○宇土市健康づくり農園条例

平成14年3月7日

条例第5号

(設置)

第1条 環境保全に関する学習の場として農業と豊かな自然に親しむ機会を市民に提供し,都市と農村の交流を図り,もって農業の振興及び食文化の向上に資するため,宇土市健康づくり農園(以下「農園」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 農園の名称及び位置は,次に掲げるとおりとする。

(1) 名称 宇土市健康づくり農園

(2) 位置 宇土市椿原町801番地1

(業務)

第3条 農園は,次に掲げる業務を行う。

(1) 農業を通じた環境保全に関する研修及び情報発信等の場を市民に提供すること。

(2) 農産物の生産者と消費者との交流の場を提供すること。

(3) 農産物の生産について体験する場を市民に提供すること。

(4) 緑と触れ合い,心豊かな潤いのある場を市民に提供すること。

(5) 前4号に掲げるもののほか市長が必要と認める事業

(施設)

第4条 前条の業務を行うため,農園に次に掲げる施設を置く。

(1) 管理棟

(2) イベント広場

(3) テナント広場

(4) バーベキューコーナー

(5) 駐車場

(6) その他関連施設

(利用の制限)

第5条 市長は,次の各号のいずれかに該当する者に対しては,農園への入園を禁止し,又は退園を命ずることができる。

(1) 他人に危害を及ぼし,又は他人に迷惑になるおそれのある者

(2) 他人に危害を及ぼし,又は他人に迷惑になるおそれのある動物(身体障害者補助犬法(平成14年法律第49号)第2条に規定する身体障害者補助犬(同法第12条第1項の規定による表示をした犬に限る。)を除く。)その他の物を携行する者

(3) 施設又はその付属設備を損傷し,又は滅失するおそれのある者

(4) 前3号に掲げるもののほか,農園の管理上支障があると認められる者

(使用料)

第6条 農園を利用しようとする者は,第4条の施設の区分に応じ使用料を市長に支払わなければならない。

2 前項に規定する使用料の額は,別表に定める額とする。

(行為の規制)

第7条 何人も農園において,次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 所定の場所以外で火気を使用すること。

(2) 所定の場所以外にごみ,空缶その他汚物を投棄し,又は放置すること。

(3) その他市長が農園の管理上特に支障があると認める行為

(行為の許可)

第8条 農園内において次に掲げる行為をしようとするときは,規則で定めるところにより,市長の許可を得なければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも,同様とする。

(1) 市長が定める者以外のものが管理棟を使用するとき。

(2) 展示会,コンサートその他のイベント等を開催するとき。

(3) 農産物,農機具その他の物品等の販売をしようとするとき。

(4) バーベキュー等火気を使用するとき。

2 市長は,前項の許可をするときは,農園の管理上必要な条件を付し,又は変更することができる。

(許可の基準)

第9条 市長は,次のいずれかに該当すると認めるときは,前条第1項の許可をしてはならない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を害するおそれのあるとき。

(2) 他の利用者の利用に支障を及ぼすおそれのあるとき。

(3) 施設又はその付属設備を損傷し,又は滅失するおそれのあるとき。

(4) 集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になるとき。

(5) 前各号に定めるもののほか,農園の管理上支障があると認めるとき。

(許可の取消し)

第10条 市長は,第8条第1項の許可を受けた者が次のいずれかに該当するときは,当該許可を取り消すことができる。

(1) この条例若しくはこれに基づく規則又はこれらに基づく命令に違反したとき。

(2) 第8条第2項に規定する許可の条件に違反したとき又は前条各号に該当することとなったとき。

(3) 不正の許可により当該許可を受けたとき。

(4) その他管理上の支障があるとき。

2 市長は,公益上の理由により必要と認めたときは,前項の処分を行うことができる。

3 市は,前2項の規定に基づき許可を取り消した場合において,当該取消しに伴う損害賠償の責を負わないものとする。

(原状回復の義務)

第11条 利用者は,使用施設の使用の期間が満了した場合又は前条の規定により使用の許可を取り消された場合には,自己の費用をもって使用施設を原状に回復しなければならない。

(損害の賠償)

第12条 農園の施設を損傷し,又は滅失した者は,市長の指示するところに従い,これを原状に回復し,又はその損害を賠償しなければならない。

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は,規則で定める。

(罰則)

第14条 この条例若しくはこれに基づく規則又はこれらに基づく命令に違反した者は,50,000円以下の過料に処する。

附 則

この条例は,平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成14年条例第30号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成15年条例第4号)

この条例は,平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成18年条例第2号)

この条例は,平成18年4月1日から施行する。

別表(第6条関係)

種別

単位

金額

管理棟

1時間当たり

500円

イベント広場

1時間当たり

500円

テナント広場

1時間1面当たり

600円

バーベキューコーナー

1時間1面当たり

250円

備考 1時間未満の端数は,1時間として計算する。

宇土市健康づくり農園条例

平成14年3月7日 条例第5号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第13類 産業経済/第1章 農林水産/第1節 農林業
沿革情報
平成14年3月7日 条例第5号
平成14年12月20日 条例第30号
平成15年3月27日 条例第4号
平成18年3月7日 条例第2号