○宇土市消防団規則

昭和41年4月7日

規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は,消防組織法(昭和22年法律第226号)及び宇土市消防団員の定員,任免,給与,服務等に関する条例(昭和41年条例第17号。以下「条例」という。)の施行等に関し,必要な事項を定めるものとする。

(団の組織)

第2条 消防団は,団本部及び分団をもって組織する。

2 分団は,分団本部,部及び班をもって組織する。

3 団本部に女性消防隊及び市役所消防隊を置くことができる。

(階級)

第3条 消防団員の階級は,消防団長(以下「団長」という。),副団長,分団長,副分団長,部長,班長及び団員とする。

(役員)

第4条 団本部に役員として,副団長及び指導員を置き,指導員は分団長経験者をもって充て,その階級は副団長とする。

2 分団本部に役員として,分団長,副分団長,部長及び要員を置き,要員は分団長が団員のうちから指名する。

3 部に部長を置き,班に班長を置く。

(職務)

第5条 団長は団の事務を統轄し,副団長以下を指揮し,法令,条例及び規則等に定める職務を遂行する。

2 副団長は団長を補佐し,団長に事故あるときは,あらかじめ定める順序に従い団長の職務を行う。

3 指導員は,上司の命を受けて所管事務を総理し,分団長以下を指揮監督する。

4 分団長,副分団長,部長及び班長は,上司の命を受けて所管事務を総理し,所属団員を指揮監督する。

(任期)

第6条 団長の任期は4年とし,副団長,分団長,副分団長,部長及び班長の任期は2年とする。ただし,再任を妨げない。

(定数及び担当区域等)

第7条 分団名及び階級別団員数は,別表第1のとおりとする。

2 分団の区域は,別表第2のとおりとする。

(宣誓)

第8条 団員は,その任命後,宣誓書(別記様式)に署名しなければならない。

(服務規律)

第9条 消防団員は,次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 服務中は規律を厳守して上司の指揮命令に従い,水火災の発生に際しては身をていしてこれに当たる心構えを持つこと。

(2) 階級の上下及び同僚の間においては相互に敬愛し,礼節を重んじ信義を厚くして常に言行を慎むこと。

(3) 出動命令があったときはすぐに出動し,又は警報発令中その他特に警戒の必要があると認められるときはいつでも出動できるよう待機すること。

(4) 職務に関し他からの報酬等又は利益の供与を求めないこと。

(5) 消防団又は消防団員として政治活動を行い,又は他人の紛争に関与しないこと。

(6) 消防団又は消防団員としてみだりに寄附金を募り,又は営利行為をなし,若しくは義務を負担する行為をしないこと。

(7) 機械器具その他の消防用設備資材の維持管理に当たっては常に整備に留意し,及び団長の許可なくこれを職務外に使用しないこと。

(災害現場での活動)

第10条 消防団員は,水火災その他の災害現場(以下「災害現場」という。)に出動したときは,次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 災害現場においては,まず人命救助を行うこと。

(2) 消防活動を行うに際しては,作業による損害を最少限度にとどめること。

(3) 出動隊は,相互に連絡協調を密にすること。

2 消防団員は,災害現場において死体を発見したときは,消防長又は消防署長に報告するとともに警察官が到着するまでその現場を保存しなければならない。

第11条 消防団が市の区域外の災害現場に出動する場合は,消防長又は消防署長の命令によるものとする。ただし,出動の際,出動区域であると認めて出動したが,現場近くに至って区域外と判明したとき及び消防組織法第18条で掲げるもののほか特に市長が命令したときはこの限りでない。

(文書管理)

第12条 消防団は次に掲げる文書を備え,常にこれを整理しておかなければならない。

(1) 消防団員名簿

(2) 任免関係文書

(3) 沿革誌

(4) 活動の記録文書

(5) 消防ポンプ台帳

(6) 消防資器材台帳

(7) 消防水利台帳

(8) 管轄図及び消防施設配置図

(9) 金銭出納簿

(10) 給与品及び貸与品台帳

(11) 前各号に掲げるもののほか,消防団活動に関する文書

(教養及び訓練)

第13条 団長は,消防団員に対する消防の知識及び技能の習得及び向上のために毎年2回以上消防団に必要な各種の訓練を行わなければならない。

2 前項の訓練計画はあらかじめ市長の承認を受け,実施結果は市長に報告しなければならない。

3 消防団員にはその者の職務に応じて消防大学校又は消防学校において行われる教育訓練を受けさせるものとする。

(表彰)

第14条 市長は,消防団又は消防団員を表彰することができる。

2 表彰の種類については,別に定める。

第15条 市長は,次に掲げる事項について功労があると認められる者又は団体に対して,感謝状を授与することができる。

(1) 水火災の予防又は鎮圧

(2) 消防施設強化拡充についての協力

(3) 水火災現場における人命救助

(4) 火災その他災害時における警戒防御又は救助に関し消防団に対してなした協力

(分限及び懲戒の手続)

