○農業用償却資産に対する固定資産税の減免に関する条例

昭和35年6月22日

条例第18号

(趣旨)

第1条 農業用償却資産に対する固定資産税の減免については,法令その他別に定めがあるもののほか,この条例の定めるところによる。

(固定資産税の減免)

第2条 農業用償却資産に対する固定資産税については,当該償却資産に係る税額の2分の1を減免する。

(減免の取消)

第3条 市長は,虚偽の申請その他不正の行為により固定資産税の減免を受けた者がある場合においてこれを発見したときは,直ちにその者に係る減免を取消すものとする。

附 則

この条例は,公布の日から施行し,昭和35年度分の固定資産税から適用する。

附 則(平成12年条例第34号)

この条例は,公布の日から施行する。

農業用償却資産に対する固定資産税の減免に関する条例

昭和35年6月22日 条例第18号

(平成12年9月25日施行)

体系情報
第9類 務/第5章 税,税外収入
沿革情報
昭和35年6月22日 条例第18号
平成12年9月25日 条例第34号