○宇土市職員の病気休暇及び休職の期間に関する規則

令和元年8月30日

規則第5号

(趣旨)

第1条 この規則は,職員が病気休暇の承認を受け,又は休職を命ぜられた場合における病気休暇又は休職の期間の取扱いについて,宇土市職員の勤務時間,休暇等に関する条例(平成7年条例第5号。以下「勤務時間条例」という。)宇土市職員の勤務時間,休暇等に関する条例施行規則(平成7年規則第3号)及び宇土市職員の分限に関する条例(平成12年条例第35号。以下「分限条例」という。)に定めるもののほか,必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において,次の各号に掲げる用語の意義は,それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 病気休暇 勤務時間条例第13条第2号に規定する病気休暇をいう。

(2) 休職 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第28条第2項第1号の規定により職員の意に反してする休職をいう。

(病気休暇の期間)

第3条 勤務時間条例第13条第2号に規定する病気休暇の期間(以下「病気休暇期間」という。)は,任命権者が病気休暇を承認した日から起算するものとし,勤務時間条例第3条に規定する週休日及び勤務時間条例第9条に規定する休日を含むものとする。

2 病気休暇の承認を受けた職員が復職した日から起算して6月以内に同一の疾病等(診断書その他関係書類により任命権者が同一の疾病と認めるものを含む。)により再び病気休暇の承認を受ける場合における病気休暇期間には,当該病気休暇の承認前に受けた病気休暇期間を通算する。

(休職の期間)

第4条 分限条例第3条第1項に規定する3年を超えない範囲において任命権者が定める休職の期間(以下「休職期間」という。)は,職員が休職を命ぜられた日から起算するものとし,勤務時間条例第3条に規定する週休日及び勤務時間条例第9条に規定する休日を含むものとする。

2 休職を命ぜられた職員が復職した日から起算して6月以内に同一の疾病等(診断書その他関係書類により任命権者が同一の疾病と認めるものを含む。)により,再び一定期間の休養を要する場合は,復職前の休養を要する状態が引き続いているものとみなし,当該職員を休職することができる。

3 前項の規定により,再び休職を命ぜられた職員の休職期間には,復職前の休職期間を通算する。

(その他)

第5条 この規則に定めるもののほか,病気休暇期間又は休職期間の取扱いについて必要な事項は任命権者が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は,令和元年8月30日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現にこの規則の施行の日(以下「施行日」という。)の前日から引き続き病気休暇又は休職となっている場合における第3条第2項又は第4条第2項の規定の適用については,施行日の前日から引き続いている病気休暇期間又は休職期間を通算する。

宇土市職員の病気休暇及び休職の期間に関する規則

令和元年8月30日 規則第5号

(令和元年8月30日施行)

体系情報
第7類 事/第3章
沿革情報
令和元年8月30日 規則第5号