○豪雨等災害による土砂等処理費補助金交付要綱

平成18年8月4日

告示第112号

(趣旨)

第1条 この告示は,豪雨等災害により被災した建物の居住者又は所有者に対し,予算の範囲内で,土砂等の撤去に伴う処分費の一部を支給する補助金に関し,必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この告示において「豪雨等災害」とは,自然災害に伴う土砂崩れ,地すべり,倒木等による災害をいう。

(交付の対象者)

第3条 補助金の交付を受けることができる者は,本市に住所を有し,かつ,豪雨等災害で被災した建物(居住の用に供している建物に限る。)の居住者又は所有者で,当該被災に係る土砂等の撤去又は運搬を行う者とする。

(交付の基準)

第4条 補助金は,次の各号の全てに該当し,市長が早急な土砂等の撤去が必要と認めた場合に限り交付する。

(1) 被害が,故意又は人為的な過失によるものでない場合

(2) 人命に影響を及ぼすおそれ又は2次災害の危険性が高いと判断された場合

(3) 土砂等の撤去又は運搬が,人力では不可能であることが確認された場合

(補助対象経費)

第5条 補助の対象となる経費は,土砂等の撤去又は運搬に使用する掘削積込機又は運搬車両に係る費用とする。

(補助金の額)

第6条 補助金の額は,次のとおりとする。ただし,補助金の上限は,1回の被災につき5万円とする。

(1) 掘削積込機 1台1日につき2万円

(2) 運搬車両 1台1日につき1万円

(その他)

第7条 この告示に定めるもののほか補助金の交付に関し必要な事項は,宇土市補助金等交付規則(昭和49年規則第18号)の定めるところによる。

附 則

この告示は,告示の日から施行し,平成18年6月26日から適用する。

豪雨等災害による土砂等処理費補助金交付要綱

平成18年8月4日 告示第112号

(平成18年8月4日施行)

体系情報
第14類 設/第1章
沿革情報
平成18年8月4日 告示第112号