○宇土市重度心身障害者医療費助成に関する条例施行規則

平成9年6月25日

規則第9号

(趣旨)

第1条 この規則は,宇土市重度心身障害者医療費助成に関する条例(昭和58年条例第9号。以下「条例」という。)の施行に関し,必要な事項を定めるものとする。

(認定申請)

第2条 条例第5条第1項に規定する受給資格者の認定の申請は,次に掲げる書類等を添えて,宇土市重度心身障害者医療費受給資格者認定申請書(様式第1号)により行うものとする。

(1) 受給資格者の障害の程度を明らかにすることができる次のいずれかの書類

 身体障害者手帳

 療育手帳

 精神障害者保健福祉手帳

 障害児福祉手当,福祉手当又は特別障害者手当の認定通知書

 障害の程度を明らかにする診断書(障害児福祉手当(福祉手当)又は障害基礎年金の様式によること。)

(2) 医療保険の被保険者証の写し

(3) 個人番号が記載されていない世帯全員の住民票の写し

(4) 医療費の助成を受けようとする者の父母(既婚者にあっては配偶者)及び子の所得に関する証明書

(5) 前各号に掲げるもののほか,市長が必要と認める書類

(認定通知及び受給資格者台帳への登録)

第3条 条例第5条第2項の規定により受給資格者として認定したときは,宇土市重度心身障害者医療費受給資格者認定通知書(様式第2号)により通知するとともに,宇土市重度心身障害者医療費受給資格者台帳(以下「受給資格者台帳」という。)に所定の事項を登録するものとする。

(却下通知)

第4条 条例第5条第2項の規定による審査の結果,認定が不適当と認めるときは,宇土市重度心身障害者医療費受給資格者認定申請却下通知書(様式第3号)により却下の通知をするものとする。

(受給資格者証)

第5条 条例第6条第1項に規定する受給資格者証は,重度心身障害者医療費助成受給資格者証(様式第4号。以下「受給資格者証」という。)による。

(認定の期間)

第6条 条例第5条第3項に規定する認定期間は,第2条に規定する受給資格者の認定要件となる提出書類の有効期限を超えてはならない。再認定を行う場合においても,同様とする。

(所得状況の確認)

第7条 所得状況の確認は,条例第5条第1項に規定する認定申請及び同条第3項に規定する再認定の際に行うものとする。この場合において,1月から7月までの診療分については前々年の所得を,8月から12月までの診療分については前年の所得を確認するものとする。

2 前項の規定による所得状況の確認は,健康福祉部福祉課長が申請者又は受給資格者等から委任を受けた場合には,当該者が提出する所得に関する証明書に代えて,市民税課税台帳により行うことができる。

3 所得状況確認の対象者は,受給資格者と同一の住民基本台帳に記載されている者とする。ただし,出稼ぎ又は勤務の都合等により形式的に住民基本台帳を異にする場合は,生計を一にするものとして取り扱い,所得状況確認の対象とする。

4 第1項の規定により再認定の際に行う所得状況確認の結果,所得制限に該当すると認められた受給資格者に対しては,宇土市重度心身障害者医療費助成停止通知書(様式第5号)を交付するとともに,受給資格者台帳に登録しなければならない。

(助成金の申請)

第8条 条例第7条に規定する助成申請は,宇土市重度心身障害者医療費助成申請書(様式第6号)により行うものとする。

2 申請者は,受給対象者に係る医療費の一部が当該医療費に係る医療保険各法の規定による付加給付及び他の法令等の規定による国又は地方公共団体の公費負担制度の対象となるときは,当該給付等の内容が記載された書類を医療費助成申請書に添付しなければならない。ただし,保険者が宇土市の場合にあっては,この限りでない。

3 助成申請は,原則として各診療月を単位として,医療機関ごとに行うものとする。

4 助成申請は,受給対象者が医療の給付を受けた日の属する月の翌月から起算して1年を経過した月の翌月以後においてはすることができない。

(助成金の支給決定)

第9条 条例第8条の規定により助成金の支給決定を行う場合において,受給資格者に係る医療費の一部が医療保険各法の規定による付加給付及び他の法令等の規定による国又は地方公共団体の公費負担制度の対象となるときは,その適用の有無を確認の上,支給すべき額を決定するものとする。

2 前項に規定する決定を行う場合において,世帯合算の適用があるときの一部負担金は,世帯合算適用後の被保険者負担額に,世帯合算適用前における受給資格者に係る被保険者負担額の世帯合算の対象となった当該世帯の被保険者負担額に対する割合を乗じて得た額とする。

3 前2項の規定にかかわらず,必要と認めるときは医療機関に支払われた受給資格者に係る被保険者負担額を一部負担金とみなして支給額を決定することができる。この場合において,当該支給決定額が前2項の規定により算定した額を超えるときは,当該超える額を返還させ,又は国民健康保険による高額療養費として支給すべき額から控除し,若しくは当該申請に係る月の翌月以降の分に係る支給額から控除するものとする。

4 助成金の支給を決定したときは,申請者に重度心身障害者医療費助成決定通知書(様式第7号)により通知するものとし,申請を却下する決定をしたときは,申請者に宇土市重度心身障害者医療費助成却下通知書(様式第8号)により通知するものとする。

(医療費助成の始期及び終期)

