○宇都宮市議会事務局処務規程

昭和38年10月1日

議会告示第2号

宇都宮市議会事務局処務規程(昭和29年議会告示第1号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 宇都宮市議会事務局(以下「事務局」という。)の処務については,別に定めのあるもののほか,この規程の定めるところによる。

第2条 削除

(昭44議会告示4)

(課の設置)

第3条 事務局の事務を分掌させるため,次の課を置く。

総務課

議事課

政策調査課

(平16議会告示1・全改,平28議会告示4・一部改正)

(分掌事務)

第4条 各課の分掌事務は,次のとおりとする。

総務課

(1) 議長及び副議長の秘書に関すること。

(2) 儀式,交際及び接遇に関すること。

(3) 議長会及び事務局長会に関すること。

(4) 議員の身分及び栄典に関すること。

(5) 議員の議員報酬,費用弁償その他給与に関すること。

(6) 議員の福利厚生及び共済会に関すること。

(7) 政務活動費に関すること。

(8) 職員の任免,分限,懲戒,服務その他身分に関すること。

(9) 職員の給与及び研修に関すること。

(10) 予算及び決算に関すること。

(11) 公印に関すること。

(12) 文書の収受,発送及び整理保存に関すること。

(13) 議場及び議会関係各室の維持管理に関すること。

(14) 車両その他の備品の管理に関すること。

(15) 他課の主管に属しないこと。

議事課

(1) 本会議に関すること。

(2) 常任委員会及び特別委員会に関すること。

(3) 議会運営委員会に関すること。

(4) 議員協議会に関すること。

(5) 各会派代表者会議に関すること。

(6) 請願,陳情及び議員案に関すること。

(7) 会議録の調製及び保管に関すること。

(8) 各種委員に関すること。

(9) 公聴会に関すること。

(10) 傍聴事務に関すること。

政策調査課

(1) 議員の政策立案及び政策提言に関すること。

(2) 市政に関する情報収集,提供及び調査研究に関すること。

(3) 議会の重要施策事業の調査研究及び立案調整に関すること。

(4) 議長の特命による企画及び調査に関すること。

(5) 議会の広報及び広聴に関すること。

(6) 行政視察に関すること。

(7) 議会図書室に関すること。

(平10議会告示1・全改,平16議会告示1・平20議会告示3・平27議会告示1・平28議会告示4・一部改正)

(事務局長)

第5条 事務局に事務局長を置く。

2 事務局長は,議長の命を受け,分掌事務を掌理し,所属職員を指揮監督する。

(平5議会告示1・追加)

(次長)

第6条 事務局に次長を置くことができる。

2 次長は,書記をもつて充てる。

3 次長は,事務局長を補佐するとともに,職員の担任する事務を監督し,事務局長に事故あるときは,その職務を代理する。

(平5議会告示1・追加)

(参事及び副参事)

第7条 特に必要があるときは,事務局に参事及び副参事を置くことができる。

2 参事及び副参事は,書記をもつて充てる。

3 参事及び副参事は,上司の命を受け,分掌事務を掌理する。

(平15議会告示1・追加,平27議会告示1・一部改正)

(課長)

第8条 課に課長を置く。

2 課長は,書記をもつて充てる。

3 課長は,上司の命を受けて分掌事務を掌理し,所属職員を指揮監督し,事務局長に事故あるときは,所管分掌事務につき,その職務を代理する。

(昭44議会告示4・一部改正,平5議会告示1・旧第5条繰下,平15議会告示1・旧第7条繰下)

(課長補佐)

第9条 特に必要があるときは,課に課長を補佐する副主幹を置くことができる。

2 前項の副主幹は,書記をもつて充てる。

3 第1項の副主幹は,上司の命を受けて所属職員の担任する事務を監督し,課長に事故があるときは,その職務を代理する。

4 第1項の副主幹の名称は,課長補佐を用いる。

(平28議会告示4・全改)

(係長)

