○宇土市学校給食食物アレルギー対応実施要綱

平成27年4月23日

教委告示第6号

(趣旨)

第1条 この要綱は,食物アレルギーを有する児童生徒及び園児が安心して学校生活を行い,食物アレルギーによる事故の抑制を図ることについて必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において,「食物アレルギー対応」とは,次に掲げるものをいう。

(1) 学校給食の献立から食物アレルギーの原因となるアレルゲン等を明示した詳細な献立表の配布を行うこと。

(2) 学校給食の献立から食物アレルギーの原因となる牛乳停止を行うこと。

(3) 学校給食の献立から食物アレルギーの原因となるものに対して代わりの食材料を使用した代替食を提供すること。

(4) 学校給食の献立から食物アレルギーの原因となるものを除去した給食を提供すること。ただし,調理等により提供できない場合がある。

(対象者)

第3条 食物アレルギー対応の対象者は,宇土市立小・中学校の生徒及び児童並びに宇土市立幼稚園の園児とし,食物アレルギー疾患を有するため,学校給食の献立によっては食べられない食物がある,又は牛乳が飲めないものとする。

(申請)

第4条 食物アレルギー対応を希望する対象者の保護者は,宇土市学校給食食物アレルギー対応実施申請書(様式第1号)に,学校生活管理指導表(園児にあっては,医師の診断書又は意見書でもよい。以下同じ)を添付して校長(園長)を通じて教育委員会に提出しなければならない。

2 教育委員会は,前項の規定による申請を受けたときは,必要性等を審査の上,その可否を決定し,宇土市学校給食食物アレルギー対応実施決定通知書(様式第2号)により校長(園長)を通じて申請者に通知するものとする。

(献立送付)

第5条 教育委員会は,アレルギー対応実施の決定を受けた申請者(以下「決定者」という。)に対し,給食を実施する月の前月末日までに給食センターを通じて実施月の1月間の実施予定詳細献立表を送付するものとする。

(変更等の申請)

第6条 食物アレルギー対応の変更又は更新を希望する対象者の保護者は,宇土市学校給食食物アレルギー対応変更・更新・中止申請書(様式第3号)に,学校生活管理指導表を添付して校長(園長)を通じて教育委員会に提出しなければならない。

2 食物アレルギー対応の中止を希望する対象者の保護者は,宇土市学校給食食物アレルギー対応変更・更新・中止申請書(様式第3号)を校長(園長)を通じて教育委員会に提出しなければならない。

3 教育委員会は,前2項の規定による申請を受けたときは,必要性を審査の上,その可否を決定し,宇土市学校給食食物アレルギー対応変更・更新・中止決定通知書(様式第4号)により校長(園長)を通じて申請者に通知するものとする。

(調査等)

第7条 教育委員会は,必要と認めた場合は,保護者及び関係者に対し宇土市学校給食に係る食物アレルギー対応について調査し,又は質問するものとする。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか,必要な事項は,その都度関係者で協議して定めるものとする。

附 則

この要綱は,平成27年4月23日から施行する。

附 則(平成29年教委告示第9号)

この要綱は,平成29年7月1日から施行する。

附 則(平成30年教委告示第10号)

この要綱は,平成30年7月1日から施行する。

附 則(令和元年教委告示第4―3号)

この要綱は,令和元年9月10日から施行する。

附 則(令和3年教委告示第2号)

この要綱は,令和3年1月12日から施行する。

画像

画像

画像

画像

宇土市学校給食食物アレルギー対応実施要綱

平成27年4月23日 教育委員会告示第6号

(令和3年1月12日施行)

体系情報
第16類 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成27年4月23日 教育委員会告示第6号
平成29年7月1日 教育委員会告示第9号
平成30年6月25日 教育委員会告示第10号
令和元年9月2日 教育委員会告示第4号の3
令和3年1月12日 教育委員会告示第2号