○宇土市指定管理者選定委員会設置要綱

平成17年4月1日

訓令第19号

(設置)

第1条 宇土市公の施設の指定管理者制度に係る候補者(以下「候補者」という。)の適正かつ公正な選定及び適正な管理運営の履行に関する必要な事項を審査するため,宇土市指定管理者選定委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 委員会は,次に掲げる事務を所掌する。

(1) 候補者を選定するため必要な事項を審査すること。

(2) 指定管理者制度に係る協定の履行上の疑義及び履行不能等の処理について審査すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか,指定管理者の選定等に関し委員長が特に必要と認める事項について審査すること。

(組織)

第3条 委員会は,指定管理者に管理運営を行わせようとする公の施設(以下「指定予定施設」という。)に係る候補者の選定ごとに設置する。ただし,複数の施設の管理運営を同一の指定管理者に行わせようとするときは,複数の施設で一の委員会を設置することができる。

2 委員会は,委員7人以内をもって組織する。この場合において,その半数以上の者は,次項第4号に掲げるものとする。

3 委員は,次に掲げる者とする。

(1) 副市長

(2) 企画部長

(3) 前条の審査に係る指定予定施設を所管する課の属する部(部に相当する組織を含む。)の長

(4) 市長が学識経験者等から委嘱する者

4 委員長は,副市長をもって充てる。

5 委員長に事故があるときは,あらかじめ委員長が指定する委員がその職務を代理する。

(任期)

第4条 委員の任期は,任命又は委嘱の日から指定予定施設に係る指定管理者の選定の事務が終了するまでとする。ただし,再任を妨げない。

(会議)

第5条 委員会の会議は,委員長が招集し,議長となる。

2 委員長は,委員の半数以上の出席がなければ会議を開くことができない。

3 議事は,出席委員の過半数で決し,可否同数のときは委員長の決するところによる。

4 委員長は,必要があると認めたときは,委員以外の者を会議に出席させ,その説明又は意見を聞くことができる。

5 委員会の会議は,公開しないものとする。

(禁止事項)

第6条 委員長及び委員(以下「委員等」という。)は,自己に直接又は間接に利害関係がある案件については,会議の議事に参加してはならない。ただし,委員会の同意があったときは,会議に出席し,発言することができる。

2 委員等は,直接又は間接を問わず,候補者の指定を受けようとする者の申請に関与してはならない。また,委員等が申請に関与したことが判明した場合は,委員会は委員等が関与した者の申請を選考対象外とする。

3 委員会の会議に出席した者は,何人も審査内容を他に漏らしてはならない。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は,企画部企画課において処理する。

(教育委員会所管の公の施設への適用)

第8条 この要綱を教育委員会が所管する公の施設に適用する場合には,第3条第3項第2号中「企画部長」とあるのは「教育長」とする。

(委任)

第9条 この要綱に定めるもののほか,委員会の運営について必要な事項は,委員長が別に定める。

附 則

この要綱は,平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年訓令第4号)

この訓令は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年訓令第2号)

(施行期日)

1 この訓令は,平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成24年訓令第8号)

この訓令は,公布の日から施行する。

附 則(平成25年訓令第2号)

(施行期日)

1 この訓令は,平成25年4月1日から施行する。

宇土市指定管理者選定委員会設置要綱

平成17年4月1日 訓令第19号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第9類 務/第4章 契約,財産
沿革情報
平成17年4月1日 訓令第19号
平成19年3月26日 訓令第4号
平成21年3月30日 訓令第2号
平成24年7月3日 訓令第8号
平成25年3月29日 訓令第2号