○宇土市飲用水対策事業補助金交付要綱

平成15年6月26日

告示第80号

(目的)

第1条 この要綱は,飲用に供する井戸水等の安全を確保し,市民の健康を保持するため,ヒ素浄水器(以下「浄水器」という。)の設置者に対し支給する補助金の交付に関し,必要な事項を定めるものとする。

(補助の対象者)

第2条 補助金の交付を受けることができる者は,次の要件を全て満たすものとする。

(1) 宇土市に居住し,家庭専用飲用井戸水等(以下「井戸水等」という。)を使用している者(水道法(昭和32年法律第177号)第3条第9項に規定する「給水装置」の使用者を除く。)

(2) 居住する住宅の敷地に隣接する道路に,水道事業に係る配水管が布設されていないこと。

(3) 井戸水等の水質検査を行い,素の項目が「地下水の水質汚濁に係る環境基準について(平成9年環境庁告示第10号)」に定める環境基準を超過した結果が出ていること。

(浄水器の種類)

第3条 補助金の対象となる浄水器は,ヒ素の除去ができるものとする。

(補助の台数)

第4条 補助金の対象となる浄水器の台数は,1世帯当たり1台とする。この場合において,一の住居において2世帯以上の世帯が居住する場合は,1世帯とみなす。

(補助金の額)

第5条 補助金の額は,浄水器の購入金額の2分の1とし,50,000円を限度とする。

(補助金の交付申請)

第6条 補助金の交付を受けようとする者は,宇土市飲用水対策事業補助金交付申請書(様式第1号)に,次に掲げる関係書類を添付して市長に提出し,申請するものとする。

(1) 水質試験機関が検査した飲用水に係る水質検査結果書(写し)

(2) 浄水器の設置に係る経費を証する書類(見積書等)

(3) 宇土市に居住していることを証明する書類

(補助金の交付決定)

第7条 市長は,前条の規定による交付申請があった場合は,その内容を審査し,補助金を交付することが適当と認めたときは,宇土市飲用水対策事業補助金等交付決定通知書(様式第2号)により通知するものとする。

(補助金の交付請求手続き)

第8条 前条の規定により補助金の交付決定を受けた者は,交付決定を受けた日から30日以内に浄水器を購入し,設置した後,実績報告書に購入したことを証する領収書等を添付し,市長に補助金の請求をするものとする。

(補助金の交付)

第9条 市長は,前条の規定による補助金の交付請求を受けたときは,その内容を審査し,適当と認めたときは,請求者に対し補助金を交付する。

(補助金の返還命令)

第10条 市長は,偽りその他不正な手段により補助金の交付を受けた者があるときは,その者から補助金の全額を返還させなければならない。

附 則

この要綱は,平成15年7月1日から施行する。

附 則(令和元年告示第40号)

この要綱は,令和2年4月1日から施行する。

画像

画像

宇土市飲用水対策事業補助金交付要綱

平成15年6月26日 告示第80号

(令和2年4月1日施行)