○宇土市教育委員会視聴覚教育器材の貸出に関する規則

平成13年3月2日

教委規則第5号

(趣旨)

第1条 この規則は,宇土市教育委員会(以下「委員会」という。)に保有する視聴覚教育器材(以下「器材」という。)の貸出に関し,必要な事項を定めるものとする。

(器材の貸出)

第2条 器材は,学校,公民館,図書館,官公署及び社会教育関係団体その他委員会が適当と認めるものに無償で貸出しすることができる。

2 器材の貸出しを受けようとする者は,視聴覚教育器材借用申請書(様式第1号)を提出し,委員会の許可を受けなければならない。

3 器材の貸出期間は,7日以内とする。ただし,特別の事由により委員会が必要と認めた場合は,この期間を超えて貸出すことができる。

(貸出器材の管理及び報告)

第3条 貸出期間中の器材の管理は,借受者において責任を負うものとする。

2 貸出しを受けた器材を紛失し,又は破損した場合は,速やかに委員会に事故報告書(様式第2号)を提出し,その指示に従い現物又は相当の代価をもって弁償しなければならない。

(器材の返納及び報告)

第4条 貸出しを受けた器材を返納するときは,原則として持参し点検を受けなければならない。

2 器材の返納に当たっては,利用状況報告書(様式第3号)を提出しなければならない。

(映写機操作の条件)

第5条 映写機の操作は,委員会が開催する映写機操作講習会の受講修了者で,かつ,熊本県教育委員会が発行する映写機操作認定書を有する者に限る。

(器材の貸出使用禁止)

第6条 器材の貸出は,次に掲げる目的で使用するときは,貸出することができない。

(1) 特定の政党を支持し,又はこれに反対するための政治教育その他の政治活動に使用する場合

(2) 特定の宗教のための宗教教育,その他の宗教活動に使用する場合

(3) 個人又は団体の営利活動に使用する場合

(費用の負担)

第7条 器材の貸出及び返納に要する費用並びに貸出期間中の修理等に要する費用は,すべて借受者の負担とする。

(器材貸出の停止)

第8条 委員会は,借受者がこの規則に違反したときは,貸出しを停止することができる。

附 則

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成23年教委規則第1号)

この規則は,平成23年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

宇土市教育委員会視聴覚教育器材の貸出に関する規則

平成13年3月2日 教育委員会規則第5号

(平成23年4月1日施行)