○宇土市庁舎管理に関する服務規程

平成15年3月31日

訓令第3号

(趣旨)

第1条 この規程は,宇土市庁舎の管理を行う者(以下「管理人」という。)の服務に関し必要な事項を定めるものとする。

(管理の日及び時間)

第2条 管理を必要とする日及び時間は,次に掲げるとおりとする。

(1) 日直 宇土市の休日を定める条例(平成2年条例第25号)第1条第1項各号に掲げる日の午前8時30分から午後5時まで

(2) 宿直 毎日午後5時から翌日午前8時30分まで

(管理人の業務)

第3条 管理人は,総務部財政課長(以下「財政課長」という。)の指揮監督を受け,次に掲げる業務に従事する。

(1) 次の時間の庁舎内及び構内(議会棟,別館,福祉センター,児童センター及び駐車場を含む。)の戸締り,火気等点検の定期巡回

 日直 第1回午前8時30分 第2回午前11時 第3回午後1時 第4回午後4時

 宿直 第1回午後7時 第2回午後9時30分 第3回午後12時 第4回午前6時

(2) 電報及び郵便物等の収受,保管及び送達

(3) 行旅病人及び死亡人の受付及び連絡

(4) 婚姻届,離婚届,出生届,死亡届,死産届その他届出書の受理

(5) 埋火葬許可証の交付

(6) 時間外勤務者の出退勤時間の確認

(7) 入庁者の氏名,用件及び入退庁時間の確認

(8) 電話及び来庁者の応対及び連絡

(9) 伝染病発生の受付及び連絡

(10) 気象情報及び災害情報の受理及び連絡

(11) 前各号に掲げるもののほか,必要な事項

(遵守事項)

第4条 管理人の遵守事項は,次に掲げるとおりとする。

(1) 業務中は,必ず制服を着用しなければならない。

(2) 常に礼儀正しく,外来者には親切丁寧に応対し,用件を速かに処理しなければならない。

(3) 特別の場合を除き,一般の出入口は閉鎖し,管理人室横の出入口から人の出入りをさせなければならない。

(4) みだりに管理人室を離れ,又は無用の者を入室させてはならない。

(5) 巡回は,管理人2人のうちいずれか1人が行い,他の者はその間管理人室を離れてはならない。

(6) 職員であっても正当な理由がない限り,庁舎内への入室を拒否しなければならない。

(緊急事態の処理)

第5条 管理人は,管理中に異常又は事故等の発生に気付いたときは,適切な処理を行い,直ちに財政課長に報告しなければならない。

(報告)

第6条 管理人は,業務中に処理した事件及び事故等の内容並びに庁内の状況を,漏れなく業務日誌に記載し,業務終了後,財政課長に提出しなければならない。

(常備品)

第7条 財政課長は,管理人室に次に掲げる物を備えるものとする。

(1) 出入口の鍵及び機械警備用カード

(2) 業務日誌

(3) 死亡届及び埋火葬許可証等の届出書類

(4) 携行電灯

(5) 前各号に掲げるものほか,財政課長が必要と認めるもの

(その他)

第8条 この規程に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は,平成15年4月1日から施行する。

(宇土市警備員服務規程の廃止)

2 宇土市警備員服務規程(昭和47年訓令第7号)は,廃止する。

附 則(平成20年訓令第3号)

この訓令は,平成20年3月1日から施行する。

附 則(平成25年訓令第2号)

(施行期日)

1 この訓令は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年訓令第3号)

(施行期日)

1 この訓令は,平成26年4月1日から施行する。

宇土市庁舎管理に関する服務規程

平成15年3月31日 訓令第3号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第5類 務/第1章
沿革情報
平成15年3月31日 訓令第3号
平成20年2月29日 訓令第3号
平成25年3月29日 訓令第2号
平成26年3月19日 訓令第3号