○宇土市小規模工事等契約希望者登録要綱

平成18年6月30日

告示第103号

(趣旨)

第1条 この要綱は,市が発注する小規模な工事又は修繕(備品に係る修繕を除く。以下「小規模工事等」という。)について,市内の小規模事業者の受注機会の拡大を図るために行う契約を希望する者(以下「契約希望者」という。)の登録等に関し必要な事項を定めるものとする。

(対象となる契約)

第2条 小規模工事等の対象となる契約は,別表に掲げる工事に関するものとし,その内容が軽易で,かつ,履行の確保が容易であると認められるものであって,1件の予定価格が50万円以下のものとする。

(登録できる者)

第3条 登録をすることができる者は,市内に主たる事業所又は住所を有する者とし,建設業許可の有無,経営組織及び従業員数は問わないものとする。ただし,次の各号のいずれかに該当する者を除く。

(1) 成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ていない者

(2) 宇土市契約事務規則(平成14年規則第16号。以下「規則」という。)第36条の規定による工事の指名業者登録名簿に登載されている者

(3) 希望する業種を履行するために必要な資格又は免許等を有していない者

(4) 市税を滞納している者

(5) 公共発注の相手方として不適当と認められる者

(登録申請書類)

第4条 契約希望者は,宇土市小規模工事等契約希望者登録申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添付し,市長に提出しなければならない。

(1) 希望する業種を履行するために必要な資格又は免許等を有している場合は,それを証明する書類の写し

(2) 市税等滞納有無調査承諾書(様式第2号)又は市税の納税証明書(証明書の交付日から1月以内のもの)

(3) 登録しようとする者が法人の場合は,その登記事項証明書(全部)

(4) 登録しようとする者が個人の場合は,運転免許証,健康保険証等の氏名及び住所が確認できる書類の写し

(5) 前各号に掲げるもののほか,市長が必要と認める書類

(登録申請の受付期間)

第5条 登録申請の受付期間は,当該登録の有効期間の開始日の属する年において,市長が別に定める。

2 前項の規定にかかわらず,市長は,必要があると認めるときは,受付期間以外であっても登録の申請を受け付けることができる。

(登録名簿への登載)

第6条 市長は,第4条の申請書の提出があったときは,これを審査し,適格と認めたときは宇土市小規模工事等契約希望者登録名簿(以下「登録名簿」という。)に登載するものとする。

(登録の有効期間)

第7条 登録の有効期間は,次のとおりとする。

(1) 第5条第1項に規定する受付期間に登録申請したとき 更新年度の4月1日から翌々年度の3月31日まで

(2) 第5条第2項の規定により登録の申請をしたとき 登録した翌月から前号の有効期間の終了する日まで

(登録事項の変更)

第8条 登録名簿に登載された契約希望者は,登録事項に変更が生じたとき,又は事業を廃止したときは,遅滞なく宇土市小規模工事等契約希望者登録(変更・廃止)届書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(登録の取消し)

第9条 市長は,登録者が次の各号のいずれかに該当する場合は,登録を取り消すことができる。

(1) 第3条ただし書に該当することとなった場合

(2) 倒産し,又は破産した場合

(3) 受注に関し不正又は不誠実な行為があった場合

(登録者の取扱い)

第10条 小規模工事等に該当する契約に係る業者の選定に際しては,登録名簿に登載された者に対し,積極的に見積り参加機会を与えるよう努めるものとする。

2 前項の規定は,指名業者登録名簿に登載されている者のうちから業者を選定することを妨げるものではない。

(契約者の決定)

第11条 登録名簿から指名した複数の登録者との見積競争により,最も低い価格の見積書を提出した登録者と契約する。

(前金払等)

第12条 小規模工事等については,前金払及び部分払の対象外とする。

(その他)

第13条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

1 この告示は,平成18年8月1日から施行する。

2 この告示の施行の日以後最初に行う登録の有効期間については,第7条の規定にかかわらず,登録名簿に登録した日から平成21年3月31日までとする。

附 則(平成29年告示第13号)

(施行期日)

1 この要綱は,平成29年3月8日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の宇土市小規模工事等契約希望者登録要綱の規定は,平成29年4月1日以後に締結する契約について適用し,同日前に締結する規約については,なお従前の例による。

附 則(令和2年告示第33号)

この要綱は,令和2年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

小規模工事等希望業種分類表

番号

工事の種別

工事の例示

1

建築一式工事

建物修繕工事で工事の種類が複数に及ぶもの

2

大工工事

大工工事 造作工事 型枠工事

3

左官工事

左官工事 モルタル工事 吹き付け工事

4

屋根工事

屋根ふき工事

5

電気工事

送配電気設備工事 構内電気設備工事 照明設備工事

6

管工事

空調設備工事 給排水・給湯設備工事 厨房設備工事

7

タイル・れんが・ブロック工事

コンクリートブロック積み工事 れんが積み工事 タイル張り工事

8

板金工事

板金加工取付工事

9

ガラス工事

ガラス加工取付工事

10

塗装工事

塗装工事

11

防水工事

アスファルト防水工事 モルタル防水工事 シーリング工事 シート防水工事

12

内装仕上げ工事

天井仕上げ工事 壁張り工事 内装間仕切り工事 床仕上げ工事 カーテン・ブラインド工事 たたみ工事 ふすま工事

13

電気通信工事

電気通信線路工事 電気通信機械設置工事 放送設置工事

14

造園工事

植栽工事 公園設備工事 園路工事

15

さく井工事

さく井工事

16

建具工事

サッシ工事 シャッター工事 金属製・木製建具工事

17

消防施設工事

火災報知設備工事

18

許可業種外工事

建設業法の一部を改正する法律の施工及び運用(昭和47年3月18日建設省計建発第46号)に該当しない工事

※ 宇土市公共下水道排水設備登録工事店及び宇土市指定給水装置工事事業者が施工の指定を受ける工事・修繕等は除く。

画像画像

画像

画像

宇土市小規模工事等契約希望者登録要綱

平成18年6月30日 告示第103号

(令和2年4月1日施行)