○宇土市里道等整備補助金交付要綱

平成10年10月1日

告示第60号

(目的)

第1条 この要綱は,一般交通の用に供している里道等の整備工事を行う者に対して補助金を交付し,もって住民の生活環境の改善を図ることを目的とする。

(用語の定義)

第2条 この要綱において,次の各号に掲げる用語の意議は,当該各号に定めるところによる。

(1) 公道 道路法(昭和27年法律第180号)に規定する道路をいう。

(2) 里道等 前号に規定する公道以外の道路をいう。

(3) 整備工事 舗装又は側溝等排水施設の新設工事又は改良工事をいう。

(4) 工事施工者 里道等の所有者,居住者及び地域団体で,当該道路の整備工事を行う者をいう。

(5) 地域団体 地域住民の文教,民生,福祉等に関する活動を行うため自主的に組織された町内会その他の公共団体をいう。

(補助金の交付対象)

第3条 市長は,次の各号に掲げる用件のすべてを具備する里道等の工事施工者に対して,予算の範囲において補助金を交付するものとする。但し,営利を目的とする開発行為を行うものに対しては交付の対象外とする。

(1) 現に一般交通の用に供されていること。(公図上の里道,又は私道であって公衆用道路として登記がなされたものに限る。)

(2) 幅員が2メートル以上であること。

(3) 道路に接する家屋の戸数が2戸以上であり,かつ,道路に接する土地が相当数以上の所有者により所有されていること。

(4) 道路敷地すべての地権者の文書による承諾を得ていること。

(5) 住宅建築後3年以上経過していること。

(補助金の額)

第4条 補助金の額は,市長が別に定める補助基準により算出した工事費のうち次の区分により求めた額とする。ただし,その額が800,000円を超えるときは800,000円とし,50,000円未満のときは補助金は交付しない。

対象戸数

補助率

備考

2戸

50%

 

3戸以上

70%

 

地区連絡道路

70%

一般的に住民管理による公図上の里道等

2 市長は,工事施工者のうち地元労力によるコンクリート舗装工事を行うものには,前項による補助金に代えて,当該補助金額の限度内において生コンクリートを支給することができる。

(補助金の交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする工事施工者(以下「申請者」という。)は,里道等整備補助金交付申請書により次の各号に掲げる書類を添えて,市長に申請しなければならない。

(1) 地権者の承諾書

(2) 里道等整備工事共同施工代表責任者選任書

(3) 里道等整備工事実施計画書

(4) 里道等整備工事予算書

(5) その他市長が必要と認める書類

(補助金の交付決定額)

第6条 市長は,前条の規定により補助金の交付申請があったときは,その内容を審査し,補助金の交付を決定するものとする。この場合において,市長は,必要条件を付すことができる。

2 市長は,前項の規定により補助金の交付の可否を決定したときは,里道等整備補助金交付(不交付)決定通知書により当該申請者に通知するものとする。

(工事着工)

第7条 申請者は,前条第2項の規定による決定通知を受けた後,30日以内に工事に着工しなければならない。

2 申請者は,工事に着工したときは,速やかに工事着工届を市長に提出しなければならない。

(工事の変更等)

第8条 申請者が補助金の交付決定の通知を受けた後,工事を中止し,又は工事内容を変更しようとするときは,里道等整備補助工事中止(変更)承認申請書を提出し,市長の承認を得なければならない。

(工事完了届書)

第9条 申請者は,工事が完了したときは,速やかに工事完了届に次の各号に掲げる書類を添えて,市長に提出しなければならない。

(1) 精算報告書

(2) 工事工程写真

(工事完了検査)

第10条 市長は,前条の工事完了届を受理したときは,工事竣工確認検査を行うものとする。

2 前項の規定による検査の結果,工事が補助金交付決定書の内容に適合しないと認めるときは,市長は,申請者に工事の手直しを命ずることができる。

(補助金の交付の時期)

第11条 市長は,前条の検査の結果,補助金交付決定の内容に適合していると認めるときは,申請者に対して補助金を交付するものとする。

2 前項の規定により補助金を交付する場合には,里道等整備補助金交付通知書により当該申請者に通知するものとする。

(補助金交付決定の取消し)

第12条 市長は,申請者が次の各号のいずれかに該当したときは,補助金の交付決定を取り消すことができる。

(1) 偽りその他不正な手段により補助金の交付決定を受けたとき。

(2) 補助金交付決定の内容又はこれに付した条件その他この要綱に基づく市長の指示に違反したとき。

(3) 補助金を他の用途に使用したとき。

2 市長は,前項の規定により補助金交付の決定を取り消したときは,里道等整備補助金交付決定取消通知により当該申請者に通知するものとする。

(補助金の返還)

第13条 市長は,前条の規定により補助金の交付決定を取り消した場合において,既に補助金が交付されているときは,里道等整備補助金返還命令書により期限を定めて補助金の返還を命ずるものとする。

(維持管理)

第14条 この要綱による補助金の交付をうけて整備された里道等の維持管理は,工事施工者において行うものとする。

(委任)

第15条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,市長が定める。

附 則

この要綱は,平成10年10月1日より施行する。

附 則(平成21年告示第3号)

この告示は,平成21年2月1日から施行する。

宇土市里道等整備補助金交付要綱

平成10年10月1日 告示第60号

(平成21年2月1日施行)