○宇土市特例予防接種助成金交付要綱

平成27年10月19日

告示第84号

(趣旨)

第1条 この要綱は,造血幹細胞移植等の治療により予防接種法施行令(昭和23年政令第197号)第1条の3に該当する予防接種が必要と認められた市民に対し予算の範囲内で交付する予防接種助成金(以下「助成金」という。)の交付について定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「保護者」とは,親権を行う者又は後見人をいう。

(助成対象者)

第3条 助成金の交付を受けることができる者は,宇土市に住所を有し,造血幹細胞移植等で予防接種が必要と医師が判断したものとする。

(助成対象となる予防接種の種類)

第4条 助成金の交付を受けることができる予防接種は,予防接種法施行令第1条の3に該当するもので,母子健康手帳等で接種履歴が確認できたものとする。

(助成金の額)

第5条 助成金の額は,予防接種費用の7割に相当する額(1,000円未満切捨て)とする。

(助成金の交付申請)

第6条 助成金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は,予防接種を受けた後に,特例予防接種助成金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添付し市長に提出するものとする。ただし,予防接種を受けようとする者が未成年の場合は,保護者が申請するものとする。

(1) 医師の意見書

(2) 予防接種に要した費用の領収書の写し又は支払証明書

(3) 母子健康手帳又は予防接種証明書

2 前項の申請は,予防接種を受けた日の翌日から起算して1年を経過した日以後においては申請することができない。

(決定の通知)

第7条 市長は,助成金の交付を決定したときは,特例予防接種助成金交付決定通知書(様式第2号)により申請者に通知しなければならない。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか助成金の交付に関し必要な事項は,宇土市補助金等交付規則(昭和49年規則第18号)に定めるところによる。

附 則

この要綱は,平成27年10月15日から施行し,平成27年9月1日以降に接種した予防接種について適用する。

画像

画像

宇土市特例予防接種助成金交付要綱

平成27年10月19日 告示第84号

(平成27年10月15日施行)