○宇土市住宅用太陽熱温水器設置費補助金交付要綱

平成23年3月31日

告示第39号

(趣旨)

第1条 この要綱は,地球規模の環境問題である地球温暖化対策の一環として,市民が太陽熱エネルギーを積極的に利用したまちづくりを進めるために,住宅用太陽熱温水器等(以下「熱利用システム」という。)を設置する者に対し,予算の範囲内において補助金を交付することに関し,必要な事項を定めるものとする。

(補助の対象)

第2条 補助の対象となる熱利用システムとは,住宅の屋根等に設置し太陽熱エネルギーを利用するシステムで,次の各号に掲げる要件のいずれにも該当するものをいう。

(1) 住宅の屋根等への設置に適した太陽熱エネルギーを集めて給湯に利用する太陽熱温水器又は不凍液等を強制循環する太陽熱エネルギーの集熱器と貯熱槽等から構成され,給湯や冷暖房に利用するシステムであること。

(2) 設置前において,未使用であること。

(対象者)

第3条 補助金の交付を受けることができる者は,自ら居住する既存住宅又は新築住宅(店舗等との併用住宅を含む。賃貸住宅を除く。)に熱利用システムを設置する者であって,次の各号に掲げる要件のいずれにも該当するものとする。

(1) 本市に住所を有する者又は本市に新築住宅を建築し居住を予定する者

(2) 本人及び世帯員に市税等の滞納がないこと。

(3) 本市の区域内に事業所を有する業者が施工すること。

2 補助金の交付は,1住宅の熱利用システム設置につき1回とする。ただし,熱利用システムの法定耐用年数が経過している場合は,この限りでない。

3 補助金の交付の対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)は,熱利用システムの本体工事費,給排水工事費及び電気工事費とする。

(補助金の額)

第4条 補助金の額は,補助対象経費の5分の1の額とし,30,000円を限度とする。この場合において,補助金の額に1,000円未満の端数が生じたときは,これを切り捨てるものとする。

(補助金の交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする者は,熱利用システム設置工事の着工前に,宇土市住宅用太陽熱温水器設置費補助金交付申請書(様式第1号)に,次に掲げる書類を添付して市長に提出しなければならない。

(1) 熱利用システムを設置しようとする住宅の位置図

(2) 熱利用システムの設置経費の内訳が明記されている請負契約書又は見積書

(3) 熱利用システム設置着工前の対象住宅の現況写真

(4) 住民票(申請前3月以内のものとする。)

(5) 市税等を滞納していないことを証明する書類又は宇土市補助金等交付規則(昭和49年規則第18号)に定める同意書

(6) 前各号に掲げるもののほか,市長が必要と認める書類

(補助金の交付決定)

第6条 市長は,前条の規定による申請書の提出があったときは,その内容を審査し,補助金の交付の可否を決定するものとする。

2 市長は前項の規定により補助金の交付を決定した者(以下「交付決定者」という。)に対しては,補助金交付決定通知書(様式第2号)により,交付しないと決定した者に対しては,補助金不交付決定通知書(様式第3号)によりそれぞれ通知するものとする。

(内容の変更等)

第7条 交付決定者は,補助金の交付決定を受けた内容を変更し,又は熱利用システムの設置を中止しようとするときは,あらかじめ宇土市住宅用太陽熱温水器設置費補助金交付変更等承認申請書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。この場合において,補助金の交付の決定を受けた内容を変更しようとするときは,変更の内容が確認できる書類を添付しなければならない。

2 市長は,前項の規定による申請があったときは,その内容を審査し,宇土市住宅用太陽熱温水器設置費補助金交付変更等承認通知書(様式第5号)により交付決定者に通知するものとする。

(設置工事の完了)

第8条 交付決定者は,交付決定の日の属する年度の2月末日までに,工事を完了しなければならない。ただし,やむを得ない理由により当該日までに工事が完了しない場合は,この限りでない。

(実績報告)

第9条 熱利用システム設置を完了したときは,完了日から起算して30日以内(当該期間の末日が交付決定の日の属する年度の3月25日より後の場合は3月25日まで)に,宇土市住宅用太陽熱温水器設置費補助金実績報告書(様式第6号)に次に掲げる書類を添付して,市長に提出しなければならない。ただし,交付申請時に請負契約書を提出している場合は,第1号に規定する請負契約書の添付を省くことができる。

(1) 熱利用システムの設置経費の内訳が明記されている請負契約書

(2) 熱利用システムの設置経費に係る領収書

(3) 熱利用システムの設置工事完成後の写真

(4) 前3号に掲げるもののほか,市長が必要と認める書類

(補助金の交付)

第10条 市長は,前条の規定による実績報告書を審査し,補助事業の成果が交付決定の内容及びこれに付した条件に適合すると認めるときは,補助金交付確定通知書(様式第7号)により通知し,交付決定者の請求に基づき速やかに補助金を交付する。

(補助金交付の取消し)

第11条 市長は,交付決定者が次の各号のいずれかに該当する場合には,補助金交付の全部又は一部を取り消すことができる。

(1) 不正の手段により補助金を受けたとき。

(2) 補助金を目的外の用途に使用したとき。

(3) 補助金交付の条件に違反したとき。

2 交付決定者は,前項の規定により補助金交付の取消しに係る部分について,既に支払われている補助金があるときは,当該取消しに係る部分の補助金を返還しなければならない。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,宇土市補助金等交付規則に定めるところによる。

附 則

この告示は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年告示第29号)

1 この要綱は,平成25年4月1日から施行する。

2 この要綱による改正後の第13条の規定にかかわらず,平成24年度分として交付した補助金の返還については,なお従前の例による。

附 則(平成25年告示第45号)

この要綱は,告示の日から施行する。

附 則(平成27年告示第35号)

この要綱は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年告示第24号)

この要綱は,平成29年4月11日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

宇土市住宅用太陽熱温水器設置費補助金交付要綱

平成23年3月31日 告示第39号

(平成29年4月11日施行)