○宇土市消費生活センター設置規則

平成22年9月30日

規則第16号

(設置)

第1条 消費者としての市民の利益を守り,消費生活の安定と向上を図るため,消費者安全法(平成21年法律第50号)第10条第2項の規定に基づき宇土市消費生活センター(以下「センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 センターの名称及び位置は,次に掲げるとおりとする。

(1) 名称 宇土市消費生活センター

(2) 位置 宇土市浦田町51番地

(業務)

第3条 センターは,次に掲げる業務を行う。

(1) 消費生活に係る相談及び苦情処理のあっせんに関すること。

(2) 消費生活に係る情報の収集及び提供に関すること。

(3) 消費生活に係る啓発活動に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか,消費生活に関すること。

(休所日)

第4条 センターの休所日は,次に掲げるとおりとする。

(1) 木曜日,土曜日及び日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前2号に掲げる日を除く。)

2 前項の規定にかかわらず,市長が特に必要と認めるときは,同項の休所日を変更することができる。

(開所時間)

第5条 センターの開所時間は,午前10時から午後4時までとする。

2 前項の規定にかかわらず,市長が特に必要と認めるときは,同項の開所時間を変更することができる。

(利用できる者)

第6条 センターを利用できる者は,次に掲げるとおりとする。

(1) 宇土市内に住所を有する者

(2) 市内に在勤し,又は在学する者

(3) 前2号に規定する者を主な構成員とする団体

(4) 第3号に掲げるもののほか,市長が特に必要と認める者

(職員)

第7条 センターに,職員及び消費生活相談員を置く。

2 センター長は,経済部商工観光課長の職にある者をもって充て,上司の命を受けセンターの事務を掌握し,消費生活相談員及び職員を指揮監督する。

(消費生活相談員)

第8条 消費生活相談員は,次の各号のいずれかに掲げる資格を有するものとする。

(1) アドバイザー 独立行政法人国民生活センター認定の消費生活専門相談員,財団法人日本消費者協会認定の消費生活コンサルタント,経済産業大臣認定の消費生活アドバイザー又はこれらに類する機関が認定する同等の資格を有する者とする。

(2) 相談員 独立行政法人国民生活センターその他のこれに類する機関が行う消費生活に関する養成講座の修了者又は同等の豊富な知識及び経験を有する者とする。

(服務)

第9条 消費生活相談員は,業務の遂行に当たっては,常に必要な知識の習得に努めなければならない。

2 消費生活相談員は,常に公正な立場を保持し,その職の信用を傷つけるような行為をしてはならない。

3 消費生活相談員は,業務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか,必要な事項については,市長が別に定める。

附 則

この規則は,平成22年10月1日から施行する。

附 則(平成23年規則第9号)

(施行期日)

1 この規則は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年規則第21号)

(施行期日)

第1条 この規則は,平成25年4月1日から施行する。

宇土市消費生活センター設置規則

平成22年9月30日 規則第16号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第13類 産業経済/第2章 商工業
沿革情報
平成22年9月30日 規則第16号
平成23年3月31日 規則第9号
平成25年3月29日 規則第21号