○宇土市新型インフルエンザワクチン接種に係る補助金交付要綱

平成21年12月4日

告示第109号

(趣旨)

第1条 この告示は,所得の少ない世帯に属する者及び子育て世帯の0歳から中学生以下の者が,新型インフルエンザの重症化等の防止のためのワクチンの接種(以下「接種」という。)を受ける場合において,接種により当該世帯が受ける経済的負担の軽減を図るための補助金(以下「補助金」という。)の交付に関し,必要な事項を定めるものとする。

(交付対象者)

第2条 補助金の交付対象者は,市に居住している者で次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 生活保護世帯に属する者

(2) 市町村民税非課税世帯(同一世帯の者全てが市町村民税非課税の世帯)に属する者

(3) 市町村民税課税世帯に属する0歳から中学生までの者

(4) 中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立支援に関する法律(平成6年法律第30号)による支援給付受給世帯に属する者

(補助金の対象となる接種)

第3条 補助金の対象となる接種は,医療機関が厚生労働大臣との間において締結した新型インフルエンザ予防接種業務委託契約に基づき行った接種に限る。

(補助金の額及び交付回数)

第4条 補助金は,予算の範囲内において交付するものとし,その額及び交付回数は,別表に定めるとおりとする。

(無料クーポン券の交付)

第5条 市長は,宇土市新型インフルエンザワクチン接種事業に係るインフルエンザワクチン接種無料クーポン券(様式第1号。市が指定医療機関に委託して行う接種のため第2条第1項及び第2項に規定する対象者に交付する受診券として市長が認めるもの。以下「無料クーポン券」という。)を交付するものとする。

(補助金の交付の申請及び手続の委任)

第6条 第2条第1号及び第2号に規定する者は,新型インフルエンザワクチン接種に係る補助金交付申請書兼委任状(様式第2号)及び無料クーポン券を医療機関に提出することにより,交付の申請を行い,実績報告並びに補助金の交付の請求及び受領を医療機関の代表者(以下「医療機関代表者」という。)に委任するものとする。

2 第2条第3号及び第4号に規定する者は,新型インフルエンザワクチン接種に係る補助金交付申請書兼委任状を医療機関に提出することにより,交付の申請を行い,実績報告並びに補助金の交付の請求及び受領を医療機関代表者に委任するものとする。

3 宇土市外の医療機関(市外代理受領契約医療機関を除く。)において接種を受けた者が補助金の交付を受けようとするときは,前項の規定に関わらず,新型インフルエンザワクチン接種に係る補助金交付申請書兼請求書(様式第3号)により,市長に申請しなければならない。

(実績報告及び補助金の交付の請求等)

第7条 前条第1項の規定による委任を受けた医療機関が補助金の交付を請求するときは,その医療機関代表者は,実績報告書兼補助金交付請求書(様式第4号)に関係書類及び前条の規定により補助申請者から提出を受けた新型インフルエンザワクチン接種に係る補助金交付申請書兼委任状を添えて,市長に請求しなければならない。

2 宇土市外の医療機関(市外代理受領契約医療機関を除く。)及び宇土郡市医師会に所属しない医療機関において接種を受けた者が補助金の請求をするときは,新型インフルエンザワクチン接種に係る補助金交付申請書兼請求書により,市長に請求しなければならない。

(補助金の交付の決定)

第8条 市長は,申請書及び請求書を受理した場合,速やかに審査を行うものとし,補助金を交付すべき対象者として認めたときは,新型インフルエンザワクチン接種に係る補助金交付決定通知書(様式第5号)を通知し,補助金を交付するものとする。また,補助金を交付すべき対象者ではないと認めた者には,新型インフルエンザワクチン接種に係る補助金交付非該当決定通知書(様式第6号)を通知するものとする。

(権利の消滅)

第9条 補助金を受ける権利は,接種が行われた日の属する月の翌月から起算して30日以内に第7条の規定による請求をしないときは,消滅するものとする。

(不正利得に係る補助金の返還)

第10条 市長は,偽りその他不正の手段により補助金を受けた者があるときは,当該不正に受給した額に相当する金額の全部又は一部の返還を命ずることができる。

(権利譲渡等の禁止)

第11条 補助金を受ける権利は,譲渡し,又は担保に供してはならない。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか,補助金に関し必要な事項は,別に定める。

附 則

第1条 この要綱は,平成21年12月4日から施行する。なお,この要綱の施行前に第2条に規定する交付対象者が接種を行った場合も,本要綱を適用し,接種後の申請を認めるものとする。

第2条 この要綱の施行後,第2条第1号又は第2号に規定する交付対象者が,接種料を支払って第3条に規定する接種を行った場合は,第6条第2項及び第7条第2項の規定を準用する。

附 則(平成22年告示第34―2号)

この告示は,平成22年3月31日から施行し,平成22年1月15日から適用する。

附 則(平成22年告示第79号)

この告示は,平成22年11月18日から施行する。

別表(第4条関係)

宇土市インフルエンザワクチン補助金額

区分

第2条第1号及び第2号の者

第2条第3号及び第4号の者

1 1回目の接種の場合

3,900円

2,200円

2 2回目の接種であって,1回目の接種を当該受託医療機関が行っている場合

2,750円

1,550円ただし13歳未満の者に限る。

3 2回目の接種であって,1回目の接種を当該受託医療機関が行っていない場合

3,900円

2,200円ただし13歳未満の者に限る。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

宇土市新型インフルエンザワクチン接種に係る補助金交付要綱

平成21年12月4日 告示第109号

(平成22年11月18日施行)