第16条 条例第7条の分限及び懲戒の手続は,その旨を記載した書面を当該団員に交付して行わなければならない。この場合において,心身の故障のために分限処分をするときは,医師2人を指定してあらかじめ診断を行わせなければならない。

(懲戒処分等の基準)

第17条 条例第6条の懲戒の基準は,別表第3のとおりとする。ただし,別表第3に定めのない非違行為については,市及び団本部で協議を行い,処分内容の決定を行う。

(訓練,礼式及び服制)

第18条 消防団員の訓練,礼式及び服制については,消防庁の定める基準による。

附 則

1 この規則は,昭和41年4月7日から施行する。

2 この規則の施行日前において第3条の適用を受ける団員の任期については,昭和44年3月31日までとする。

附 則(昭和42年規則第12号)

この規則は,昭和42年7月1日から施行する。

附 則(昭和44年規則第5号)

この規則は,昭和44年4月1日から施行する。

附 則(昭和45年規則第9号)

この規則は,公布の日から施行し,昭和45年8月1日から適用する。

附 則(昭和48年規則第11号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(昭和51年規則第17号)

この規則は,昭和51年10月1日から施行する。

附 則(昭和52年規則第11号)

この規則は,公布の日から施行し,昭和52年4月1日から適用する。

附 則(昭和55年規則第20号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成9年規則第7号)

この規則は,平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成13年規則第21号)

この規則は,公布の日から施行し,平成13年4月1日から適用する。

附 則(平成16年規則第15号)

この規則は,平成16年10月1日から施行する。

附 則(平成22年規則第21号)

この規則は,平成23年1月1日から施行する。

附 則(平成24年規則第17号)

この規則は,平成24年10月1日から施行する。

附 則(平成25年規則第22号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成28年規則第42号)

(施行期日)

1 この規則は,平成28年8月24日から施行し,改正後の第2条の規定は,平成27年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の宇土市消防団規則第17条及び別表第3の規定は,この規則の施行の日以後にあった非違行為について適用し,同日前にあった非違行為については,なお従前の例による。

附 則(平成29年規則第11号)

(施行期日)

1 この規則は,平成29年7月13日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の宇土市消防団規則第17条の別表第3の規定は,この規則の施行の日以後にあった非違行為について適用し,同日前にあった非違行為については,なお従前の例による。

別表第1(第7条関係)

階級別

区分

団長

副団長

指導員(副団長)

分団長

副分団長

部長

班長

団員

合計

本部

1

3

3



2

4

21

34

第1分団




1

1

3

4

58

67

第2分団




1

1

3

6

97

108

第3分団




1

1

2

3

48

55

第4分団




1

1

3

7

84

96

第5分団




1

1

3

6

93

104

第6分団




1

1

2

2

44

50

第7分団




1

1

3

8

93

106

1

3

3

7

7

21

40

538

620

別表第2(第7条関係)

分団

区域

1分団

本町一丁目,本町二丁目,本町三丁目,本町四丁目,本町五丁目,本町六丁目,新町一丁目,新町二丁目,新町三丁目,新町四丁目,船場町,石小路町,定府町,一里木町,門内町,新小路町,南段原町,北段原町,浦田町,高柳町,栄町,古城町,旭町,築籠町,松原町,新松原町,三拾町,城之浦町,入地町

2分団

花園町,立岡町,岩古曽町,古保里町,善道寺町,境目町,松山町,水町,花園台町

3分団

神馬町,神合町,石橋町,宮圧町,椿原町,伊無田町,栗崎町

4分団

馬之瀬町,恵塚町,野鶴町,新開町,笹原町,城塚町

5分団

住吉町,網津町,網引町

6分団

走潟町

7分団

長浜町,上網田町,下網田町,戸口町,赤瀬町

別表第3(第17条関係)

