○宇土市特別支援教育相談員設置規則

平成26年3月28日

教委規則第4号

(設置)

第1条 宇土市立幼稚園,小学校及び中学校において,特別な支援を必要とする園児,児童及び生徒並びに問題を抱える保護者への支援を充実させるため,教育委員会に宇土市特別支援教育相談員(以下「相談員」という。)を置く。

(資格及び委嘱)

第2条 相談員は,人格円満で社会的信望があり,健康で教育分野に関する知識に加えて,社会福祉等の専門的な知識及び技術を持つ者であって,次の各号のいずれかに該当するもののうちから教育委員会が委嘱する。

(1) 臨床心理士の資格又はこれに準ずる技能を有する者

(2) 教育と福祉の両面に関して,専門的な知識及び技術を有するとともに,教育や福祉の分野において活動経験の実績等がある者

(身分及び任期)

第3条 相談員の身分は,地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に規定する非常勤の特別職とする。

2 相談員の任期は,当該者の委嘱の日から当該日の属する年度の末日までとする。ただし,再任を妨げない。

(配置機関)

第4条 相談員は原則として宇土市教育委員会に配置する。ただし,宇土市立学校又は宇土市立幼稚園の長の要請により,教育委員会が必要と判断した場合は,次条に掲げる職務を当該学校又は幼稚園において行うことができる。

(職務)

第5条 相談員は,教育委員会の指揮監督の下に,幼稚園,学校,家庭,関係機関との連携を機動的に図り,宇土市の特別支援教育の充実のために,概ね次に掲げる職務を行う。

(1) 就学前の子どもの状況把握を目的とした幼稚園等への訪問

(2) 学校の通常学級に在籍する特別支援を必要とする児童生徒の状況把握及び保護者への相談活用

(3) 適切な就学に向けた幼稚園,学校,保護者,関係機関等との連携及び支援

(4) 前3号に掲げるもののほか,相談員配置の目的に沿い,宇土市教育委員会が必要と判断した職務

(服務)

第6条 相談員の勤務は,月2日,1日当たり3時間程度とし,原則として年間24日以内とする。ただし,幼稚園,学校の実態に応じて弾力的に運用できるものとする。

2 相談員は職務を行うに当たっては,宇土市福祉事務所,健康づくり課,特別支援学校等との連携調整を密にし,円滑な業務の推進を図るものとする。

3 相談員は,職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。また,その職を退いた後も同様とする。

(解職)

第7条 教育委員会は,相談員が第5条に規定する職務の遂行に支障があると認めたときは,相談員の職を解くことができる。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか,この規則の施行に関し必要な事項は,教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は,平成26年4月1日から施行する。

宇土市特別支援教育相談員設置規則

平成26年3月28日 教育委員会規則第4号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第16類 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成26年3月28日 教育委員会規則第4号