○宇土市適応指導教室設置規則

平成19年3月23日

教委規則第3号

(設置)

第1条 この規則は,心理的または情緒的な原因により,登校できない児童及び生徒(以下「児童生徒」という。)に対し,相談,指導等を行うことにより,その学校復帰を支援し,もって登校できない児童生徒の社会的自立に資することを目的として,宇土市適応指導教室(以下「適応指導教室」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 適応指導教室の名称及び位置は,次のとおりとする。

(1) 名称 ほっとスペース

(2) 位置 宇土市新小路町123番地

(事業)

第3条 適応指導教室は,第1条の目的を達成するため,次の事業を行う。

(1) 登校できない児童生徒及びその保護者の相談に関すること。

(2) 基礎学力を補充する学習指導及び自学自習の支援に関すること。

(3) 基本的生活習慣の改善及び集団生活への適応に関すること。

(4) 関係機関,関係団体等との連携に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか,教育委員会が必要と認める事業

(対象者)

第4条 対象者は,宇土市立小学校及び中学校に在籍する児童生徒で,登校できない者又は登校しにくい状態にある者とする。

(開設時間及び休業日)

第5条 適応指導教室の開設時間及び休業日は,次のとおりとする。ただし,教育委員会が必要と認めたときは,これを変更することができる。

(1) 開設時間 午前9時から午後4時まで

(2) 休業日 学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第47条に掲げる日

(入室申込み等)

第6条 適応指導教室の入室を希望する登校できない児童生徒の保護者は,ほっとスペース入室申込書(様式第1号)を,校長を通じて,教育委員会に提出するものとする。

2 校長は,前項の規定による申込みがあったときは,ほっとスペース入室意見書(様式第2号)に必要事項を記入し,前項の申込書と併せて教育委員会に提出するものとする。

(指導の開始)

第7条 教育長は,前条による申込みを受けたときは,当該申込みに係る児童生徒の入室に関し,指導員及び職員と協議した結果をもとに決定し,ほっとスペース指導開始通知書(様式第3号)により,児童生徒の保護者及び校長に通知する。

(在籍校及び関係機関との連絡連携)

第8条 教育長は,教室の出席状況,活動状況等をほっとスペース活動報告書(様式第4号)により校長に毎月報告する。なお,学校長は通知書を受理したら内容の確認を行い,学校での対応状況報告書(様式第5号)を教育長に提出する。

2 教育長は,必要に応じて関係機関と連絡連携を図る。

(退室)

第9条 適応指導教室からの退室を希望する児童生徒の保護者は,ほっとスペース退室申出書(様式第6号)を校長を通じて,教育長に提出するものとする。

2 教育長は,前項の規定による申し出を受けたときは,当該申出に係る児童生徒の退室の可否に関し,指導員及び職員と協議した結果をもとに決定し,ほっとスペース退室通知書(様式第7号)により児童生徒の保護者及び学校長に通知する。

(指導員)

第10条 適応指導教室に指導員を置く。

2 指導員は,相談,適応指導及び学習指導等に必要な知識及び経験又は技能を有し,かつ,職務を行うのに必要な熱意がある者とする。

(職務等)

第11条 指導員は,上司の指示に基づき業務を遂行する。

2 指導員は,職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(所管)

第12条 適応指導教室は,教育部学校教育課の所管とする。

(委任)

第13条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年教委規則第3号)

この規則は,平成21年4月1日から施行する。ただし,第2条第1項第2号の規定は,平成21年9月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

宇土市適応指導教室設置規則

平成19年3月23日 教育委員会規則第3号

(平成21年9月1日施行)