○宇土市漁業集落排水施設条例施行規則

平成21年3月31日

規則第10号

(趣旨)

第1条 この規則は,宇土市漁業集落排水施設条例(平成20年条例第40号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(代理人の選定)

第2条 条例第5条の規定による届出は,漁業集落排水施設使用者代理人届出書(様式第1号)によるものとする。

(排水設備の計画の確認申請)

第3条 条例第8条第1項の申請は,排水設備計画確認申請書(様式第2号)によるものとし,申請書には次に掲げる書類を添付するものとする。

(1) 位置図 施工地を表示するもの

(2) 平面図 縮尺300分の1以上

(3) 縦断図 縦縮尺50分の1以上 横縮尺300分の1以上

(4) 構造図 縮尺50分の1以上

(排水設備の設置基準)

第4条 条例第9条に規定する工事の基準は,法令に定めがあるもののほか,次に掲げるとおりとする。

(1) 汚水を排除するための排水設備は,汚水ますのインバート上流端に接続し,管底高に食い違いの生じないよう,かつ,ますの内壁に突き出さないよう差し入れ,その周囲をモルタルで埋め,内外面の上塗り仕上げをすること。

(2) 雨水のみを排除するための排水設備は,雨水ますの取付管の管底高以上の箇所に所要の孔をあけ,ますの内壁に突き出さないよう差し入れ,その周囲をモルタルで埋め,内外面の上塗り仕上げをすること。

(3) 前2号により難い特別の理由があるときは,その都度市長の指示を受けること。

(4) 台所,浴場,洗濯場その他下水の流下を妨げる固形物を排出するおそれのある場所の汚水流出口には,固形物の流下を防止するのに有効な目幅をもったストレーナーを設けること。

(5) 油脂販売店,自動車修理工場,料理店その他油脂類を多量に排出するおそれのある場所の汚水流出口には,油脂しゃ断装置を設けること。

(6) 地下室その他下水の自然流下が充分でない場所にはポンプ施設を設けること。

(7) 前各号に掲げるもののほか,市長の指示に従い必要な施設を設けること。

(排水設備の工事完了届等)

第5条 条例第7条の規定による排水設備の新設等の工事が完了したときは,排水設備工事完了届(様式第3号)により市長に届け出なければならない。

2 前項の工事が完了したときに行う市の職員の検査後に交付する検査済証は,下水道検査済証(様式第4号)によるものとする。

3 検査済証の交付を受けた者は,検査済証を門戸その他の外部から見やすい場所に掲示しなければならない。

(責任技術者及び工事店の登録等)

第6条 条例第10条の規定により排水設備の新設等の工事を行わせる者として市長が指定するものは,宇土市下水道条例(昭和54年条例第11号)第6条に規定する責任技術者とする。

2 前項に規定する責任技術者並びにその者の専属する工事店の(更新)登録及び登録工事店の義務及び工事の費用については,宇土市下水道条例施行規則(昭和54年規則第7号)第6条から第17条までの規定を準用する。

(使用開始等の届出)

第7条 条例第13条の届出は,下水道使用開始,休止,廃止,再開,名義変更届(様式第5号)によるものとする。

2 使用者が宇土市水道事業給水条例(平成10年条例第11号)第21条の規定による使用開始,休止,廃止,再開又は名義変更の届出をしたときは,条例第13条の規定による届出があったものとみなす。

(水道水以外の使用水量)

第8条 条例第17条第2号に規定する水道水以外の水の使用水量は,市上下水道課で設置した量水器によって認定する。

(ポンプ施設等の新設等の届出)

第9条 条例第19条第1項の届出は,ポンプ施設等設置届出書(様式第6号)によるものとする。

2 条例第19条第2項の届出は,ポンプ施設等使用変更届出書(様式第7号)によるものとする。

(使用料の減免申請)

第10条 条例第22条に規定する使用料の減免を受けようとする者は,下水道使用料減免申請書(様式第8号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は,前条の申請があったときは,内容を審査して,その可否を決定し,下水道使用料減免決定通知書(様式第9号)により,申請者に通知するものとする。

(行為の許可の申請)

第11条 次に掲げる行為(排水設備の新設等は除く。)をしようとする者は,物件設置,変更許可申請書(様式第10号)を提出して,市長の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも,同様とする。

(1) 漁業集落排水施設(以下「集排施設」という。)の排水施設に固着し,若しくは突出し,又はこれを横断し,若しくは縦断して施設又は工作物その他の物件を設けること。

(2) 集排施設の排水施設の地下に施設又は工作物その他の物件を設けること。

2 市長は,前項の申請があった場合において,その申請に係る事項が必要やむを得ないものであり,かつ,規則で定める技術上の基準に適合するものであるときは,物件設置,変更許可書(様式第11号)により,これを許可しなければならない。

(占用の許可)

第12条 集排施設の敷地又は排水施設に物件(以下「占用物件」という。)を設け,継続して集排施設の敷地又は排水施設を占用しようとする者は,占用許可願(様式第12号)を提出して,市長の許可を受けなければならない。ただし,占用物件の設置について前条の許可を受けたときは,その許可をもって占用の許可とみなす。

2 市長は,前項の申請があった場合において,その申請に係る事項が必要やむを得ないものであり,かつ,占用物件の設置について前条の許可を受けていないときは,占用許可書(様式第13号)により,これを許可しなければならない。

(原状回復義務)

第13条 前条の占用の許可を受けた者は,その許可により占用物件を設けることができる期間が満了したとき又は当該占用物件を設ける目的を廃止したときは,当該占用物件を除却し,集排施設を原状に復しなければならない。ただし,原状に復することが不適当であると市長が認めたときは,この限りでない。

附 則

この規則は,平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成24年規則第6号)抄

(施行期日)

1 この規則は,平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成25年規則第21号)

(施行期日)

第1条 この規則は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(令和元年規則第11号)

この規則は,令和2年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

宇土市漁業集落排水施設条例施行規則

平成21年3月31日 規則第10号

(令和2年4月1日施行)