○宇土市公民館条例

昭和51年3月24日

条例第20号

(趣旨)

第1条 この条例は,社会教育法(昭和24年法律第207号。以下「法」という。)第24条の規定に基づき,公民館の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 本市に公民館を設置し,その名称,位置及び事業の主たる対象区域は,別表第1のとおりとする。

(職員)

第3条 宇土市中央公民館(以下「中央公民館」という。)及び各地区公民館に館長を置き,次長,参事,主事及びその他必要な職員を置くことができる。

(職務)

第4条 館長は,公民館の行う各種事業の企画実施その他必要な事務を処理する。

2 中央公民館長は,前項に規定する事務のほか地区公民館に対して指導,助言を行うとともに,相互の連絡調整及び事業の推進に当たる。

3 公民館次長は,館長を補佐し,その所管事務を処理する。

4 公民館職員は,上司の命を受け,所管事務を処理する。

(開館時間)

第5条 公民館の開館時間は,午前9時から午後10時までとする。

(休館日)

第6条 休館日は,次に掲げるとおりとする。ただし,館長が必要と認めたときは,これを変更することができる。

(1) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に定める休日

(2) 12月28日から翌年1月4日まで

(公民館運営審議会)

第7条 法第29条の規定に基づき,公民館運営審議会(以下「審議会」という。)を中央公民館に置く。

2 審議会の委員の定数は,15人以内とし,学校教育及び社会教育の関係者,家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験のある者のうちから,教育委員会が委嘱する。

3 委員の任期は,2年とする。ただし,補欠委員の任期は,前任者の残任期間とする。

4 委員は,再任されることができる。

(使用の許可)

第8条 公民館を使用しようとする者は,教育委員会の許可を受けなければならない。許可された事項を変更しようとするときも,同様とする。

2 教育委員会は,管理上又は公益上必要があると認めるときは,許可の際使用条件を付することができる。

(使用許可の取消し)

第9条 教育委員会は,前条第1項に規定する者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは,使用の許可をしないか,又は使用の許可を取り消すことができる。

(1) この条例に違反し,又は指示を守らないとき。

(2) 法第23条の規定に違反したとき。

(3) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。

(4) 公益上必要があるとき。

(5) 虚偽その他不正な手段による許可を受けたとき。

(6) 集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になるとき。

(7) 前各号に掲げるもののほか,管理上必要があるとき。

2 使用の許可の取消しによって生じた損害については,教育委員会はその責めを負わない。

(使用料)

第10条 使用者は,別表第2及び別表第3に定めるところにより使用料を納付しなければならない。

2 使用料は,使用の許可の際に納めなければならない。

(使用料の減免)

第11条 公益上特に必要があると市長が認めたときは,別表第2及び別表第3に定める使用料を減額し,又は免除することができる。

(使用料の還付)

第12条 既納の使用料は,還付しない。ただし,教育委員会が特別の理由があると認めるときは,この限りでない。

(損害賠償)

第13条 使用者は,使用期間中公民館の建物又は設備を毀損し,若しくは滅失したときは,教育委員会の指示に基づいて,これを原状に回復し,又はその損害を賠償しなければならない。

(指定管理者による管理)

第14条 教育委員会は,公民館の管理運営上必要と認めるときは,地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により,法人その他の団体であって教育委員会が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に公民館の管理を行わせることができる。

2 前項の規定により公民館の管理を指定管理者に行わせる場合は,第5条及び第6条の規定にかかわらず,当該指定管理者は必要があると認めるときは,あらかじめ教育委員会の承認を得て,公民館の開館時間を変更し,又は休館日を変更し,若しくは臨時に休館することができる。

3 第1項の場合における第8条及び第9条の規定の適用については,これらの規定中「教育委員会」とあるのは,「指定管理者」と読み替えるものとする。

4 第1項の場合において,当該指定管理者が当該管理を行うこととされた期間前に第8条第1項(前項の規定により読み替えを適用される場合を含む。)の規定による許可を受けている者は,当該指定管理者の許可を受けたものとみなす。

(指定管理者が行う業務)

第15条 前条の規定により指定管理者に公民館の管理を行わせる場合に,当該指定管理者が行う業務は,次に掲げる業務とする。

(1) 法第22条各号に掲げる事業の実施に関する業務

(2) 公民館の使用の許可に関する業務

(3) 公民館の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)に関する業務

(4) 公民館の施設等の維持及び修繕に関する業務

(5) 前各号に掲げるもののほか,公民館の管理上教育委員会が必要と認める業務

(利用料金)

第16条 第14条第1項の規定により指定管理者に公民館の管理を行わせる場合は,公民館を利用する者は,指定管理者に利用料金を納めなければならない。

2 利用料金は,別表第2及び別表第3に掲げる額の範囲内において,指定管理者が市長の承認を受けて定めるものとする。

3 市長は,指定管理者に利用料金を当該指定管理者の収入として収受させるものとする。

4 指定管理者は,あらかじめ市長の承認を得て定めた基準により,利用料金を減免し,又は還付することができる。

(委任)

