○宇土市人工内耳用音声信号処理装置給付事業実施要綱

平成21年5月1日

告示第36号

(趣旨)

第1条 この要綱は,人工内耳装用者の福祉の増進を図るため,人工内耳用音声信号処理装置(以下「音声信号処理装置」という。)の給付に関し必要な事項を定めるものとする。

(給付対象者)

第2条 給付の対象となる者は,本市に住所を有し,聴覚障害による身体障害者手帳の交付を受け,かつ,現に人工内耳を装用している者で,次の各号に掲げる要件を全て満たさなければならない。

(1) 本市の住民基本台帳に引き続き1年以上登録されていること。

(2) 音声信号処理装置が装用後5年を経過していること。

(3) 本人又は世帯員に市税等の滞納がないこと。

(給付申請)

第3条 音声信号処理装置の給付を受けようとする障害者又はその保護者(配偶者,親権を行う者,後見人その他の者で障害者を現に保護する者をいう。以下同じ。)(以下「申請者」という。)は,音声信号処理装置給付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添付の上,市長に提出しなければならない。

(1) 身体障害者手帳の写し

(2) 人工内耳装用者カードの写し

(3) 音声信号処理装置の見積書

(4) 前3号に掲げるもののほか,市長が必要と認める書類

(給付決定)

第4条 市長は,前条の規定により申請書を受理したときは,音声信号処理装置給付調査書(様式第2号)を作成の上,給付の要否について決定するものとする。

(決定の通知)

第5条 市長は,前条の規定により給付を決定したときは,音声信号処理装置給付決定通知書(様式第3号)により申請者に通知し,音声信号処理装置給付券(様式第4号。以下「給付券」という。)を交付するものとする。

2 市長は,第3条の申請を却下する決定をしたときは,音声信号処理装置給付却下通知書(様式第5号)により申請者に通知するものとする。

(音声信号処理装置の給付)

第6条 前条第1項の規定により音声信号処理装置の給付の決定を受けた障害者又はその保護者は,音声信号処理装置納入業者(以下「業者」という。)に給付券を提出し音声信号処理装置の給付を受けるものとする。

(費用の負担)

第7条 前条の規定により音声信号処理装置の給付を受けた障害者又はその保護者(以下「給付決定を受けた者」という。)は,当該音声信号処理装置の給付に要する費用の一部(以下「費用負担額」という。)を業者に直接支払うものとする。

2 費用負担額は,障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)に基づく補装具費の支給の例によるものとする。

(費用の請求及び支払)

第8条 音声信号処理装置の給付を行った業者は,給付券を添付の上,当該音声信号処理装置の給付にかかる費用を市長に請求するものとする。

2 市長は,前項の請求があったときは,当該音声信号処理装置の給付に要した費用から前条の規定により給付決定を受けた者が業者に支払った額を控除した額を支払うものとする。ただし,音声信号処理装置の給付に要した費用は,1,000,000円を限度とする。

(給付の制限)

第9条 新たに購入する音声信号処理装置が医療保険の対象となる場合は,給付を行わないものとする。

2 この事業による音声信号処理装置の給付は,給付の日から障害者においては7年,障害児においては5年を経過するまでの間は再給付を行わないものとする。

(音声信号処理装置の管理)

第10条 給付を受けた音声信号処理装置は,任意保険又は動産保険に加入するとともに,その維持及び管理には最善の注意を払わなければならない。

2 音声信号処理装置の給付を受けた者は,当該音声信号処理装置を給付の目的に反して使用し,譲渡し,交換し,貸し付け,又は担保に供してはならない。

(費用及び音声信号処理装置の返還)

第11条 市長は,虚偽その他不正な手段により音声信号処理装置の給付を受けた者があるとき,又は用具の給付を受けた者が前条の規定に反したときは,当該音声信号処理装置の給付に要した費用の全部若しくは一部又は当該音声信号処理装置を返還させることができる。

(台帳の整備)

第12条 市長は,音声信号処理装置の給付の状況を明確にするため,音声信号処理装置給付台帳を整備しなければならない。

(その他)

第13条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,別に定める。

附 則

この告示は,平成21年5月1日から施行する。

附 則(平成25年告示第26号)

この要綱は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年告示第34―9号)

この要綱は,平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像画像

画像

画像

宇土市人工内耳用音声信号処理装置給付事業実施要綱

平成21年5月1日 告示第36号

(平成28年4月1日施行)