第10条 課に,課の分掌事務のうち分担する事務を総括する副主幹又は主査を置く。

2 前項の副主幹又は主査は,書記をもつて充てる。

3 第1項の副主幹又は主査は,課長を補佐し,上司の命を受けてその分担事務を処理し,前条に定める副主幹を置く場合を除き,課長に事故があるときは,その分担事務につき,その職務を代理する。

4 第1項の副主幹又は主査の名称は,係長を用いる。

(平28議会告示4・追加)

(副主幹,主査及び副主査)

第11条 特に必要があるときは,課に,副主幹,主査又は副主査を置くことできる。

2 前項の副主幹,主査又は副主査は,書記をもつて充てる。

3 第1項の副主幹,主査又は副主査は,上司の命を受けてその分担事務を処理する。

4 主管する第10条第1項の副主幹又は主査に事故がある場合において上司の承認があつたときは,同条第2項の規定を主査の職務に準用する。

(平28議会告示4・追加)

(担当係長)

第12条 特に必要があるときは,課に,第10条第1項の副主幹又は主査を補佐する主査を置くことができる。

2 前項の副主幹又は主査を補佐する主査は,書記をもつて充てる。

3 第1項の副主幹又は主査を補佐する主査は,上司の命を受けてその分担事務を処理する。

4 第1項の副主幹又は主査を補佐する主査の名称は,担当係長を用いる。

(平28議会告示4・追加)

(総括)

第13条 特に必要があるときは,課に,第10条第1項の副主幹又は主査を補佐する副主査を置くことができる。

2 前項の副主査は,書記をもつて充てる。

3 第1項の副主査は,上司の命を受けてその分担事務を処理する。

4 第1項の副主査の名称は,総括を用いる。

(平28議会告示4・追加)

(専任)

第14条 特に必要があるときは,課に,特定分野の専門的な知識及び経験を活用して第10条第1項の副主幹又は主査を補佐する副主査を置くことができる。

2 前項の副主査は,書記をもつて充てる。

3 第1項の副主査は,上司の命を受けてその分担事務を処理する。

4 第1項の副主査の名称は,専任を用いる。

(平28議会告示4・追加)

(職員)

第15条 職員の担任事務は,課長が事務局長の承認を得てこれを定め,文書をもつて議長に報告しなければならない。

2 職員は,上司の命を受けてその担任する事務に従事する。

(平5議会告示1・旧第8条繰下,平15議会告示1・旧第10条繰下,平16議会告示1・旧第11条繰上,平28議会告示4・旧第10条繰下)

(事務処理)

第16条 事務は,すべて議長の決裁を経なければ処理することができない。ただし,事務局長,課長及び係長に決裁させるもの(以下「専決事項」という。)については,この限りでない。

(昭40議会告示1・昭44議会告示4・一部改正,平5議会告示1・旧第9条繰下,平14議会告示1・一部改正,平15議会告示1・旧第11条繰下,平16議会告示1・旧第12条繰上・一部改正,平28議会告示4・旧第11条繰下・一部改正)

(専決事項)

第17条 事務局長,課長及び係長の専決事項のうち,各課の共通事項は別表第1のとおりとし,各課の所管に属する事項は別表第2のとおりとする。

2 前項の規定にかかわらず,第6条の規定により次長を置くときは別表第1の2第1項に掲げる事項を次長に,第9条の規定により課長補佐を置くときは別表第1の2第2項に掲げる事項を課長補佐に専決させる。

3 前2項に規定する専決事項のうち,疑義のあるものについては,上司の指揮を受けなければならない。

(昭40議会告示1・全改,昭44議会告示4・昭59議会告示1・平4議会告示1・一部改正・平5議会告示1・旧第10条繰下・一部改正,平10議会告示1・平14議会告示1・一部改正,平15議会告示1・旧第12条繰下・一部改正,平16議会告示1・旧第13条繰上・一部改正,平28議会告示4・旧第12条繰下・一部改正)

(専決事項の特例)

