○宇土市民スポーツ大会出場補助金交付要綱

平成30年4月24日

告示第39号

(趣旨)

第1条 この要綱は,スポーツの振興及び宇土市民の健康増進を図り,明るく生き生きとした市民生活が享受できる地域社会の実現を目的として,熊本県民体育祭,九州大会又はそれを超える大会に,宇土市又は宇土市を含む広域的な地域の代表として出場する選手等に対し,予算の範囲内において支給する補助金の交付に関し,必要な事項を定めるものとする。

(補助対象者)

第2条 補助金の支給を受けることができる者は,宇土市に住所を有する個人又は宇土市に事業所等を有し,宇土市で活動する団体とする。ただし,他団体からこの補助金に類似する大会出場補助金等を受けて出場する者は,対象としない。

(補助対象大会)

第3条 補助の対象となる大会(以下「対象大会」という。)は,次に掲げるものとする。ただし,補助対象者が出場する競技の会場が宇土市内である場合を除く。

(1) 熊本県民体育祭又は熊本県陸上連盟主催駅伝大会

(2) 公益財団法人日本スポーツ協会加盟団体(下部組織を含む。)及び地方公共団体が主催し,共催し,又は後援するスポーツ大会であって,地方ブロック大会の予選会又は選考会(以下「予選会等」という。以下同じ。)の手続を経て開催される九州大会,西日本大会,全国大会又は国際大会

(補助対象経費等)

第4条 補助対象経費及び補助金の額は,別表に掲げるとおりとし,補助対象経費の合計額が補助金の額に満たない場合は,補助金を支給しないものとする。ただし,小・中学生の大会にあっては,同表に掲げる人数の上限に含まれる監督又はコーチのいずれかの人数に1人を加えることができる。

2 補助対象者が団体である場合の補助対象経費は,当該団体に属する選手のうち,宇土市内に住所を有する者に係る交通費及び宿泊費とする。

(補助金の交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は,次に掲げる書類を添えて,原則として,出場する対象大会の開催日の2週間前までに市長に申請しなければならない。

(1) 宇土市民スポーツ大会出場補助金交付申請書(様式第1号)

(2) 対象大会及び予選会等の開催要項

(3) 予選会の結果が確認できる書類(新聞の切り抜き等)

(4) 対象大会の出場者名簿

(5) 委任状(様式第2号)(団体による出場の場合に限る。)

(6) 選考会により選抜されたことが確認できる書類(選抜による出場の場合に限る。)

(実績報告)

第6条 申請者は,前条の申請に係る対象大会に出場したときは,大会終了後2週間以内に次に掲げる書類を添えて,市長に報告しなければならない。

(1) 宇土市民スポーツ大会出場補助金実績報告書(様式第3号)

(2) 試合の結果が確認できる書類(新聞の切り抜き等)

(3) 交通費及び宿泊費の領収書

(4) 補助金請求書

(5) 委任状(申請者と口座名義が異なる場合に限る。)

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか補助金の交付に関し必要な事項は,宇土市補助金等交付規則(昭和49年規則第18号)第5条第6条第7条第9条第10条及び第11条の規定による。

附 則

この要綱は,平成30年4月24日から施行し,平成30年4月1日以後の大会出場について適用する。

別表(第4条関係)

補助対象大会

補助対象経費

人数及び支給回数の上限

開催場所

補助金額

日本代表及び日本選抜として出場する国際大会

交通費

宿泊費

同一団体への支給は,10人(監督及びコーチを含む。)を上限とし,団体,個人とも支給回数は,同一年度内において1回を上限とする。

国外

1人当たり

30,000円

国内

1人当たり

10,000円

全国大会

交通費

宿泊費

同一団体への支給は,10人(監督及びコーチを含む。)を上限とし,団体,個人とも支給回数は,同一年度内において2回を上限とする。

全国(沖縄県を含む。)

1人当たり

10,000円

九州地区(沖縄県を除く。)

1人当たり

5,000円

九州大会

西日本大会

交通費

宿泊費

同一団体への支給は,10人(監督及びコーチを含む。)を上限とし,団体,個人とも支給回数は,同一年度内において2回を上限とする。

西日本

1人当たり

5,000円

県民体育祭

県陸上連盟主催駅伝大会

宇土市体育協会補助金交付要綱の規定による。

補助対象となる交通費

① 公共交通機関を利用する場合の経費

② レンタカー及び個人車両の借上げ料(燃料費を含む。)

③ 高速道路使用料

画像

画像

画像

宇土市民スポーツ大会出場補助金交付要綱

平成30年4月24日 告示第39号

(平成30年4月24日施行)