○宇土市建設工事表彰に関する要綱

平成24年6月20日

告示第51号

(趣旨)

第1条 この要綱は,本市が発注する建設工事(以下「工事」という。)の質的向上を図るとともに,請負業者の施工意欲を高めるため,建設業者等の表彰に関し,必要な事項を定めるものとする。

(表彰)

第2条 市長は,本市が発注した工事を優秀な成績で完成した建設業者等を表彰するものとする。

(表彰の対象)

第3条 表彰の対象となる工事(以下「表彰対象工事」という。)は,表彰を行う年度の前年度(以下「表彰対象年度」という。)に完成した工事のうち請負金額が1,300,000円以上のものとする。

2 表彰の対象となる者は,宇土市内に本社を有し,又は宇土市建設工事入札参加における準市内業者認定基準(平成23年要綱第18号)に定める要件を満たしている建設業者等で,表彰対象工事の受注件数が2以上のものとする。

(表彰の種類及び選定方法)

第4条 表彰の種類及び選定方法は,次の表に掲げるとおりとする。

表彰の種類

選定方法

同じ平均点数が複数いる場合

土木・舗装工事の部

表彰対象工事における宇土市工事成績評定点(以下「評定点」という。)の平均点数(小数点1位までを算出する。以下同じ。)を比較する方法で行う。平均点数が第1位の者を最優秀賞とし,第2位から第5位までの者を優秀賞とする。

第1位が5者以上の場合は最優秀賞のみとし,第1位の者が4以下の場合は上位5番目に当たる者(その者と平均点数が同じものを含む。)までのうち第1位のものを最優秀賞とし,それを除いたものを優秀賞とする。

建築・電気・機械・管工事等の部

表彰対象工事における評定点の平均点数を比較する方法で行う。平均点数が第1位の者を最優秀賞とし,第2位から第3位までの者を優秀賞とする。

第1位が3者以上の場合は最優秀賞のみとし,第1位の者が2以下の場合は上位3番目に当たる者(その者と平均点数が同じものを含む。)までのうち第1位のものを最優秀賞とし,それを除いたものを優秀賞とする。

(表彰の除外)

第5条 前2条の規定に関わらず,次の各号のいずれかに該当する者は表彰の対象から除外する。

(1) 表彰対象年度内において受注した工事について,評定点が65点未満の工事がある者

(2) 表彰対象年度内において,宇土市契約事務規則(平成14年規則第16号)等の規程に違反した者

(3) 表彰対象年度内において,建設業法(昭和24年法律第100号)に基づく監督処分又は市の指名停止の処分を受けた者

(4) 前3号に掲げる者のほか,表彰することが適当でないと認められるもの

(表彰の方法)

第6条 表彰は,市長が行い,被受賞者に対して表彰状を授与する。

2 表彰は,毎年度1回,市長が定める日に行う。

(表彰の取消し)

第7条 市長は,表彰を受けた者が次の各号のいずれかに該当したときは,表彰を取り消し,又は表彰状の返還を求めることができる。

(1) 表彰対象工事の欠陥が明らかになったとき。

(2) 表彰対象年度中に,法令違反等を行っていたことが後日判明したとき。

(庶務)

第8条 建設工事表彰に関する庶務は,総務部財政課において処理する。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この要綱は,告示の日から施行する。

附 則(平成25年告示第33号)

この要綱は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成30年告示第8号)

この要綱は,平成30年1月31日から施行し,平成30年度の建設工事表彰から適用する。

宇土市建設工事表彰に関する要綱

平成24年6月20日 告示第51号

(平成30年1月31日施行)

体系情報
第9類 務/第4章 契約,財産
沿革情報
平成24年6月20日 告示第51号
平成25年3月29日 告示第33号
平成30年1月31日 告示第8号