○宇土市未熟児訪問指導事業実施要綱

平成25年3月29日

告示第28号

(趣旨)

第1条 この要綱は,母子保健法(昭和40年法律第141号。以下「法」という。)第19条の規定に基づく未熟児の訪問指導(以下「訪問指導」という。)の実施に関し,必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

第2条 訪問指導の対象者は,次に掲げるとおりとする。

(1) 未熟児養育医療の対象者

(2) 前号に掲げるもののほか,法第6条第6項の未熟児であって,市長が訪問指導の必要性を認めた者

(対象者の把握)

第3条 訪問指導の対象者の把握は,次に掲げるとおり行う。

(1) 未熟児養育医療給付申請者に係る把握

(2) 医療機関からの未熟児出生連絡票による把握

(訪問指導者)

第4条 訪問指導を行う者(以下「訪問者」という。)は,保健師の資格を有するものとする。

(実施方法)

第5条 訪問者は,訪問指導の実施に当たって,医療機関等を通じて未熟児の症状等の把握に努め,医師等の意見を聞くほか,合併症,後遺症等の発現に留意し,適切な指導を行わなければならない。

2 訪問指導は,第2条第1号に掲げる者については,重点的に行うものとする。

(事後指導)

第6条 訪問者は,訪問指導を実施したときは,母子健康手帳及び関係書類に必要な事項を記載するほか,疾病又は異常を発見した場合は,医療機関において診断を受けることを勧めるものとする。

(報告及び記録の整理)

第7条 訪問者は,訪問指導の結果について,別に定める訪問記録票に必要な事項を記入し,適正に管理しなければならない。

2 第3条第2号に掲げる把握に係る訪問指導を実施したときは,訪問連絡カードを作成し,医療機関へ報告するものとする。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は,平成25年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱を施行するために必要な準備行為は,この要綱の施行前においても行うことができる。

宇土市未熟児訪問指導事業実施要綱

平成25年3月29日 告示第28号

(平成25年4月1日施行)