○宇土市総合教育会議の設置及び運営に関する要綱

平成27年11月27日

告示第92号

(趣旨)

第1条 この要綱は,地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号。以下「法」という。)第1条の4第1項及び第9項の規定に基づき,宇土市総合教育会議の設置及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 法第1条の4第1項の規定により宇土市総合教育会議(以下「総合教育会議」という。)を設置する。

(会議)

第3条 総合教育会議は,市長が宇土市議会の例によって招集し,その議長となる。

2 市長は,その補助機関である職員のうち必要と認めるものを会議に出席させるものとする。

(会議の運営)

第4条 総合教育会議の会期は,1日とする。ただし,出席した構成員の過半数によって決したときは,会期を延長することができる。

(傍聴及び議事録)

第5条 総合教育会議の傍聴及び議事録については,次条から第13条までに定めるほか,市長が別に定める宇土市附属機関の会議の公開に関する基準の規定を準用する。

(傍聴人の定員)

第6条 傍聴人の定員は,原則として10人とする。ただし,議長が特に必要と認めるときは,定員を超えて傍聴させることができる。

(傍聴することができない者)

第7条 次の各号のいずれかに該当する者は,傍聴することができない。

(1) 銃器,火薬その他危険物を所持している者

(2) 酒気を帯びていると認められる者

(3) ラジオ,拡声器,マイクその他会議を妨害し,又は人に迷惑を及ぼすと認められる物を所持している者

(4) 前3号に掲げる者のほか,議長が執務執行上支障があると認められるもの

(傍聴人の守るべき事項)

第8条 傍聴人は,傍聴に当たり,次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 傍聴席以外の場所に立ち入らないこと。

(2) 静粛を旨とし,騒ぎ立てる等議事の妨害となるような行為をしないこと。

(3) 総合教育会議における言論に対して,拍手その他の方法により,公然と可否を表明しないこと。

(4) 前3号に掲げるもののほか,会議の秩序を乱し,又は妨害となるような行為をしないこと。

(写真,動画等の撮影及び録音等の禁止)

第9条 傍聴人は,傍聴席において写真,動画等を撮影し,又は録音等をしてはならない。ただし,議長の許可を得た者は,この限りでない。

(傍聴人の退場)

第10条 傍聴人は,会議を非公開とする総合教育会議の議決があったときは,直ちに退場しなければならない。

(係員の指示)

第11条 傍聴人は,全て係員の指示に従わなければならない。

(違反に対する措置)

第12条 傍聴人がこの要綱の規定に違反したときは,議長は,これを制止し,その命令に従わないときは,これを退場させることができる。

(庶務)

第13条 総合教育会議の庶務は,教育委員会事務局教育部学校教育課において処理する。

(その他)

第14条 この要綱に定めるもののほか,総合教育会議の運営に関し必要な事項は会議で定める。

附 則

この要綱は,告示の日から施行する。

宇土市総合教育会議の設置及び運営に関する要綱

平成27年11月27日 告示第92号

(平成27年11月27日施行)