(1) 一般服務関係

非違行為の類型

非違行為の態様

処分標準量定

活動態度不良

消防団活動中に活動現場を離脱して職務を怠り,消防団活動に支障を生じさせた場合

停職又は戒告

消防団内秩序を乱す行為

他の団員等に対する暴行等により,消防団内の秩序を乱した場合

停職又は戒告

他の団員等に対する暴言等により消防団内の秩序を乱した場合

停職又は戒告

虚偽報告

事実をねつ造して虚偽の報告を行った場合

停職又は戒告

秘密漏えい

消防団活動上知ることのできた秘密を漏らし,消防団活動に重大な支障を生じさせた場合

免職,停職又は戒告

個人の秘密情報の目的外収集

その職権を濫用して,専らその職務の用以外の用に供する目的で個人の秘密に属する事項が記録された文書等を収集した場合

停職又は戒告

個人情報の盗難,紛失又は流出

過失により,個人情報を盗難され,紛失し,又は流出させた場合

停職又は戒告

個人情報保護条例違反

宇土市個人情報保護条例(平成15年条例第1号)第12条の規定に違反し,消防活動に重大な支障を生じさせた場合

停職又は戒告

違法な政治的行為

公職選挙法(昭和25年法律第100号)第136条の2に規定する公務員等の地位利用による選挙運動の禁止に違反する政治的行為を行った場合

停職又は戒告

公職選挙法第136条の2に規定する公務員等の地位利用による選挙運動の禁止に違反して,団員へ政治的行為を強要した場合

停職又は戒告

セクシャルハラスメント(他の者を不快にさせる性的な言動及び他の団員を不快にさせる消防団活動外における性的な言動)

暴行若しくは脅迫を用いてわいせつな行為をし,又は消防団内における職務上の地位や人間関係に基づき影響力を用いることにより強いて性的関係を結び若しくはわいせつな行為をした場合

免職又は停職

相手の意に反することを認識の上で,わいせつな言辞,性的な内容の電話,性的内容の手紙・電子メールの送付,身体的接触,つきまとい等の性的な言動(以下「わいせつな言辞等の性的な言動」という。)を繰り返した場合

停職又は戒告

わいせつな言辞等の性的な言動を執拗に繰り返したことにより,相手を強度の心的ストレスの重積による精神疾患にり患させた場合

免職又は停職

相手の意に反することを認識の上で,わいせつな言辞等の性的な言動を行った場合

停職又は戒告

パワーハラスメント

職務上の地位や人間関係などの消防団内の優位性を背景に,活動の適正な範囲を超えて,精神的・身体的苦痛を与える,又は服務環境を悪化させる行為(以下「消防団内の優位性を背景とする服務環境を悪化させる行為」という。)を行った場合

