時間で除して得た数を乗じて得た額とする。

(手当の減額及び支給停止)

第4条 月額をもって定められている特殊勤務手当を支給する場合において,その月の現日数から勤務時間条例第3条に規定する週休日の日数を差し引いた日数(以下「要勤務日数」という。)のうち当該業務に従事しなかった日数がその月において,要勤務日数の2分の1を超えるときは,月額の2分の1を支給する。ただし,月の初日から末日までの全日数にわたって勤務しなかったときは,特殊勤務手当は支給しない。

(臨時の手当)

第4条の2 この条例に定めるもの以外の勤務で特別の考慮を必要とするものに対しては,市長は臨時に手当を支給することができる。

(委任)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は,規則で定める。

附 則

この条例は,昭和46年4月1日から施行する。

附 則(昭和48年条例第3号)

この条例は,昭和48年4月1日から施行する。

附 則(昭和49年条例第13号)

この条例は,昭和49年4月1日から施行する。

附 則(昭和50年条例第39号)

この条例は,昭和50年10月1日から施行する。

附 則(昭和51年条例第31号)

この条例は,昭和51年7月1日から施行する。

附 則(昭和53年条例第15号)

この条例は,昭和53年6月1日から施行する。

附 則(昭和54年条例第23号)

この条例は,昭和54年7月1日から施行する。

附 則(昭和58年条例第5号)

この条例は,昭和58年4月1日から施行する。

附 則(平成5年条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は,平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成10年条例第9号)

この条例は,平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成11年条例第21号)

(施行期日)

1 この条例は,平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成12年条例第14号)

この条例は,平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成12年条例第34号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成13年条例第5号)

(施行期日)

1 この条例は,平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成14年条例第13号)

この条例は,平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成21年条例第15号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(令和元年条例第13号)

この条例は,令和2年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

手当の種類

手当の額

手当を受ける者の範囲

税務職員手当

月額

4,000円

市民税,固定資産税,国民健康保険税等の賦課徴収事務に従事した職員

徴収手当

日額

300円

市税(国民健康保険税を含む。)及び市の徴収金の徴収のため外勤した職員

1件につき

300円

市税(国民健康保険税を含む。)及び市の徴収金の滞納強制処分並びに物件引上げに従事した職員

感染症等防疫手当

日額

500円

感染症の患者の救護,感染症の病原体の付着した物件の処理作業又は伝染病菌を有する家畜の防疫作業に従事した職員

社会福祉業務手当

月額

3,500円

生活保護法による調査,指導等に従事した福祉主事

行旅病人及び行旅死亡人取扱い手当

1件につき

1,000円

行旅病人の取扱いに従事した職員

1件につき

2,000円

行旅死亡人の処理に従事した職員

へい死動物取扱手当

1件につき

500円

へい死動物の処理に従事した職員

危険物取扱手当

月額

1,000円

免許資格を有し,危険物取扱業務を市長が命じた職員

用地交渉手当

日額

400円

公共用地の取得交渉のため外勤した職員

宇土市職員の特殊勤務手当に関する条例

昭和46年3月24日 条例第4号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第8類 与/第3章 諸手当
沿革情報
昭和46年3月24日 条例第4号
昭和48年3月23日 条例第3号
昭和49年3月18日 条例第13号
昭和50年9月29日 条例第39号
昭和51年6月17日 条例第31号
昭和53年5月30日 条例第15号
昭和54年6月30日 条例第23号
昭和58年3月25日 条例第5号
平成5年3月25日 条例第2号
平成10年3月12日 条例第9号
平成11年12月27日 条例第21号
平成12年3月30日 条例第14号
平成12年9月25日 条例第34号
平成13年3月23日 条例第5号
平成14年3月7日 条例第13号
平成21年6月25日 条例第15号
令和元年12月13日 条例第13号