○宇土市廃棄物等の減量化,再資源化及び適正処理等に関する条例施行規則

平成18年9月1日

規則第29号

(趣旨)

第1条 この規則は,宇土市廃棄物等の減量化,再資源化及び適正処理等に関する条例(平成18年条例第13号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業者が行う廃棄物等の適正処理等の基準)

第2条 事業者が行う廃棄物等の適正処理等の基準は,廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令(昭和46年政令第300号)第4条の4及び第3章の規定によるものとする。

(事業系一般廃棄物の処理方法)

第3条 事業者は,条例第8条第1項各号に規定され,かつ,条例第10条第1項の規定により宇城広域連合廃棄物処理施設(以下「清掃センター」という。)に搬入できる廃棄物を,次の各号のいずれかにより排出することができる。

(1) 自ら清掃センターへ搬入する。

(2) 宇土市一般廃棄物収集運搬業許可事業者に委託する。

(3) 条例第15条第4項に規定する区長の許可を得て,協議結果書(様式第1号)を市長に提出し,事業用ごみ指定袋(様式第2号)を使用し,地区のごみ置場に排出する。

(市民が行う家庭系廃棄物の適正処理等の基準)

第4条 市民は,自らに係る家庭系廃棄物を,条例第8条第1項の規定により実施される分別収集において,次の各号に掲げる種別ごとに,当該各号に定める方法により排出するものとする。

(1) 燃えるごみ 宇城広域連合指定の燃えるごみ用指定袋を使用し,毎週2回,地区の指定日時に排出する。

(2) 燃えないごみ 燃えないごみ用指定袋(様式第4号)又は粗大ごみ処理券(様式第5号)を使用し,毎月1回,地区の指定日時に排出する。

(3) 生ごみ 燃えるごみと同日時に,市が設置する生ごみ回収容器へ排出する。

(4) 資源ごみ 毎月第1水曜日(祝祭日の場合は翌週水曜日)に,市が指定する時間内に排出する。ただし,プラスチック製容器包装にあっては,地区の指定日時に排出するものとする。

2 前項の排出は,各人が住所又は居所とする行政区内の指定されたごみ置場で行わなければならない。

3 前2項の規定にかかわらず,資源ごみのうち紙パック,蛍光管類・乾電池,インクカートリッジ及び廃食用油は,市が指定する常設の拠点回収場所へ排出するものとする。

(市民の廃棄物の自己搬入等)

第5条 市民は,清掃センターに搬入できる廃棄物については,清掃センターが定める規程に従い,自らその搬入を行うことができる。

2 前項の搬入は,宇土市一般廃棄物収集運搬業許可事業者に委託することができる。

(排出禁止物)

第6条 第3条から第5条までに規定する廃棄物等には,次に掲げるものを含まない。

(1) 有害性のあるもの又は有害性物質を含むもの

(2) 危険性のあるもの

(3) 爆発性又は引火性のあるもの

(4) 著しく悪臭を発するもの

(5) 食品外の動物の死体

(6) 法律により,特に再商品化,再資源化等が義務付けられたもの

(7) 前各号に掲げるもののほか,廃棄物の収集,運搬及び処分を著しく困難にし,又は廃棄物等の処理施設の機能に支障が生じるおそれのあるもの

(許可申請)

第7条 条例第12条第1項及び第4項又は条例第13条第1項の許可を受けようとする者は,それぞれ一般廃棄物収集運搬業許可申請書(様式第6号),一般廃棄物処分業許可申請書(様式第7号)又は浄化槽清掃業許可申請書(様式第8号)に関係書類を添えて,市長に提出しなければならない。

(許可証)

第8条 条例第12条第3項の許可証及び条例第13条第2項の規定により準用される条例第12条第3項の許可証は,それぞれ宇土市一般廃棄物収集運搬業許可証(様式第9号),宇土市一般廃棄物処分業許可証(様式第10号),宇土市浄化槽清掃業許可証(様式第11号)とする。

2 前項の許可証の交付を受けた者は,その許可証の有効期間が満了したとき,又は次条に定めるときは,速やかに許可証を返納しなければならない。

(許可業の休止及び廃止届)

第9条 前条第1項の許可証の交付を受けた者は,その営業を10日以上休止しようとするときは,その休止しようとする日の15日以前に,その営業を廃止しようとするときは,その廃止しようとする日の30日以前に,一般廃棄物収集運搬業,一般廃棄物処分業又は浄化槽清掃業の休止・廃止届(様式第12号)に当該許可証を添えて,市長へ届け出なければならない。

(ごみ置場の新設等の届出)

第10条 条例第15条第2項の届出は,ごみ置場新設(廃止)届出書(様式第13号)及びごみ置場変更届出書(様式第14号)によるものとする。ただし,特に市長が認めるときはこの限りでない。

(土地所有者等の管理基準等)

第11条 条例第16条第1項に規定する土地所有者等の適正管理の基準は,次に掲げるとおりとする。

(1) 管理地等内の枝葉については,隣接する土地との境界線を越えないこと。

(2) 管理地等内では,病害虫等が発生しないようにすること。

(3) 現に人が住居に使用しない,又は現に人が使用しない管理地等(農用地等を除く。)においては,柵等を設置することで,他人が容易に侵入できないよう努めること。

2 条例第16条第2項の勧告は,口頭又は生活環境改善勧告書(様式第15号)により行うものとする。

(原状回復等の命令)