停職又は戒告

消防団内の優位性を背景とする服務環境を悪化させる行為を繰り返し行ったことにおいて,相手を強度の心的ストレスの重積による精神疾患にり患させた場合

停職又は戒告

法令等違反及び不適正な業務執行

職務の遂行に関して法令等に違反し,又は消防団活動に適正さを欠き,又は職務命令に従わず,消防団活動に支障を与え,又は市民等に重大な損害を与えた場合

停職又は戒告

収賄

職務に関し賄賂を収受し,又はこれを要求し,若しくは約束した場合

免職又は停職

(2) 公金公物取扱関係

非違行為の類型

非違行為の態様

処分標準量定

横領

公金又は公物を横領した場合

免職

窃取

公金又は公物を窃取した場合

免職

詐取

人を欺いて公金又は公物を交付させた場合

免職

紛失

公金又は公物を紛失した場合

戒告

盗難

重大な過失により公金又は公物の盗難に遭った場合

戒告

公物損壊

故意に職場において公物を損壊した場合

停職又は戒告

失火

過失により公物の出火を引き起こした場合

戒告

報酬等の違法支払・不適正受給

故意に法令に違反して報酬等を不正に支給した場合及び故意に届出を怠り,又は虚偽の届出をするなどして報酬等を不正に受給した場合

停職又は戒告

公金公物処理不適正

自己保管中の公金の流用等公金又は公物の不適正な処理をした場合

停職又は戒告

物品購入等に関して不適正な事務処理(差し替え,預け等)を行った場合

停職又は戒告

(3) 公務外非行関係

非違行為の類型

非違行為の態様

処分標準量定

放火

放火をした場合

免職

殺人

人を殺した場合

免職

傷害

人の身体を傷害した場合

免職又は停職

暴行又はけんか

暴行を加え,又はけんかをした団員が人を傷害するに至らなかったとき

停職又は戒告

器物損壊

故意に他人の物を損壊した場合

停職又は戒告

横領

自己の占有する他人の物(公金及び公物を除く。)を横領した場合

免職又は停職

窃盗・強盗

他人の財物を窃取した場合

免職又は停職

暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した場合

免職

詐欺・恐喝

人を欺いて財物を交付させ,又は人を恐喝して財物を交付させた場合

免職又は停職

賭博

賭博をした場合

免職又は停職

常習として賭博をした場合

免職

麻薬,覚醒剤等の所持又は使用

麻薬,覚醒剤等を所持し,又は使用した場合

免職

酩酊による粗野な言動等

酩酊して,公共の場所や乗り物において,公衆に迷惑をかけるような著しく粗野又は乱暴な言動をした場合

停職又は戒告

淫行

18歳未満の者に対して,金品その他財産上の利益を対償として供与し,又は供与することを約束して淫行をした場合

免職又は停職

痴漢行為

公共の乗り物等において痴漢行為をした場合

免職又は停職

わいせつ行為

強制性交等,強制わいせつ,公然わいせつ又はわいせつ目的をもって体に触れる等の行為をした場合

免職又は停職

ストーカー行為

ストーカー行為(ストーカー行為等の規制等に関する法律(平成12年法律第81号)第2条第2項に規定するストーカー行為をいう。以下同じ。)をした場合

停職又は戒告

ストーカー規制等に関する法律第4条に規定する警告を受けたにもかかわらずストーカー行為をした場合

免職又は停職

(4) 飲酒運転による交通事故・交通法規違反関係 団員が酒気を帯びて車両(自動車,原動機付自転車及び自転車をいう。以下同じ。)を運転し,又は酒気を帯びた者が運転する車両に同乗し,若しくは飲酒運転を容認した場合は,次に掲げる基準に従い当該団員の処分を行い,及び非違行為に該当する場合の当該団員及び管理監督者の報告義務違反に対しても処分を行う。

非違行為の類型

非違行為の態様

懲戒処分量定

運転者

同乗者

飲酒運転での交通事故(人身)

酒酔い

ア 酒酔い運転で人を死亡させ,又は重篤な傷害を負わせた場合

免職

免職又は停職

イ アにおいて,措置義務違反をした場合

ウ 酒酔い運転で人に傷害を負わせた場合

エ ウにおいて,措置義務違反をした場合

酒気帯び

ア 酒気帯び運転で人を死亡させ,又は重篤な傷害を負わせた場合

免職

停職

イ アにおいて,措置義務違反をした場合

ウ 酒気帯び運転で人に傷害を負わせた場合

免職又は停職

エ ウにおいて,措置義務違反をした場合

免職

飲酒運転での交通法規違反(上記を除く。)

酒酔い

ア 酒酔い運転をした場合

免職

停職

イ アにおいて,物を破壊し,その後の危険防止を怠る等の措置義務違反をした場合

酒気帯び

ア 酒気帯び運転をした場合

免職又は停職

停職

イ アにおいて,物を破壊し,その後の危険防止を怠る等の措置義務違反をした場合

飲酒運転容認

運転者が飲酒状態にあることを認知しつつ,当該運転者に運転を勧め,又は当該運転者が運転することを幇助した場合

免職又は停職

飲酒運転に関する報告義務違反

団員が飲酒運転により上記基準に該当することとなった場合において,管理監督者への速やかな報告を故意に怠った場合

上記の処分量定に加重

管理監督者が団員から飲酒運転により上記基準に該当することとなった報告を受け,任命権者への速やかな報告を故意に怠った場合

停職又は戒告

(5) 飲酒運転以外の交通事故・交通法規違反関係 処分を行うに際しては,過失の程度や事故後の対応等も情状として考慮の上,判断するものとし,飲酒運転等に対する懲戒処分の標準量定の基準については,次に掲げるとおりとする。

非違行為の類型

非違行為の態様

処分標準量定

飲酒運転以外での交通事故(人身事故を伴うもの)

ア 人を死亡させ,又は重篤な障害を負わせた場合

免職又は停職

イ アの場合において措置義務違反をした場合

免職又は停職

ウ 人に傷害を負わせた場合

免職又は停職

エ ウの場合において措置義務違反をした場合

免職又は停職

飲酒運転以外の交通法規違反

ア 著しい速度超過等の悪質な交通法規違反をした場合

停職又は戒告

イ アの場合において物の損壊に係る交通事故を起こして措置義務違反をした場合

停職又は戒告

(6) 監督責任関係

非違行為の類型

非違行為の態様

処分標準量定

指導監督不適正

部下団員が懲戒処分を受ける等した場合で,管理監督者としての指導監督に適正を欠いていた場合

停職又は戒告

非行の隠蔽,黙認

部下団員の非違行為を知得したにもかかわらず,その事実を隠蔽し,又は黙認した場合

停職又は戒告

部下団員に対する違法な職務命令

自らの職務権限に属することで,部下団員に対して違法な命令を行った場合

免職,停職又は戒告

画像

宇土市消防団規則

昭和41年4月7日 規則第2号

(平成29年7月13日施行)

体系情報
第15類 防災,消防,防犯,交通/第2章
沿革情報
昭和41年4月7日 規則第2号
昭和42年7月1日 規則第12号
昭和44年4月1日 規則第4号
昭和45年7月25日 規則第9号
昭和48年6月30日 規則第11号
昭和51年9月13日 規則第17号
昭和52年4月20日 規則第11号
昭和55年10月31日 規則第20号
平成9年3月26日 規則第7号
平成13年6月25日 規則第21号
平成16年9月13日 規則第15号
平成22年12月27日 規則第21号
平成24年10月1日 規則第17号
平成25年5月9日 規則第22号
平成28年8月24日 規則第42号
平成29年6月30日 規則第11号