○宇都宮市職員私有車の公務使用取扱規程

昭和49年7月30日

訓令第18号

(趣旨)

第1条 この規程は,職員が私有車を公務に使用することに関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号に定めるところによる。

(1) 職員 出先機関に勤務する一般職の職員及びその職務の性質上常時出張を必要とする本庁舎に勤務する非常勤職員をいう。

(2) 私有車 職員又は職員の親族が所有する道路運送車両法(昭和26年法律第185号。以下次号において「法」という。)第3条に規定する普通自動車,小型自動車(小型二輪自動車を除く。)及び軽自動車(軽二輪自動車を除く。)をいう。

(3) 公用車 市が所有する法第2条第3項に規定する原動機付自転車並びに法第3条に規定する普通自動車,小型自動車及び軽自動車をいう。

(4) 旅行 職員が,宇都宮市職員服務規程(昭和36年訓令第4号)第7条第1項に規定する旅行命令を受けてする旅行をいう。

(平20訓令4・一部改正)

(私有車及び運転者の登録)

第3条 職員が私有車を公務に使用しようとするときは,当該私有車及びその運転者について,あらかじめ市長の登録を受けなければならない。

2 前項の登録を受けようとする職員は,私有車使用登録票(以下「登録票」という。)を市長に提出しなければならない。その内容に変更を生じたときも,同様とする。

3 市長は,登録票の提出を受けた場合において,職員が私有車を公務に使用することにつき,特に必要があると認める場合に限り,これを承認し,第1項の登録をするものとする。

4 第1項の規定により登録を受けようとする私有車には,自動車損害賠償保障法(昭和30年法律第97号)第5条の規定による責任保険のほか,次に掲げる任意保険の契約が締結されていなければならない。

(1) 当該私有車の運行によつて他人の生命又は身体を害したときの損害賠償について無制限

(2) 当該私有車の運行によつて他人の財産に損害を与えたときの損害賠償について1,000万円以上

5 第1項の登録は,同項の登録を受けた者が,当該登録を受けた所属を転出するまでの間において効力を有するものとする。

(昭52訓令6・昭54訓令4・一部改正,平20訓令4・旧第5条繰上・一部改正)

(使用の承認)

第4条 前条第1項の登録を受けた私有車を使用して旅行をしようとする職員は,当該旅行に係る旅行命令を受ける際に,当該命令をする職にある者(以下「上司」という。)に対し,私有車使用願(以下「使用願」という。)を提出し,私有車使用の承認を得なければならない。

2 上司は,使用願の提出を受けたときは,当該使用願に係る旅行が次の各号のいずれの要件にも該当する場合に限り,前項の承認をするものとする。

(1) 片道2キロメートル以上(目的地が複数箇所に及ぶ場合は,旅行の総距離が4キロメートル以上)の市内旅行である場合

(2) 当該旅行をするに当たり,使用できる公用車がない場合

(3) 目的地までの公共交通機関がない場合又は公共交通機関を利用することが不適当であると認められる場合

3 上司は,第1項の承認をするときは,経路以外を旅行しないことその他必要な注意を与えなければならない。

(平20訓令4・追加)

(遵守事項)

第5条 前条第1項の承認を得た職員は,私有車を公務に使用するに当たつては,次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 当該職員自らが運転すること。

(2) 上司が業務上特に必要と認めた場合でなければ,当該職員以外の者を同乗させないこと。

(平20訓令4・追加)

(損害賠償責任)

第6条 第4条第1項の承認を得た者が私有車を公務に使用した際に,事故を起こした場合におけるその損害賠償責任については,市有車による事故と同様とする。ただし,客観的な妥当性及び合理性があると認められない目的,経路,時間帯等で運行した場合は,この限りでない。

(平20訓令4・全改)

(旅費の支給)

第7条 私有車を公務に使用した場合の旅費については,宇都宮市一般職の職員の旅費に関する条例(昭和26年条例第32号)第14条又は宇都宮市非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例(昭和42年条例第7号)第4条に定めるところによる。

(平20訓令4・全改)

(運行に関する記録)

第8条 職員は,私有車による旅行をしたときは,その都度使用願の所定欄に運行に関する記録を記載しなければならない。

(平20訓令4・旧第11条繰上・一部改正)

(補則)

第9条 この規程に定めるもののほか必要な事項は,別に定める。

(平20訓令4・追加)

附 則

この規程は,昭和49年8月1日から施行する。

附 則(昭和52年9月20日訓令第6号)

この訓令は,昭和52年10月1日から施行する。

附 則(昭和53年8月16日訓令第11号)

この訓令は,公布の日から施行し,昭和53年6月1日から適用する。

附 則(昭和54年3月19日訓令第4号)

1 この訓令は,昭和54年4月1日から施行する。

2 この訓令による改正後の規定は,昭和54年4月1日以後に任意保険の契約期間が満了する私有車について適用し,同日前に任意保険を締結した私有車については,なお従前の例による。

附 則(昭和54年12月17日訓令第15号)

この訓令は,公布の日から施行する。

附 則(平成20年3月25日訓令第4号)

(施行期日)

1 この訓令は,平成20年4月1日から施行する。

宇都宮市職員私有車の公務使用取扱規程

昭和49年7月30日 訓令第18号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第6類 政/第2章
沿革情報
昭和49年7月30日 訓令第18号
昭和52年9月 種別なし第6号
昭和53年8月 種別なし第11号
昭和54年3月 種別なし第4号
昭和54年12月 種別なし第15号
平成20年3月25日 訓令第4号