○宇土市児童センター条例

昭和55年3月29日

条例第4号

(設置)

第1条 児童に健全な遊びを与えてその健康を増進し,又は情操を豊かにするため,児童福祉法(昭和22年法律第164号)第35条第3項の規定に基づき,宇土市児童センター(以下「児童センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 児童センターの名称及び位置は,次のとおりとする。

(1) 名称 宇土市児童センター

(2) 位置 宇土市北段原町27番地2

(職員等)

第3条 児童センターに所長その他必要な職員を置く。

(管理)

第4条 児童センターは,常に良好な状態において管理し,その趣旨に応じて最も効果的に運用しなければならない。

(事業)

第5条 児童センターは,次に掲げる事業を行う。

(1) 安全で自由な遊びの施設等を提供すること。

(2) 健全な遊びを通し,児童の集団的又は個別的指導を行うこと。

(3) 児童の情操を豊かにする文化,体育活動等の教室を開催すること。

(4) 子供会,母親クラブ等の地域組織活動の育成助長を図ること。

(5) その他地域の児童の健全育成に必要な活動等児童センターの設置の目的に必要な事業を行うこと。

(使用できる者の範囲)

第6条 児童センターを使用することができる者は,次に掲げるものとする。

(1) 本市に居住する小学校終了までの児童。ただし,幼児については,保護者の同伴する者に限る。

(2) 子供会等児童によって組織された団体

(3) 母親クラブ,老人クラブ等児童の健全育成を目的として組織された団体

(4) その他市長が適当と認めたもの

(使用の許可)

第7条 前条第1号以外の者(以下「使用者」という。)が児童センターを使用するときは,あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 市長は,使用の許可をする場合は必要な条件を付することができる。

(使用の制限)

第8条 市長は,次の各号のいずれかに該当するときは,使用を許可してはならない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。

(2) 建物又は備品を損傷するおそれがあるとき。

(3) 営利を目的とするものがあるとき。

(4) 管理上支障があるとき。

(5) その他市長が必要と認めるとき。

(許可の取り消し等)

第9条 市長は,次の各号のいずれかに該当するときは,使用の許可を取り消し,又はその使用を制限し,若しくは停止させることができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に従わないとき。

(2) 前条各号のいずれかに該当する事由が発生したとき。

(入館の制限)

第10条 市長は,次の各号のいずれかに該当する者に対しては,入館を断り,又は退館させることができる。

(1) 幼児で保護者の付添いがないもの

(2) 感染症疾患等にかかっているもの

(3) 他人に迷惑をかける行為をするもの

(4) 建物又は備品を損傷するおそれがあるもの

(5) 他人に危害を及ぼし,又は他人に迷惑となる物品若しくは動物(身体障害者補助犬法(平成14年法律第49号)第2条に規定する身体障害者補助犬(同法第12条第1項の規定による表示をした犬に限る。)を除く。)を携行するもの

(6) 管理上必要な指示に従わないもの

(7) その他市長が支障があると認めるもの

(使用料)

第11条 児童センターの使用料は,無料とする。

(設備の変更等の禁止)

第12条 使用者は,許可なく児童センターの既存の設備を変更し,又は設備を付加してはならない。

(原状回復義務)

第13条 使用者が児童センターの使用を終ったとき,又は使用を停止させられたときは,直ちに原状に回復しなければならない。

2 使用者が前項の義務を履行しないときは,市がこれを執行し,その費用を使用者から徴収することができる。

(損害賠償)

第14条 使用者が,使用物件等を損傷し,又は滅失したときは,速やかにこれを原状に復するか,若しくは市長が認定する額を賠償しなければならない。ただし,市長がやむを得ないと認めたときは,この限りでない。

(運営審議会)

第15条 児童センターの運営を効果的に行うため,児童センター運営審議会を置き,委員10人をもって組織する。

(委員の任期)

第16条 前条に規定する委員の任期は,2年とする。ただし,欠員補充によって任命された委員の任期は,前任者の残任期間とする。

(委任)

第17条 この条例の施行に関し必要な事項は,規則で定める。

附 則

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(昭和55年条例第16号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(昭和57年条例第22号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(昭和58年条例第31号)

この条例は,昭和58年7月1日から施行する。

附 則(平成12年条例第11号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成12年条例第34号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成13年条例第7号)

この条例は,平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成14年条例第32号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成18年条例第2号)

この条例は,平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年条例第26号)

この条例は,公布の日から施行する。

宇土市児童センター条例

昭和55年3月29日 条例第4号

(平成20年6月26日施行)

体系情報
第10類 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
昭和55年3月29日 条例第4号
昭和55年6月19日 条例第16号
昭和57年6月28日 条例第22号
昭和58年6月27日 条例第31号
平成12年3月30日 条例第11号
平成12年9月25日 条例第34号
平成13年3月23日 条例第7号
平成14年12月20日 条例第32号
平成18年3月7日 条例第2号
平成20年6月26日 条例第26号