○宇土市職員の特殊勤務手当支給に関する規則

昭和48年7月20日

規則第15号

(目的)

第1条 この規則は,宇土市職員の特殊勤務手当に関する条例(昭和46年宇土市条例第4号。以下「特勤条例」という。)第5条の規定に基づき,特殊勤務手当の支給に関し,必要な事項を定めることを目的とする。

(特殊勤務手当の支給日)

第2条 特勤条例第3条の規定により支給される特殊勤務手当のうち月額により定められた特殊勤務手当は,その月の分をその月の給料支給定日に,日額又は回数等により定められた特殊勤務手当は,その月の分を翌月の給料支給定日に支給する。

(作業日数等の計算方法)

第3条 特勤条例第3条の規定により支給される特殊勤務手当のうち,日額により定められた特殊勤務手当の作業日数は,暦日によって計算する。

(離職した職員の特殊勤務手当の支給)

第4条 特殊勤務手当の支給日前において離職又は死亡した職員には,その際支給する。

(特殊勤務手当の非常時払)

第5条 職員が,職員又はその収入によって生計を維持するものの出産,疾病,災害,婚礼,葬儀その他これに準ずる非常の場合に充てるために,特殊勤務手当を請求した場合には,その日までの分をその際支給する。

附 則

この規則は,公布の日から施行する。

宇土市職員の特殊勤務手当支給に関する規則

昭和48年7月20日 規則第15号

(昭和48年7月20日施行)