第18条 前条第1項に規定する専決事項のうち,重要な事項及び異例なもの又は新規な事項については,すべて議長の決裁を受けなければならない。

(昭40議会告示1・全改,平5議会告示1・旧第11条繰下,平15議会告示1・旧第13条繰下,平16議会告示1・旧第14条繰上,平28議会告示4・旧第13条繰下)

(補則)

第19条 この規程に定めるもののほか,事務処理及び服務については,市長の事務部局の当該規定の例による。

(平5議会告示1・旧第12条繰下,平15議会告示1・旧第14条繰下,平16議会告示1・旧第15条繰上,平28議会告示4・旧第14条繰下)

附 則

1 この規程は,昭和38年10月1日から施行する。

附 則(昭和40年10月1日議会告示第1号)

この規程は,公布の日から施行する。

附 則(昭和42年12月27日議会告示第3号)

この規程は,公布の日から施行し,昭和42年12月1日から適用する。

附 則(昭和44年1月4日議会告示第1号)

この規程は,公布の日から施行する。

附 則(昭和44年4月30日議会告示第4号)

この規程は,昭和44年5月1日から施行する。

附 則(昭和45年4月1日議会告示第1号)

この規程は,昭和45年4月1日から施行する。

この規程の施行の日の前日に,現に総務課に勤務していた職員で,別に辞令を受けない者は,この規程の施行の日に,庶務課に配置換を命ぜられたものとする。

附 則(昭和50年4月1日議会告示第1号)

この規程は,公布の日から施行する。

改正文(昭和58年4月1日議会告示第1号)

昭和58年4月1日から適用する。

改正文(昭和59年3月31日議会告示第1号)

昭和59年4月1日から適用する。

改正文(平成元年3月31日議会告示第1号)

平成元年4月1日から適用する。

改正文(平成元年3月31日議会告示第3号)

平成元年4月2日から適用する。

改正文(平成4年3月31日議会告示第1号)

平成4年4月1日から適用する。

改正文(平成4年6月30日議会告示第2号)

平成4年7月1日から適用する。

改正文(平成5年3月31日議会告示第1号)

平成5年4月1日から適用する。

改正文(平成10年3月25日議会告示第1号)

平成10年4月1日から適用する。

改正文(平成14年3月29日議会告示第1号)

平成14年4月1日から適用する。

改正文(平成15年3月31日議会告示第1号)

平成15年4月1日から適用する。

改正文(平成16年3月31日議会告示第1号)

平成16年4月1日から適用する。

附 則(平成20年8月28日議会告示第3号)

この規程は,平成20年9月1日から適用する。

改正文(平成22年3月26日議会告示第2号)

平成22年4月1日から適用する。

改正文(平成27年3月31日議会告示第1号)

平成27年4月1日から適用する。

改正文(平成28年3月31日議会告示第4号)

平成28年4月1日から適用する。

別表第1(第17条関係)

(昭44議会告示4・全改,昭58議会告示1・昭59議会告示1・平元議会告示1・平元議会告示3・平4議会告示2・平5議会告示1・平10議会告示1・平14議会告示1・平15議会告示1・平16議会告示1・平22議会告示2・平27議会告示1・平28議会告示4・一部改正)

共通事項

事項

専決者

 

局長

課長

係長

1 服務

(1) 旅行を命令し,その復命を受けること(参事,副参事及び主幹)

 

 

(副主幹及び主査(係長にある者に限る。))

 

 

(主査(係長にある者を除く。)以下の職員)

 

 

(2) 服務に関する諸願書,届出及び申請書の処理(参事,副参事及び主幹)

 

 

(副主幹及び主査(係長にある者に限る。))

 

 

(主査(係長にある者を除く。)以下の職員)

 

 

(3) 事務引継(参事,副参事及び主幹)

 

 

(副主幹及び主査(係長にある者に限る。))

 

 

(4) 時間外勤務,休日勤務及び特殊勤務命令(参事,副参事及び主幹)

 

 

(副主幹及び主査(係長にある者に限る。))

 

 

(主査(係長にある者を除く。)以下の職員)

 

 

(5) 週休日の振替え及び4時間の勤務時間の割振り変更並びに代休日の指定(参事,副参事及び主幹)

