○宇土市民会館指定管理者運営評価委員会設置要綱

平成21年6月19日

教委告示第14―1号

(設置)

第1条 指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)が行う宇土市民会館(以下「市民会館」という。)の管理運営状況の評価を行うため,宇土市民会館条例(昭和46年条例第27号)第22条の規定により,宇土市民会館指定管理者運営評価委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事項)

第2条 委員会は,次の事項を所掌する。

(1) 市民会館の管理運営を行う指定管理者の評価に関する事項

(2) 前号に掲げるもののほか,委員会において調査検討が必要とされる事項

(組織)

第3条 委員会は,次に掲げる者5人程度をもって組織する。

(1) 教育部長

(2) 企画課長

(3) 学識経験者等のうちから宇土市教育委員会が委嘱する者

2 委員会に委員長を置き,委員長は委員の互選によりこれを定める。

3 委員長は,委員会を代表し会務を総理する。

4 委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは,委員のうちから委員長があらかじめ指名した者がその職務を代理する。

(委嘱委員の任期)

第4条 第3条第1項第4号に掲げる委員の任期は2年とし,補欠委員の任期は前任者の残任期間とする。

2 前項の委員は,再任することができる。

(委員会の開催)

第5条 委員会は,委員長が招集し,その議長となる。ただし,委員の委嘱後最初に招集される会議は,宇土市教育委員会が招集する。

2 委員長は,委員の半数以上の出席がなければ委員会を開くことができない。

3 委員長は,必要に応じ委員以外の者を委員会に出席させることができる。

(評価の基準)

第6条 管理運営状況の評価は,次に掲げる項目について,別に定める評価の基準により行うものとする。

(1) 施設の運営に係わること。

(2) 施設や設備の管理に係わること。

(3) 利用者サービスに係わること。

(4) 芸術文化の振興並びに利用者に対する文化の普及及び支援に係わること。

(5) 管理運営経費に係わること。

(評価方法)

第7条 前条の評価は,次に掲げる方法により行う。

(1) 指定管理者が提出した事業実施報告書に基づく書面上の評価

(2) 指定管理者に対するヒアリングによる評価

(評価対象)

第8条 評価の対象は,当該年度の前年度に実施した管理運営業務とする。

(委員会の庶務)

第9条 委員会の庶務は,宇土市教育委員会文化課が処理する。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか,委員会の運営に関する事項その他必要な事項は,委員長が委員会に諮って定める。

附 則

この要綱は,平成21年7月1日から施行する。

附 則(平成25年教委告示第6号)

この要綱は,告示の日から施行する。

宇土市民会館指定管理者運営評価委員会設置要綱

平成21年6月19日 教育委員会告示第14号の1

(平成25年3月13日施行)

体系情報
第9類 務/第4章 契約,財産
沿革情報
平成21年6月19日 教育委員会告示第14号の1
平成25年3月13日 教育委員会告示第6号