第12条 条例第17条第3項の命令は,廃棄物等の不適正処理に対する原状回復等命令書(様式第16号)により行うものとする。

(焼却行為への措置)

第13条 条例第18条第3項の要求は,口頭又は焼却行為に対する周辺環境への配慮要望書(様式第17号)により行うものとする。

2 条例第18条第4項の命令は,焼却行為停止命令書(様式第18号)により行うものとする。

(指定袋等の販売)

第14条 第4条に定める指定袋及び粗大ごみ処理券(以下「指定袋等」という。)の販売を行おうとする者は,宇土市指定ごみ袋等取扱店承認申請書(様式第19号)を市長に提出し,その承認を得なければならない。

2 次の各号のいずれかに該当する者は前項の承認を得ることができない。

(1) 宇土市に店舗(移動式店舗においては事務所)を有しないもの。ただし,宇土市との境界線に近接する他市町内にある店舗が当該市町長の許可等を得た場合はこの限りでない。

(2) 販売を予定する店舗において,有線電話を設置していないもの

(3) 前2号に掲げるもののほか,市長が承認することが好ましくないと判断するもの

3 市長は,第1項に規定する承認をしたときは,宇土市指定ごみ袋等取扱店と表示したシール(様式第20号)を,当該申請者に交付するものとする。

4 前項の規定によりシールの交付を受けた者は,その販売店舗の店頭に当該シールを掲示しなければならない。

(許可手数料の支払)

第15条 条例第20条の手数料は,許可証の交付を受けた後,遅滞なく納入しなければならない。

(費用請求)

第16条 条例第21条の請求は,廃棄物等の不適正処理に対する原状回復等費用請求書(様式第21号)により行うものとする。

(手数料の減免等)

第17条 条例第22条の規定により手数料の減額又は免除を受けようとする者は,一般廃棄物処理手数料減免申請書(様式第22号)を,市長に提出しなければならない。

(報告及び指示)

第18条 条例第24条の報告徴収及び指示は,廃棄物関連報告徴収・指示書(様式第23号)により行うものとする。

(身分証明書)

第19条 条例第25条に規定する身分を示す証明書は,様式第24号によるものとする。

(関係機関等への要請)

第20条 条例第26条に規定する要請は,廃棄物関連要請書(様式第25号)により行うものとする。

(その他)

第21条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は,公布の日から施行する。

(宇土市廃棄物の処理及び清掃並びに浄化槽に関する条例施行規則の廃止)

2 宇土市廃棄物の処理及び清掃並びに浄化槽に関する条例施行規則(昭和47年規則第10号)は,廃止する。

(経過措置)

3 前項の規定による廃止前の宇土市廃棄物の処理及び清掃並びに浄化槽に関する条例施行規則の規定による様式は,この規則の相当規定による様式とみなす。

附 則(平成25年規則第33号)

(施行期日)

1 この規則は,平成26年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正前の宇土市廃棄物等の減量化,再資源化及び適正処理等に関する条例施行規則の規定による様式は,この規則の相当規定による様式とみなす。

附 則(平成27年規則第19号)

(施行期日)

1 この規則は,平成27年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正前の宇土市廃棄物等の減量化,再資源化及び適正処理等に関する条例施行規則の規定による様式は,この規則の相当規定による様式とみなす。

附 則(平成28年規則第19号)

この規則は,平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年規則第16号)

(施行期日)

1 この規則は,平成29年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際,この規則による改正前の宇土市廃棄物等の減量化,再資源化及び適正処理等に関する条例施行規則様式第3号による燃えるごみ用指定袋で,現に残存するものは,なお使用することができる。

3 この規則の施行の際,この規則による改正前の宇土市廃棄物等の減量化,再資源化及び適正処理等に関する条例施行規則の様式(様式第3号を除く。以下同じ。)による申請等は,この規則による改正後の宇土市廃棄物等の減量化,再資源化及び適正処理等に関する条例施行規則の様式による申請等とみなす。

附 則(平成31年規則第7号)

1 この規則は,平成31年3月18日から施行する。

2 この規則の施行の際現に改正前の宇土市廃棄物等の減量化,再資源化及び適正処理等に関する条例施行規則第8条の規定により交付されている許可証は,改正後の宇土市廃棄物等の減量化,再資源化及び適正処理等に関する条例施行規則第8条の規定により交付された許可証とみなす。

附 則(令和2年規則第23号)

この規則は,令和2年4月1日から施行する。

画像

画像

様式第3号 削除

画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

画像

画像画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

宇土市廃棄物等の減量化,再資源化及び適正処理等に関する条例施行規則

平成18年9月1日 規則第29号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第11類 環境,衛生/第1章
沿革情報
平成18年9月1日 規則第29号
平成25年12月24日 規則第33号
平成27年9月30日 規則第19号
平成28年3月31日 規則第19号
平成29年9月29日 規則第16号
平成31年3月18日 規則第7号
令和2年3月31日 規則第23号