 

 

(副主幹及び主査(係長にある者に限る。))

 

 

(主査(係長にある者を除く。)以下の職員)

 

 

(6) 職務専念義務免除の承認(参事,副参事及び主幹)

 

 

(副主幹及び主査(係長にある者に限る。))

 

 

(主査(係長にある者を除く。)以下の職員)

 

 

2 人事

(1) 臨時職員の雇用

 

 

(2) 非常勤の調査員,嘱託員等の任免

 

 

3 一般事務

(1) 定例的な事務の処理

 

 

(2) 軽易な事務の処理

 

 

(3) 定例的な通知,照会及び回答並びに各種の日報及び月報の処理

 

 

別表第1の2(第17条関係)

(平5議会告示1・全改,平10議会告示1・平14議会告示1・平15議会告示1・平16議会告示1・平22議会告示2・平28議会告示4・一部改正)

1 次長の専決事項

(1) 所属課長に旅行を命令し,その復命を受けること。

(2) 所属課長の服務に関する諸願書,届出及び申請書を処理すること。

(3) 所属課長に時間外勤務,休日勤務及び特殊勤務を命令すること。

(4) 所属課長に週休日の振替え及び4時間の勤務時間の割振り変更並びに代休日の指定をすること。

(5) 所属課長に職務専念義務免除を承認すること(厚生に関する計画の実施に参加する場合に限る。)

2 課長補佐相当職を担う副主幹の専決事項

(1) 所属係長に旅行を命令し,その復命を受けること。

(2) 所属係長の服務に関する諸願書,届出及び申請書を処理すること。

(3) 所属係長に時間外勤務,休日勤務及び特殊勤務を命令すること。

(4) 所属係長に週休日の振替え及び4時間の勤務時間の割振り変更並びに代休日の指定をすること。

(5) 所属係長に職務専念義務免除を承認すること(厚生に関する計画の実施に参加する場合に限る。)

(6) 臨時職員を雇用すること。

別表第2(第17条関係)

(昭45議会告示1・全改,平10議会告示1・平15議会告示1・平16議会告示1・平27議会告示1・平28議会告示4・一部改正)

事項

専決者

局長

課長

1 総務課に関する事項

(1) 公印の作成,改刻及び廃止

 

(2) 文書の保存年限についての種別認定

 

(3) 文書の廃棄

 

(4) 職員の扶養親族の認定

 

(5) 職員の通勤の認定

 

(6) 自動車の使用許可

 

(7) 自動車の借上

 

(8) 議員共済会に関する各種報告(別に定めるものを除く)

 

(9) 議員控室等の使用許可

 

2 議事課に関する事項

(1) 議決議案の送付

 

(2) 会議結果の報告

 

(3) 請願陳情処理結果の通知

 

(4) 採択された請願陳情書の送付

 

(5) 議決証明の交付

 

3 政策調査課に関する事項

(1) 議会図書室の管理


宇都宮市議会事務局処務規程

昭和38年10月1日 議会告示第2号

(平成28年3月31日施行)

体系情報
第2類 会/第2章 事務局
沿革情報
昭和38年10月1日 議会告示第2号
昭和40年10月 種別なし第1号
昭和42年12月 種別なし第3号
昭和44年1月 種別なし第1号
昭和44年4月 種別なし第4号
昭和45年4月 種別なし第1号
昭和50年4月 種別なし第1号
昭和58年4月 種別なし第1号
昭和59年3月 種別なし第1号
平成元年3月 種別なし第1号
平成元年3月 種別なし第3号
平成4年3月 種別なし第1号
平成4年6月 種別なし第2号
平成5年3月 種別なし第1号
平成10年3月 種別なし第1号
平成14年3月29日 議会告示第1号
平成15年3月31日 議会告示第1号
平成16年3月31日 議会告示第1号
平成20年8月28日 議会告示第3号
平成22年3月26日 議会告示第2号
平成27年3月31日 議会告示第1号
平成28年3月31日 議会告示第4号