第10条 医療費の助成は,受給資格者が条例第5条第1項の規定による認定申請をした日の属する月の翌月の診療に係る医療費から始め,本人が死亡した日又は次の各号のいずれかに掲げる日の属する月で終わるものとする。

(1) 条例第3条に規定する受給資格者に該当しなくなった日

(2) 条例第6条の規定により交付された受給資格者証に期間の定めがある場合は,その期間が満了した日

(届出)

第11条 条例第10条第1項第1号から第3号までに規定する届出は,宇土市重度心身障害者医療費受給資格者異動届出書(様式第9号)により行うものとする。

(受給資格の喪失)

第12条 条例第10条第1項第1号の規定による届出により受給資格者としての要件に該当しなくなったと認めた者に対しては,宇土市重度心身障害者医療費受給資格喪失通知書(様式第10号)により通知するものとする。

(紛失等の届出)

第13条 条例第10条第1項第4号に規定する規則で定める事由とは,次に掲げるとおりとする。

(1) 受給資格者証を紛失し,又は滅失したとき。

(2) 受給資格者証を汚損したとき。

2 前項各号に掲げる事項に係る届出は,受給資格者証紛失等届出書(様式第11号)により行うものとする。

(受給資格者証の再交付)

第14条 受給資格者証の再交付を受けようとする者は,宇土市重度心身障害者医療費受給資格者証再交付申請書(様式第12号)を市長に提出しなければならない。

2 前項の場合において,前条第1項第2号の事由により受給資格者証の再交付を申請する者は,汚損した受給資格者証を申請書に添付しなければならない。

3 受給資格者証の再交付を受けた者は,失った受給資格者証を発見したときは,速やかに当該発見した受給資格者証を市長に返還しなければならない。

(他制度との調整)

第15条 条例第11条に規定する規則で定める場合とは,おおむね次に掲げる場合をいう。

(1) 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行令(平成18年政令第10号)第1条の2の規定による育成医療,更生医療又は精神通院医療費の適用を受けた場合

(2) 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)第70条の規定による療養介護医療費の適用を受けた場合

(3) 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第24条の20の規定による障害児入所医療費の適用を受けた場合

(4) 前3号に掲げるもののほか,市長が特に必要と認める場合

(助成金の返還)

第16条 条例第13条の規定により助成金を返還させるための通知は,宇土市重度心身障害者医療費助成金返還通知書(様式第13号)により行うものとする。

(委任)

第17条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,健康福祉部長が定める。

附 則

この規則は,平成9年8月1日から施行し,改正後の宇土市重度心身障害者医療費助成に関する条例施行規則の規定は,平成9年8月1日以降に行われた診療に係る医療費について適用する。

附 則(平成15年規則第12号)

(施行期日)

第1条 この規則は,平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成17年規則第24号)

この規則は,平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年規則第17号)

1 この規則は,公布の日から施行し,平成19年4月1日から適用する。

2 この規則の施行前にこの規則による改正前の宇土市重度心身障害者医療費助成に関する条例施行規則の規定により行われた処分,手続きその他の行為は,この規則による改正後の宇土市重度心身障害者医療費助成に関する条例施行規則により行われた処分,手続きその他の行為とみなす。

附 則(平成20年規則第14号)

この規則は,公布の日から施行し,平成19年4月1日から適用する。

附 則(平成20年規則第26号)

1 この規則は,公布の日から施行し,平成20年4月1日から適用する。

2 この規則の施行前にこの規則による改正前の宇土市重度心身障害者医療費助成に関する条例施行規則の規定により行われた申請は,この規則による改正後の宇土市重度心身障害者医療費助成に関する条例施行規則により行われた申請とみなす。

附 則(平成25年規則第14号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成25年規則第19号)

この規則は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成27年規則第11号)

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年規則第30―2号)

この規則は,平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年規則第15号)

(施行期日)

1 この規則は,平成29年9月27日から施行し,この規則による改正後の第9条第4項の規定は,平成29年10月以後に支給する医療費助成金について適用する。

(経過措置)

2 この規則の施行前にこの規則による改正前の宇土市重度心身障害者医療費助成に関する条例施行規則の規定により行われた申請は,この規則による改正後の宇土市重度心身障害者医療費助成に関する条例施行規則により行われた申請とみなす。

附 則(令和元年規則第20号)

(施行期日)

1 この規則は,令和2年1月6日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行前にこの規則による改正前の宇土市重度心身障害者医療費助成に関する条例施行規則の規定によりされた処分は,この規則による改正後の宇土市重度心身障害者医療費助成に関する条例施行規則の規定によりされた処分とみなす。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

宇土市重度心身障害者医療費助成に関する条例施行規則

平成9年6月25日 規則第9号

(令和2年1月6日施行)

体系情報
第10類 生/第1章 社会福祉/第4節 障害者福祉
沿革情報
平成9年6月25日 規則第9号
平成15年3月31日 規則第12号
平成17年3月31日 規則第24号
平成19年9月18日 規則第17号
平成20年3月26日 規則第14号
平成20年6月13日 規則第26号
平成25年3月29日 規則第14号
平成25年3月29日 規則第19号
平成27年3月31日 規則第11号
平成28年3月31日 規則第30号の2
平成29年9月27日 規則第15号
令和元年12月19日 規則第20号