○宇土市網津防災センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成30年1月31日

規則第2号

(補助執行)

第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条の2の規定により,市長は,教育委員会中央公民館の職員に宇土市網津防災センター(以下「防災センター」という。)の次に掲げる事務の一部を補助執行させるものとする。

(1) 施設及び附属設備(以下「施設等」という。以下同じ。)の管理及び運営に関すること。

(2) 管理及び運営に必要な施設等の維持保全に関すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか,市長が必要と認めること。

(利用許可の申請)

第3条 条例第6条の規定により施設等を利用しようとする者は,利用しようとする日の3日前までに網津防災センター利用許可(兼減免)申請書(様式第1号。以下「利用許可(兼減免)申請書」という。)を市長に提出しなければならない。

2 前項の利用許可(兼減免)申請書は,利用しようとする日の属する月の2月前から受け付けるものとする。ただし,市長が特に必要があると認めるときは,この限りでない。

(利用許可等)

第4条 市長は,前条第1項の申請書を受理したときは,その利用目的及び内容を審査し,防災センターの利用を許可したときは,申請をした者に対し,網津防災センター利用許可(兼減免決定通知)(様式第2号)を交付するものとする。

(利用者の遵守事項)

第5条 利用者は,係員の指示に従うほか,次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 他人に危害又は迷惑を及ぼすおそれがある物品を携帯しないこと。

(2) 所定の場所以外で火気を使用し,又は喫煙しないこと。

(3) 放歌など騒がしい行為をしないこと。

(4) 施設等を汚損しないこと。

(5) 飲酒して入館しないこと。

(6) 前各号に掲げるもののほか,防災センターの管理上必要と認める事項

(使用料の後納)

第6条 条例第8条第2項ただし書の規定により後納とすることができる場合は,施設等の利用の際,附属設備に係る使用料又は利用時間の延長若しくは繰上げに係る使用料を新たに納付すべき事由が発生し,利用者が当該使用料を前納することが困難と認められる場合とする。

(使用料の減額又は免除の手続等)

第7条 条例第9条の規定により使用料を減額し,又は免除することができる場合は,次の各号に掲げる区分に応じ,当該各号に定めるとおりとする。

(1) (議会,教育委員会その他市の機関及び附属機関を含む。)が行政上の必要により使用する場合 使用料の全額を免除

(2) 市内の地域住民で組織する公共的団体が使用する場合 冷暖房設備に係る使用料以外の使用料の全額を免除

(3) 前2号に掲げる場合のほか,市長が必要と認める場合 冷暖房設備に係る使用料以外の使用料の全額を免除

2 前項の規定により使用料の減額又は免除を受けようとする者は,第3条第1項に規定する利用許可の申請の際,申請書に必要事項を記入し,市長に提出しなければならない。

3 市長は,前項の申請書を受理したときは,減額又は免除申請の理由及び内容を審査し,第4条の規定による許可書の交付の際,併せてその可否を通知するものとする。

(使用料の還付)

第8条 条例第10条ただし書の規定により使用料を還付することができる場合は,次の各号に掲げる場合とし,還付の額は,既納の使用料の全額とする。

(1) 災害その他利用者の責めに帰することができない事由により,施設等を利用できないとき。

(2) 条例第7条第1項第4号に該当するとき。

2 前項の規定により使用料の還付を受けようとする者は,網津防災センター使用料還付申請書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(指定管理者に管理を行わせる場合における規定の適用)

第9条 条例第16条第1項の規定により防災センターの管理を指定管理者(同項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に行わせる場合におけるこの規則の規定の適用については,第3条及び第4条の規定中「市長」とあるのは「指定管理者」と,様式第1号及び様式第2号中「宇土市長」とあるのは「宇土市網津防災センター指定管理者」と,「使用料」とあるのは「利用料金」とする。

(利用料金の後納)

第10条 第6条の規定は,条例第18条第5項の規定による利用料金の後納について準用する。この場合において,第6条中「使用料」とあるのは「利用料金」と読み替えるものとする。

(利用料金の減額又は免除)

第11条 条例第18条第6項の規定により利用料金を減額し,又は免除することができる場合は,市長が別に定める基準に該当する場合とする。

2 前項に規定する利用料金の減額又は免除を受けようとする者は,指定管理者が別に定める方法により,当該者に減額又は免除の申請をするものとする。

(利用料金の還付)

第12条 第8条の規定は,条例第18条第7項の規定による利用料金の還付について準用する。この場合において,第8条中「市長」とあるのは「指定管理者」と,「使用料」とあるのは「利用料金」と,様式第3号中「宇土市長」とあるのは「宇土市網津防災センター指定管理者」と,「使用料」とあるのは「利用料金」と読み替えるものとする。

(その他)

第13条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は市長が別に定める。

附 則

この規則は,平成30年2月13日から施行する。

画像

画像

画像

宇土市網津防災センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成30年1月31日 規則第2号

(平成30年2月13日施行)