○宇土市敬老祝金支給条例

昭和54年3月24日

条例第5号

(趣旨)

第1条 この条例は,高齢者福祉の増進を図るため,地域社会の発展に寄与されたことに敬意を表し支給する敬老祝金(以下「祝金」という。)の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(受給資格者)

第2条 祝金を受けることができる者は,毎年7月1日に本市の住民基本台帳に記録され,かつ,本市に引き続き1年以上在住している者で,当該年度内に88歳又は100歳に該当する者とする。

(祝金の額)

第3条 祝金の額は,次に掲げるとおりとする。

(1) 88歳に該当する者 5,000円

(2) 100歳に該当する者 10,000円

(申請)

第4条 祝金の支給を受けようとする者は,市長に申請しなければならない。

(祝金の支給)

第5条 市長は,前条の申請により適当と認めるときは,受給資格者に対し祝金を支給しなければならない。

(支給の停止及び返還)

第6条 市長は,祝金の支給が適当でないと認めるときは,祝金の支給を停止し,又は既に支給した祝金を返還させることができる。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は,規則で定める。

附 則

この条例は,昭和54年4月1日から施行する。

附 則(昭和55年条例第36号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(昭和57年条例第23号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(昭和58年条例第30号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(昭和59年条例第18号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(昭和60年条例第19号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(昭和61年条例第17号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(昭和62年条例第13号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(昭和63年条例第21号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成元年条例第37号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成2年条例第21号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成3年条例第10号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成4年条例第11号)

この条例は,平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成13年条例第21号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成14年条例第6号)

この条例は,平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成17年条例第12号)

1 この条例は,平成17年4月1日から施行する。

2 平成17年9月1日を基準日とする祝金の支給に限り,85歳の受給資格については,改正後の第2条の規定中「当該年度内」とあるのは,「当該年度内及び平成16年9月2日から平成17年3月31日までの間」とする。

附 則(平成17年条例第33号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成19年条例第7号)

(施行期日)

1 この条例は,平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

3 前項の規定による改正前の宇土市敬老祝金支給条例に基づく基金は,この条例の規定に基づく基金に引き継ぐものとする。

附 則(平成24年条例第6号)

(施行期日)

1 この条例は,平成24年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 平成24年7月1日を基準日とする祝金の支給に限り,改正後の第2条の規定中「本市に引き続き1年以上在住している者」とあるのは「本市に平成23年9月2日から平成24年7月1日までの間在住している者」と読み替えるものとする。

附 則(令和2年条例第10号)

この条例は,令和2年4月1日から施行する。

宇土市敬老祝金支給条例

昭和54年3月24日 条例第5号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第10類 生/第1章 社会福祉/第3節 高齢者福祉
沿革情報
昭和54年3月24日 条例第5号
昭和55年12月24日 条例第36号
昭和57年6月28日 条例第23号
昭和58年6月27日 条例第30号
昭和59年6月30日 条例第18号
昭和60年6月25日 条例第19号
昭和61年9月17日 条例第17号
昭和62年6月22日 条例第13号
昭和63年6月22日 条例第21号
平成元年6月26日 条例第37号
平成2年6月29日 条例第21号
平成3年3月26日 条例第10号
平成4年3月25日 条例第11号
平成13年6月25日 条例第21号
平成14年3月7日 条例第6号
平成17年3月22日 条例第12号
平成17年12月27日 条例第33号
平成19年3月28日 条例第7号
平成24年3月19日 条例第6号
令和2年3月18日 条例第10号