○宇土市立図書館資料貸出等に関する要綱

平成31年3月19日

教委告示第2号

(趣旨)

第1条 この要綱は,宇土市立図書館資料の貸出等に関し,宇土市立図書館条例施行規則(昭和51年3月24日教委規則第1号。以下「規則」という。)に定めるもののほか,その事務を円滑に行うために定めるものとする。

(図書館利用者カード不携帯貸出)

第2条 規則第5条による図書館利用者カードの交付を受けた者で,資料貸出を希望するときに図書館利用者カードを携帯していないものは,図書館利用者カード不携帯貸出申込書(様式第1号)を提出し,貸出を受けることができるものとする。

(貸出期間の延長)

第3条 規則第8条により貸出を受けた者が規則第8条第2項による貸出期間を超えた貸出を希望するときは,いったん返却の手続を行い,規則第12条による貸出予約がない限り,貸出期間を延長することができる。ただし,館長が必要と認めたときはこの限りではない。

(督促)

第4条 規則第8条第2項及び第3項による貸出期間の末日が属する月の翌月末日において図書館資料の返却がなされていないときは,当該利用者に対し督促はがき(様式第2号)又は電話により督促を行うものとする。

2 前項による督促は,規則第12条による貸出予約がなされているときは,貸出期間経過後速やかに行うものとする。

3 規則第8条第4項により貸出を行った団体につき,貸出期間の末日が属する月の2か月後の末日において図書館資料の返却がなされていないときは,当該団体に対し団体貸出一覧表(様式第3号)を送付するものとする。なお,団体貸出一覧表は当該資料が返却されるまで2か月ごとに送付するものとする。

(未返却による貸出の制限)

第5条 前条による督促を行っても資料を返却しない者に対し,館長は新たな資料の貸出を停止することができる。当該利用者が新たな購入リクエスト及び貸出予約を行っていたときも同様とする。

2 貸出停止を受けた利用者が全ての資料を返却したときは,館長は貸出停止を解除するものとする。

(団体貸出において指定する資料)

第6条 規則第8条第4項による団体貸出において,次に掲げる資料については,以下の通り貸出冊数及び期間を指定するものとする。

(1) 大型絵本・パネルシアター・エプロンシアター 2週間

(2) 「新刊」及び「基本」として取り扱う資料は,貸出を行わない。

(3) その他,館長が特に必要と認めた資料については,別途指定するものとする。

(貸出冊数を制限する資料)

第7条 規則第10条第4号において制限を指定する資料は,以下の各号のとおりとする。

(1) 大型絵本・パネルシアター・エプロンシアターは,学校等で読み聞かせを行っている利用者にのみ貸し出すものとする。このとき,利用者はそれぞれの資料について2点まで借りることができるものとする。

(2) その他,館長が特に必要と認めた資料については,別途指定するものとする。

(特別貸出)

第8条 図書館が保有するパネルシアターセット,紙芝居枠,ブラックライトなどの機材について貸出を行う場合は,利用者は特別貸出申請書(様式第4号)を館長へ提出するものとする。

2 前項による申請があったときは,機材数を確認した後に貸出すものとする。ただし,各器材につき1点は常に図書館で所有するものとし,機材の確保ができない場合は前項の申請を拒否することができるものとする。

(購入リクエスト,貸出予約及び相互貸借)

第9条 規則第12条による購入リクエスト及び予約が申し込まれた図書館資料について,館長は購入,貸出中資料の返却,若しくは当該資料を所蔵する他の図書館との借受(以下,「相互貸借」という。)を通じ,当該資料の速やかな確保に努めるものとする。

2 前項の図書館資料が確保できたときは,館長は当該申込者に対しその旨を通知するものとする。この場合の資料保管期間は,通知の日から起算し7日間とする。

3 図書館が所蔵する資料について,他の図書館から貸出の申込を受けたときは,貸出状況を確認し速やかに対応するものとする。

4 規則第12条第2項及び第3項により,インターネットを通じて貸出予約を行う場合,利用者は予め宇土市立図書館ホームページを通じてEメールアドレス及びパスワードを登録するものとする。Eメールアドレス及びパスワードを変更する場合も同様とする。

5 規則第12条による図書館資料の購入リクエスト又は貸出予約は,図書館資料の延滞がある利用者については,これを適用しない。

(視聴覚資料等の利用)

第10条 規則第13条により許可を得た者は,図書館開館時間内において,以下に掲げる範囲内において利用することができるものとする。

(1) インターネット端末 1回あたり30分以内。ただし,次に利用を待つ者がいないときは1回を限度として延長を認めることができる。

(2) 館内CD・DVD鑑賞 1回あたり1点

(インターネット利用等の制限)

第11条 館長は,規則第13条に関わらず利用者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは,インターネット端末の利用を制限又は中止させることができるものとする。

(1) 法令等及び公序良俗に反するとき。

(2) 利用者以外の者への非難中傷を目的とするとき。

(3) 有料サイト又は有害サイトを閲覧しようとするとき。

(4) 電子メール又はプリントアウト機能を使用しようとするとき。

(5) 利用者が持参する電子機器等へインターネット端末を接続しようとするとき。

(6) 前各号のほか,館長が必要と認めたとき。

(代理借受申請)

第12条 図書館利用者カードの所有者から代理を受けた者(以下,「代理人」という。)が,図書館において当該所有者の図書館利用者カードを提示し,図書館資料代理借受申請書(様式第5号)を提出したときは,代理人は資料の貸出を受けることができる。

(図書又は資料の寄贈)

第13条 規則第18条により,図書又は資料の寄贈を申し出る者がいるときは,寄贈図書(資料)申込書(様式第6号)を記入し,当該図書又は資料を添えて寄贈を申し込むものとする。ただし,出版社又は団体から寄贈の申し出があるときはこの限りでない。

2 寄贈を申し出た者から前項の申込を受けたときは,館長は,次の各号のいずれかに該当すると認めるときは寄贈された図書又は資料を受け入れるものとする。

(1) 郷土資料

(2) 国・地方公共団体が発行する行政図書又は資料

(3) 図書館に同一又は類似の図書又は資料がないもの

(4) 話題の本等で,複本として必要性のあるもの

(5) その他館長が必要と判断したもの

3 前2項による申込を受けたときに,次の各号のいずれかに該当すると認めるときは,館長は受け入れをしない。

(1) 図書又は資料としての内容に価値がなく,不適当なもの

(2) 汚損,痛みが激しいもの

(3) 既に図書館に類似の図書又は資料があるもの

(4) 出版年月が相当期間経過しているもの

(5) その他図書館長が判断するもの

附 則

この要綱は,平成31年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

宇土市立図書館資料貸出等に関する要綱

平成31年3月19日 教育委員会告示第2号

(平成31年4月1日施行)