○宇土市青少年センター設置規則

昭和53年3月28日

教委規則第2号

(設置)

第1条 青少年の健全育成ならびに非行防止をはかることを目的として,本市に宇土市青少年センター(以下「青少年センター」という。)を置く。

(名称及び位置)

第2条 青少年センターの名称及び位置は次のとおりとする。

名称 宇土市青少年センター

位置 宇土市新小路町95番地

(事業)

第3条 青少年センターは第1条の目的を達成するため,次の事業を行う。

(1) 青少年の補導に関すること。

(2) 青少年の相談に関すること。

(3) 青少年問題についての調査及び資料の収集整備に関すること。

(4) 関係機関,団体との連絡協調に関すること。

(5) その他青少年の健全育成に関すること。

(主管部局)

第4条 青少年センターに関する事務は宇土市教育委員会生涯活動推進課で処理する。

(職員)

第5条 青少年センターに所長及びその他必要な職員を置く。

(指導員)

第6条 青少年センターに指導員2人以内を置く。

(任用)

第7条 指導員は,青少年育成に関して経験と青少年指導に対する知識を有するものの中から教育長の推薦により,宇土市教育委員会が任用する。

(任期)

第8条 指導員の任期は,1会計年度以内とする。ただし,再任を妨げない。

(職務及び勤務時間)

第9条 指導員は,所長の指示を受け,次に掲げる職務を行うものとする。

(1) 補導計画,補導活動及び補導委員の指導

(2) 相談者への対応(電話,面接,訪問)

(3) 各種啓発・広報資料の収集,集計及び作成

(4) 関係機関,団体との連携及び連絡調整

(5) 青少年に対する有害環境の浄化に関する業務

(6) 各種会議,研修会等の開催及び参加

(7) 育成活動に関する講師及び資料作成

(8) 各種行事の計画及び実施

(9) その他所長が必要と認める業務

2 指導員の勤務時間は,週29時間以内とする。

3 指導員の勤務時間の割り振りは,所長が定める。

(服務等)

第10条 指導員は,地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条の2第1項第1号に定める会計年度任用職員とし,その職の本旨に従い,常に職務を誠実公正に遂行しなければならない。

2 指導員は,その職務を遂行するに当たっては,関係法令等を遵守し,かつ,上司の職務命令に従わなければならない。

3 指導員は,職務上知り得た秘密をもらしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(報酬,期末手当及び費用弁償)

第11条 指導員には,宇土市会計年度任用職員の給与等に関する条例(令和元年条例第13号。以下「条例」という。)に定めるところによりその報酬及び期末手当を支給する。

2 指導員が通勤手当の支給要件に該当するとき,又は公務のための旅行に係る費用を負担するときは,条例の定めるところによりその費用弁償を支給する。

(運営協議会)

第12条 青少年センターの円滑な運営を期するため,運営協議会をおく。

2 運営協議会は,青少年センターの事業計画のほか,第1条に掲げる事項についての青少年センターの諮問に応じ調査,審議する。

3 運営協議会は,宇土市青少年問題協議会をもってこれにあてる。

(会議)

第13条 運営協議会の会議は,宇土市青少年問題協議会の会長が招集し,これを主宰する。

(補導委員)

第14条 青少年センターの目的を達成するため,宇土市青少年センター補導委員(以下「補導委員」という。)を置く。

2 前項の委員は42人以内とする。

3 補導委員は有償ボランティアとする。

4 補導委員の報償は1日1,200円とする。

5 補導委員が職務のため旅行したときは,宇土市職員等の旅費に関する条例施行規則(平成12年規則第29号)に定める額の費用弁償を支給する。

(組織)

第15条 補導委員は次に定める基準により推薦された者の中から市長が任命する。

(1) 教職員の中から当該学校長の推薦による補導委員

宇土小学校 宇土東小学校 花園小学校 緑川小学校 網津小学校 走潟小学校 網田小学校 住吉中学校 網田中学校 鶴城中学校 宇土高校

各1人

(2) PTA会員の中から当該PTA会長の推薦による補導委員

宇土小学校区(旧轟小学校区除く) 宇土東小学校区 花園小学校区 旧轟小学校区 緑川小学校区 網津小学校区 走潟小学校区 網田小学校区 鶴城中学校区 住吉中学校区 網田中学校区

各1人

(3) 地区民の中から当該地区青少年健全育成協議会長の推薦による補導委員

宇土地区

4人

花園地区 網田地区

各3人

轟地区 緑川地区 網津地区 走潟地区

各2人

(4) 教育長が特に必要と認めた場合,教育長の推薦による補導委員 2人以内

(補導委員会)

第16条 青少年の補導及び青少年問題について審議するため,補導委員会を置く。

2 補導委員会は第14条に掲げる補導委員及び青少年センターをもって組織する。

3 補導委員会に会長を置き,会長は青少年センター所長をもってあてる。

(補導活動)

第17条 補導委員は,青少年センターの事業計画に従い,補導活動に従事する。

(1) 補導にあたっては,その事態を判断処理し,必要な場合は,青少年センターに連絡し,適宜な措置を行う。

(2) 前項について,関係機関(警察,学校,家庭等)の連絡はすべて青少年センターが行う。ただし,緊急を要する場合はこの限りでない。

(3) 補導委員は任務上知りえた秘密をもらしてはならない。

(幹事会)

第18条 補導に関し,実践活動を推進するため,幹事会を置く。

(2) 幹事会は委員若干人をもって組織し,委員は第14条に掲げる補導委員の中から青少年センター所長が選任する。

(3) 幹事会に会長を置き,会長は青少年センター所長をもってあてる。

(会議)

第19条 第16条及び前条の会議は,必要の都度会長が招集する。

(補導委員の任期)

第20条 補導委員の任期は2年とし,再任することができる。ただし,補欠補導委員の任期は,前任者の残任期間とする。

(委任)

第21条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,別に定める。

附 則

1 この規則は,昭和53年4月1日より施行する。

2 宇土市青少年問題協議会補導員規程(昭和37年教委規程第1号)は,廃止する。

附 則(昭和54年教委規則第2号)

この規則は,公布の日から施行し,昭和54年4月1日から適用する。

附 則(昭和56年教委規則第3号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(昭和58年教委規則第8号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(昭和58年教委規則第10号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(昭和59年教委規則第1号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(昭和62年教委規則第2号)

この規則は,公布の日から施行し,昭和62年4月1日から適用する。

附 則(平成元年教委規則第1号)

この規則は,平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成9年教委規則第4号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成13年教委規則第9号)

この規則は,平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成17年教委規則第5号)

この規則は,平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成29年教委規則第2号)

この規則は,平成29年4月1日から施行する。

附 則(令和2年教委規則第5号)

この規則は,令和2年4月1日から施行する。

宇土市青少年センター設置規則

昭和53年3月28日 教育委員会規則第2号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第16類 育/第3章 社会教育/第1節 生涯学習
沿革情報
昭和53年3月28日 教育委員会規則第2号
昭和54年5月9日 教育委員会規則第2号
昭和56年9月10日 教育委員会規則第3号
昭和58年9月12日 教育委員会規則第8号
昭和58年9月12日 教育委員会規則第10号
昭和59年9月7日 教育委員会規則第1号
昭和62年4月11日 教育委員会規則第2号
平成元年3月8日 教育委員会規則第1号
平成9年11月25日 教育委員会規則第4号
平成13年3月27日 教育委員会規則第9号
平成17年3月31日 教育委員会規則第5号
平成29年3月22日 教育委員会規則第2号
令和2年2月14日 教育委員会規則第5号