第17条 この条例の施行について必要な事項は,教育委員会規則で定める。

附 則

この条例は,公布の日から施行する。ただし,第4条の改正規定は,昭和51年10月1日から施行する。

附 則(昭和54年条例第7号)

この条例は,昭和54年4月1日から施行する。

附 則(昭和55年条例第20号)

この条例は,昭和55年7月1日から施行する。

附 則(昭和58年条例第31号)

この条例は,昭和58年7月1日から施行する。

附 則(昭和60年条例第12号)

この条例は,昭和60年4月1日から施行する。

附 則(平成元年条例第33号)

この条例は,平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成2年条例第13号)

この条例は,平成2年4月1日から施行する。ただし,改正後の第3条第3項の規定は,平成元年4月1日付けで任命された公民館長については,平成元年4月1日から適用する。

附 則(平成3年条例第16号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成8年条例第22号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成9年条例第8号)

(施行期日)

1 この条例は,平成9年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

附 則(平成11年条例第32号)

この条例は,平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成12年条例第34号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成13年条例第26号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成14年条例第16号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成15年条例第4号)

この条例は,平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成15年条例第12号)

この条例は,平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成17年条例第26号)

この条例は,平成18年4月1日から施行する。ただし,第9条の改正規定(同条を第11条とする部分を除く。)は,公布の日から施行する。

附 則(平成19年条例第35号)

この条例は,平成20年1月1日から施行する。

附 則(平成21年条例第18号)

この条例は,平成21年7月1日から施行する。

附 則(平成23年条例第13号)

(施行期日)

1 この条例は,平成23年4月1日から施行する。

(宇土市農村環境改善センター条例の一部改正)

2 宇土市農村環境改善センター条例(昭和59年条例第6号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成25年条例第23号)

この条例は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(令和元年条例第13号)

この条例は,令和2年4月1日から施行する。

附 則(令和2年条例第35号)

この条例は,令和2年10月1日から施行する。

附 則(令和2年条例第40号)

この条例は,令和3年4月1日から施行する。ただし,第7条中宇土市公民館条例第14条第1項の改正規定は,公布の日から施行する。

別表第1(第2条関係)

名称

設置場所

対象区域

宇土市中央公民館

宇土市新小路町96番地1

宇土市内一円

宇土市中央公民館分館

宇土市新小路町124番地

宇土市内一円

宇土市中央公民館やきもの教室

宇土市新小路町124番地

宇土市内一円

宇土市宇土公民館

宇土市浦田町51番地

宇土地区一円(馬之瀬町を含む。)

宇土市花園公民館

宇土市古保里町977番地

花園地区一円

宇土市轟公民館

宇土市石橋町10番地2

轟地区一円(恵塚町のうち飯塚地域を含む。)

宇土市緑川公民館

宇土市野鶴町294番地1

緑川地区一円(馬之瀬町及び恵塚町のうち飯塚地域を除く。)

宇土市網津公民館

宇土市住吉町23番地1

網津地区一円

宇土市網津公民館網引分館

宇土市網引町790番地1

網引地区一円

宇土市網田公民館

宇土市下網田町566番地1

網田地区一円

宇土市走潟公民館

宇土市走潟町822番地

走潟地区一円

別表第2(第10条関係)

使用時間

区分(室内面積)

50m2未満

50m2以上200m2未満

200m2以上

9:00~13:00

300円

500円

1,000円

13:00~17:00

300円

500円

1,000円

17:00~22:00

400円

600円

1,200円

別表第3(第10条関係)

種別

使用料

冷暖房料(室内面積50m2未満)

1時間につき

200円

冷暖房料(室内面積50m2以上200m2未満)

1時間につき

300円

冷暖房料(室内面積200m2以上)

1時間につき

1,000円

ガス

1回につき

500円

ストーブ

1時間につき

50円

陶芸窯本焼

1回につき

5,250円

宇土市公民館条例

昭和51年3月24日 条例第20号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第16類 育/第3章 社会教育/第1節 生涯学習
沿革情報
昭和51年3月24日 条例第20号
昭和54年3月24日 条例第7号
昭和55年6月19日 条例第20号
昭和58年6月27日 条例第31号
昭和60年3月28日 条例第12号
平成元年3月27日 条例第33号
平成2年3月12日 条例第13号
平成3年3月26日 条例第16号
平成8年12月20日 条例第22号
平成9年3月26日 条例第8号
平成11年12月27日 条例第32号
平成12年9月25日 条例第34号
平成13年9月25日 条例第26号
平成14年3月7日 条例第16号
平成15年3月27日 条例第4号
平成15年3月27日 条例第12号
平成17年7月4日 条例第26号
平成19年12月21日 条例第35号
平成21年6月25日 条例第18号
平成23年3月28日 条例第13号
平成25年3月21日 条例第23号
令和元年12月13日 条例第13号
令和2年9月23日 条例第35号
令和2年12月15日 条例第40号