○宇土市営駐車場条例

平成23年9月22日

条例第30号

(趣旨)

第1条 この条例は,本市が設置する駐車場(以下「駐車場」という。)の設置及び管理について必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 駐車場の名称及び位置は,次の表のとおりとする。

名称

位置

宇土駅東口駐車場

宇土市新松原町2番地5

船場川駐車場

宇土市本町六丁目77番地

御輿来海岸干潟景勝の地駐車場

宇土市戸口町689番地1

(供用時間)

第3条 駐車場の供用時間は,次の表のとおりとする。ただし,市長が特に必要があると認めるときは,これを変更することができる。

名称

供用時間

宇土駅東口駐車場

午前0時から午後12時まで

船場川駐車場

御輿来海岸干潟景勝の地駐車場

(自動車の範囲)

第4条 駐車場に駐車することができる車両は,道路運送車両法(昭和26年法律第185号)に規定する自動車で次に掲げるものとする。ただし,宇土駅東口駐車場においては,二輪自動車を除く。

(1) 普通自動車(長さ5メートル以下,幅2メートル以下)

(2) 小型自動車

(3) 軽自動車

(4) 前3号に掲げる自動車のほか,市長が必要と認めるもの

(使用許可等)

第5条 駐車場(船場川駐車場及び御輿来海岸干潟景勝の地駐車場を除く。第3項及び第4項並びに次条から第8条まで並びに第10条において同じ。)を使用しようとする者は,市長の許可を受けなければならない。許可された事項を変更し,又は更新しようとするときも,同様とする。

2 市長は,前項の許可をするに際しては,本市の区域内に住所を有する者で鉄道等を利用するものを優先し,次に本市の区域内に通勤し,又は通学する者で鉄道等を利用するものを優先するものとする。

3 第1項の許可の期間は,毎年4月1日から翌年3月31日までとする。ただし,駐車場に余裕がある場合は,この限りでない。

4 市長は,第1項の許可をするに当たり,駐車場の管理上必要な条件を付することができる。

(使用の不許可)

第6条 市長は,前条の規定による許可を受けようとする者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは,駐車場の使用を許可しないことができる。

(1) 駐車場の設置目的に反する使用をするおそれがあるとき。

(2) 公の秩序を乱し,又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(3) 駐車場又は鉄道施設を毀損し,又は滅失するおそれがあるとき。

(4) 集団的又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めるとき。

(5) 市税等の滞納があるとき。

(6) 駐車場の管理上支障があるとき。

(7) 前各号に掲げるもののほか,使用が不適当であるとき。

(目的外使用及び権利譲渡の禁止等)

第7条 第5条の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は,当該許可に係る駐車場をその目的外に使用し,又はその権利を譲渡し,若しくは転貸してはならない。

(使用許可の取消し等)

第8条 市長は,使用者が次の各号のいずれかに該当するときは,当該許可を取り消し,変更し,若しくは中止し,又は必要な措置を命ずることができる。

(1) 第6条第1号から第5号までに規定する事由が生じたとき。

(2) 使用の許可に付した条件に違反したとき。

(3) 偽りその他不正な手段により使用の許可を受けたとき。

(4) この条例又はこれに基づく規則に違反したとき。

2 市長は,次の各号のいずれかに該当するときは,駐車を拒否することができる。

(1) 駐車場の構造又は設備上自動車を駐車させることができないとき。

(2) 発火性又は引火性の物品を積載しているとき。

(3) 駐車場又は鉄道施設を毀損し,又は滅失するおそれがあるとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか,駐車場の管理に支障を及ぼすおそれがあるとき。

(使用料)

第9条 駐車場の使用料(以下「駐車料金」という。)は,別表第1及び別表第2のとおりとする。

2 駐車料金は,前納とし,規則で定める日までに納付しなければならない。ただし,市長が必要と認めるときは,この限りでない。

3 市長は,次の各号のいずれかに該当する自動車を駐車させる場合においては,駐車料金を減額し,又は免除することができる。

(1) 道路交通法(昭和35年法律第105号)第39条第1項に規定する緊急自動車

(2) 駐車場の付近において国又は地方公共団体の職員が防疫活動その他緊急を要する公務を行うため使用する自動車

(3) 前2号に掲げる自動車のほか,市長が必要と認めるもの

(駐車料金の還付)

第10条 既納の駐車料金は,還付しない。ただし,次の各号のいずれかに該当するときは,規則で定めるところにより,その全部又は一部を還付することができる。

(1) 災害その他使用者の責めに帰することができない事由により,駐車場を使用することができなくなったとき。

(2) 使用者が許可を受けた期間の中途において使用の中止を申し出たとき。

(禁止行為)

第11条 駐車場では,次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 他の自動車の駐車を妨げること。

(2) 駐車場の施設,鉄道施設その他の物件又は駐車中の自動車を損傷し,若しくは汚損すること。

(3) みだりに火気を使用し,騒音を発し,又はごみその他の汚物を捨てること。

(4) 喫煙又は飲酒をすること。

(5) 前各号に掲げるもののほか,駐車場の管理に支障のある行為をすること。

(供用の休止)

第12条 市長は,駐車場の補修その他の理由により,必要があると認めるときは,駐車場の全部又は一部の供用を休止することができる。

(損害賠償)

第13条 駐車場の施設その他の物件を損傷し,又は滅失させた者は,その損害を賠償しなければならない。ただし,市長が特別の事情があると認めるときは,損害賠償義務の全部又は一部を免除することができる。

2 市長は,駐車場における災害その他不可抗力により生じた損害及び自動車相互の接触,盗難その他市の責めによらない事由により生じた損害については,その責めを負わない。

(委任)

第14条 この条例に定めるもののほか,必要な事項は,規則で定める。

(過料)

第15条 市長は,詐欺その他の不正行為により駐車料金の徴収を免れた者に対し,当該徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは,5万円とする。)以下の過料を科する。

附 則

(施行日)

1 この条例は,規則で定める日から施行する。

(経過措置)

2 第5条第3項の規定にかかわらず,平成23年度の使用許可の期間は,当該期間の初日から平成24年3月31日までとする。

附 則(平成24年条例第23号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成25年条例第21号)

この条例は,平成25年4月1日から施行する。

別表第1(第9条関係)

名称

使用者

駐車料金(1台当たり)

宇土駅東口駐車場

鉄道等を利用する者で次の各号のいずれかに該当するもの

(1) 本市の区域内に住所を有する者(法人を除く。)

(2) 本市の区域内に通勤し,又は通学する者

月額 4,000円

その他の者

月額 6,000円

備考 鉄道等を利用する者とは,鉄道,バスその他の公共交通機関を利用する者のうち,専ら宇土駅東口駐車場を使用するものをいう。

別表第2(第9条関係)

名称

駐車料金

船場川駐車場及び御輿来海岸干潟景勝の地駐車場

無料

宇土市営駐車場条例

平成23年9月22日 条例第30号

(平成25年4月1日施行)