○宇土市立学校の学校評議員に関する規程

平成14年3月22日

教委訓令第1号

(趣旨)

第1条 この規程は,学校,家庭及び地域が連携・協力し,その三者が一体となって児童又は生徒の健やかな成長を担って行くため,及び学校の教育方針等を地域住民へ説明する責務を全うし,地域に開かれた学校づくりをより一層推進するため,宇土市立小・中学校管理運営規則(平成14年教育委員会規則第3号)第20条の規定に基づき,宇土市立小・中学校(以下「学校」という。)の学校評議員に関し必要な事項を定めるものとする。

(役割)

第2条 学校評議員は,学校,家庭及び地域の連携・協力を推進する立場から,校長の学校運営に関する権限と責任を前提とし,校長の求めに応じ,一人一人の責任において学校運営に関する事項に関する意見を述べることができる。

(定数)

第3条 学校評議員の定数は,1学校につき5人以内とする。

(推薦)

第4条 校長は,学校評議員を推薦しようとするときは,当該学校の校区内の者で次に掲げるもののうちから選考しなければならない。

(1) 校長の学校運営及び学校の教育活動に関し,適切な情報提供及び助言ができる者

(2) 学校と地域社会及び家庭との望ましい連携のあり方等に関し,適切な情報提供及び助言ができる者

(3) 前2号に掲げる者のほか教育に関する理解や見識を有する者

2 前項の規定にかかわらず,次の各号に掲げる者は,推薦することができない。

(1) 学校の教職員及び児童又は生徒

(2) 教育委員会委員

(3) 教育委員会事務局職員

(任期)

第5条 学校評議員の任期は,1年とする。ただし,再任は妨げない。

(解職)

第6条 教育委員会は,本人の辞意の申し出のほか特別な事情があると認めるときは,学校評議員を解職することができる。

(運営)

第7条 校長は,学校評議員に意見を求めるときは,学校の教育基本方針,教育計画及び教育活動並びに児童又は生徒の活動状況に関し,説明を行うものとする。

2 校長は,個別又は複数の学校評議員から意見を求めることができる。

3 校長が必要と認める場合は,学校評議員が一同に会して意見を述べ,また,意見交換を行うための機会(以下「学校評議員会」という。)を設けることができる。

4 学校評議員会は,校長が主宰する。

5 校長は,必要に応じ,教職員に学校評議員会の運営を補佐させることができる。

(運営に関する学校規程)

第8条 校長は,法令,条例,規則及びこの規程に違反しない限りにおいて,当該校の学校評議員の運営方法について必要な事項を定めることができる。

(守秘義務)

第9条 学校評議員は,職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も,また,同様とする。

(広報)

第10条 校長は,保護者又は住民に対し,学校評議員の活動状況を知らせるよう努めるものとする。

2 校長は,前項の規定により学校評議員の活動状況を知らせる場合は,個人情報保護に留意するとともに,学校評議員の自由な意見表現が阻害されないよう留意しなければならない。

(報償等)

第11条 学校評議員に対する報償等は,予算の範囲内で市長が定める。

(委任)

第12条 この規程に定めるもののほか必要な事項は,教育長が定める。

附 則

この訓令は,平成14年4月1日から施行する。

宇土市立学校の学校評議員に関する規程

平成14年3月22日 教育委員会訓令第1号

(平成14年4月1日施行)